フォークコラムの防錆

カスタム&メンテナンス
09 /06 2017
アドベンチャーロードバイクである MASI Giramondo ですが、雨の中乗る機会が多い。

と言うのも、雨の後でトレイルライドを自重した時、いわゆる天気の優れない時に乗ることが多いので必然と...

DSCF4869.jpg

乗鞍ライドでズブ濡れになったので、2週間放置してあったけど念のためヘッド周りだけでもグリスアップして於こうと分解するものの、フォークが抜けない(汗)。

クロモリフォークのコラム部分は無塗装なので、水が溜まり赤錆が発生していたのです。
しかも赤錆が膨張して、コラムが抜けなかったのよ(笑)。

取りあえずスコッチブライトで軽く錆を落としたものの、いずれ錆るだろうと思い防錆処理しました。

まあMTBやロードバイクは、フォークコラムもアルミやカーボンでしょうから必要ないですよね。

用意したのは、KURE ラストリムーバと、クリアのサビ止め塗料。

DSCF5168.jpg

作業中の画像はないけど、リン酸であるラストリムーバで錆落とし。

酸なので、処理する場所以外に付着しないようマスキング。
(画像は作業後です、悪しからず)

DSCF5169.jpg

コラム内部は黒染め処理がしてあるのですが、リン酸が付くと綺麗に処理されてしまいます。
過去に経験済み(笑)。

マスキングするのが面倒なので、粘土を平たく伸ばしてコラムを刺せばマスキング完了です。

DSCF5174.jpg

今回リン酸の錆落としを選択したのは、リン酸は酸化鉄と反応しリン酸塩の被膜を作ります。
処理後に水洗しても、直ぐに錆びる心配がないんですね。

歯ブラシで擦って、9割方錆を落とすことが出来ました。
錆が落ちた部分は、ピンホール状に凹んでいます。

十分に水洗い後に乾燥させ、脱脂してからクリアスプレーを吹きました。

サビ止めとあるけど、亜鉛を含有している訳でもなさそうだし、普通のラッカースプレーっぽいっス(笑)。
まあ、うたい文句を信じて。

すっかり綺麗になりました♪
って、画像は全て錆落とし後なんですけどね。

流石に酸性の液体を使いながら、カメラは触りたくなかったので...

これで安心して乗ることが出来ます!!

DSCF5171.jpg

基本的にクロモリフレームでも雨のライド後は、シートポストを抜いて逆さにして乾燥させるだけで十分だと思います。

「鉄」とは言っても含有する成分により多種あって、構造材として一般に使われる材料よりも、クロモリ鋼は錆びにくいと思います。

涼しくなったので、トレイル探索して来ました

トレイルライド
09 /03 2017
今日は早起きして、トレイル探索。
お盆を過ぎて朝晩は涼しくなって来たので、MTBでの索道です。

今週も4時に起床。
気温は14℃、自転車で走るには最適ではありませんか!!

目的の林道付近までやって来た。
未だ薄暗いが、カメラが補正して昼間みたいだ。

山の中腹を斜めに登っているのがアプローチに使う林道。
どうやら、結構な斜度で登っているようだ。

DSCF5090.jpg

山の間隙を縫うように、ようやく朝日が差し込んで来た。
舗装されていたのは入り口から数百メートル程、以降は全てグラベル。

DSCF5093.jpg

舗装区間を登って、一気に下る。
振り返ると斜度16%の看板。

舗装路なら何ら問題のない斜度だけど、グラベルでこの斜度を登るのは辛い(今日は下りだけど)。

今流行りのグラベルバイクだけど、メーカーの完成車の殆どは大陸のグラベル道を想定したギヤ比だと思う。

日本の急峻なグラベルを走るのであれば、フロントはトリプルまたはエマージェンシー用のインナーを備えたダブルが必要になる。

舗装路ならダンシングで乗り切れるかもしれないけれど、急峻なグラベルだとそうも行かないのだ。
※乗車に拘らなければ、その限りではない。

DSCF5103.jpg

アケビの実が落ちていました。
残念ながら虫食いだったので、食べれませんでした。

DSCF5109.jpg

キツイけど、とても良い林道。
あれっ?先週も何処か別の林道を走っていたような(笑)。

DSCF5107.jpg

盛夏の時期に来ても良いかも知れない。
沢沿いは気温が低いし、面白そうなポイントも沢山あった。

DSCF5110.jpg

斜度がキツイ部分は荒れているけど、平坦な部分は路面も良好。

そうそう、今日はキツネを見ましたよ。
キツネは警戒心が非常に高いので、見掛けることは先ずありません。

ブラインドコーナーだったのと、夜明け間も無かったから油断していたのかな?

DSCF5113.jpg

沢と沢の出合で土砂が流れ込み、鉄砲水の一歩手前だったようだ。
人の手が入らなくなった杉林では更に流木が流れ込み、事態を悪化させる恐れがあるのだろう。

DSCF5116.jpg

ようやく林道の終点。
これ以降、道は消えていました。

DSCF5122.jpg

林道は終点ですが、此処からは管理者の異なる管理道で進みます。

DSCF5123.jpg

鬼灯(ホオズキ)。
オレンジとグリーンの組み合わせ、FIAT X1/9 ABARTH のカラーリングを連想してしまうのは僕だけ?

DSCF5125.jpg

路面がフラットなのは平坦な部分だけですが、グラベルバイクで気持ち良く飛ばしたいね!!

DSCF5128.jpg

回りの樹高が低くなり、ススキに覆われて来た。
もうすぐ山頂なのかも知れない。

DSCF5131.jpg

予想通り、開けた地形に到着。
実は、ここから下るルートは2本ある。

1本目は、尾根を下るルート。
2本目は、谷を巻くように下るルート。

悩んだ末に、2本目を選択。
理由は、地形図を見る限り大好きな九十九折の道だろうと予測出来たから。

此処からはシングルトラック、薄暗い森に入ります。

DSCF5135.jpg

暫くは登り基調、ピークはもう少し上のようだ。
しかし十分に乗車できる気持ちの良い道。

ん?向こう側が明るい。
あそこがピークかな?

DSCF5137.jpg

本日のピークに到着。
谷から風が沸き上がって、とても涼しく快適。

あ~、コーヒーセット持ってくれば良かった...
索道だとね、なるべく装備を軽くしたいのでね(涙)。

休憩後に準備を整えて、お楽しみの下りです♪
いったい、どんなトレイルなのでしょうか!

DSCF5145.jpg

ちょっと荒れているが、予想通りの素晴らしいトレイル。
いや、完全に予想以上でした。

DSCF5159.jpg

コークスクリュー♪

DSCF5157.jpg

バーム to バーム and バーム みたいな...

DSCF5162.jpg

初見なので、ゆっくり安全運転でしたが、ギュンギュンですね♪
勿論、いつでも安全運転を心掛けないとね。

2_201709031446570c6.jpg

実は1本下って元気だったら、もう一回登って別ルートを予定していたんだけど無理でした。
昨日の残業で疲れてしまったのよ(涙)。

こうなると、未探索の別ルートも気になるよなあ...
まっ、次回のお楽しみにと言うことで。

DSCF5161.jpg

山の中は、すっかり秋ですね。

おっと! DirtWizard は植物のトゲでパンクしちゃうので、気を付けないとね~。
(本当です、何度もパンクしてる)

DSCF5163.jpg

まだまだ探索したい道は沢山あるのに、兎に角時間が足りない...



武州・上州 最果ての林道 ~ 林道 上野大滝線 ~

モンスタークロス
08 /27 2017
そろそろMTBにも乗りたい所ですが、もう少し涼しくなったら集中的にトレイル整備をして、狂ったように楽しめるといいな。

狂ったようにとは言っても、心は熱く頭は冷静にね!!


今日は台風シーズンを前に、行きたかった林道に向かいました。
自宅からだと120km近い距離になるので、朝の4時に出発。

変速の調整が悪く、暗闇の中アジャスターを回しながら調整するもイライラしてしまい、フロント・ディレイラーのシフターを乱暴に操作して脱線、フロント・ディレイラーを曲げてしまった。

出発早々のトラブルで凹んだけど、暗闇の中手で強引に修正して復旧。
自分の自転車は、普段から自分で手を入れて居たいものですね。

ルート沿いのコンビニで朝食と補給食を調達して、気を取り直して出発です。

DSCF4946.jpg

5時を過ぎて、大分明るくなって来た。
ひたすら山道を登り続けます。

DSCF4950.jpg

滝沢ダムのループ橋を登る。
これまで小さな峠を何個か越えて来た影響か、左膝に痛みを感じ始めた。

DSCF4958.jpg

滝沢ダムの堰堤。
歩行者と自転車は通行可能です。

滝沢ダムの左岸(R140)はアップダウンが多く交通量も多いので、右岸を走ろうと思います。

DSCF4961.jpg

しか~し、なんと「冬季通行止め」のまま封鎖されており右岸の道路へは抜けられませんでした。

仕方ありません、左岸の道を進みましょう。
でも「冬季通行止め」って(笑)。

DSCF4977.jpg

今日の自転車は、Giramondo です。

普段は舗装路メインなら 700x25c のタイヤ(ホイール)、グラベルがメインなら 700x52c を選択しています。
でも、「太くても細くても、あまり変わらないんじゃね?」と思い、モンスタークロス仕様です。

それと”兎に角走りたい”学生さんには、この自転車凄く良いと思いますよ。
そのままでもアドベンチャーロードとして十分に使えますし、太いタイヤにすればシングルトラックも楽しいです。

DSCF4972.jpg

最近モンベルのネタばかりでアレなんですが、モンベルのボトルを気に入ったので使っています。

何が良いかと言うと、水に樹脂の臭い移りし難いんです。
この時期、水が温まると臭い移りした水は飲む気が薄れるんですよね、それが殆どありません。

それと、とても安価で色が奇麗なので。

ネガな点としては、僕の経験上透明な樹脂は衝撃に弱い可能性が高いので、落とさないよう気を付けること位かな。

DSCF4964.jpg

国道140号線を離れ、中津川方面へ向かいます。
振り返ると、奥秩父もみじ湖が逆光で輝いていました。

DSCF4982.jpg

中津川方面に舵を取ると、秩父の谷らしい景色になって来ます。

道路の温度計は、20℃を表示していました。
凄く快適に走れます。

DSCF4984.jpg

トチの実が落ちていました。

DSCF4986.jpg

ここまで入って来るのは、渓流釣りの人位いです。
車も殆ど通りません。

DSCF4992.jpg

中津川林道へ向かう道と分かれ、県道210号を進みます。

道幅が狭くなり、あまり自動車では通りたくないです(笑)。
僕がここを通る時は、いつも自転車かモトバイクですね。

DSCF4999.jpg

更に八丁峠へと続く県道210号と分かれ、林道 上野大滝線を進みます。

ここから今回の目的の林道ですが、出発してから既に56km。
足が売り切れなければいいんだけど...

DSCF5015_20170827185813dfe.jpg

そんな心配をよそに、ダートに入ったら元気になってしまうのが土系ライダーであります。

景色も素晴らしい♪

DSCF5019.jpg

しかしこの林道、”開かずの林道”でもあるんです。
開通しても直ぐに土砂崩れで工事になってしまい、1年の殆どが通行止め。

ですから、台風シーズンの前に訪れたかった訳ですね。

DSCF5024.jpg

年中工事をしている訳ですから、残念ながら舗装化も徐々に進んでいます。

埼玉県側は途中までダートが残っていますが、群馬県側は完全に舗装化されています。

DSCF5031.jpg

隧道マニアにはたまらない、2連のトンネル。

DSCF5039.jpg

ここも大規模な法面の崩落があったようで、工事中でした。

DSCF5050.jpg

沢筋に沿っているうちは斜度も緩やかなのですが、沢筋から離れると勾配がキツくなって来た。

序盤に痛み出した左膝が痛みを増して来ました。

ふと看板を居ると、勾配は14%か...
見なきゃ、良かった(笑)。

DSCF5055_201708271910022c3.jpg

気付けば、いつのまにか植生が変わりカラマツが多くなって来た。
気温も20℃を下回っていそうで、少し寒い位い。

この辺りで両足が攣りました(涙)。

DSCF5060.jpg

有馬峠の”だまし峠”のようにピークを過ぎて一旦下り、再び登り返すと景色に似合わない立派な橋とトンネルが。

山吹橋と山吹トンネルです。

DSCF5061.jpg

山吹トンネルを過ぎると間も無く、武州・上州の境となる天丸トンネルです。
県境がトンネルと言うのも味気ない気がするけど、この辺りは割と多いんですよ。

DSCF5064.jpg

山で食べるハンバーガー is 最高!

DSCF5069.jpg

天丸トンネルを抜けると上州。

西上州の山並みが迎えてくれました。
残念ながら、ちとガスってましたが。

DSCF5076.jpg

途中で右折して、林道 奥名郷線を進みます。
この奥名郷線、結構な斜度でして下りで良かった(笑)。

暫く下ると、奥名郷の集落なのかな?
何時間ぶりかに人を見掛けました。

DSCF5080.jpg

激下りの後に何か焼ける匂いがすると思ったら、ステンレス製のディスクローターが飴色になっていました。

いやいやロード的な使い方でも、結構ディスクの温度上がりますよ。

DSCF5082.jpg

野栗沢の古い町並み。

DSCF5083.jpg

そして走り慣れた、国道299号線に合流です。

後は秩父に帰るルートですが、志賀坂峠、土坂峠、神流湖湖畔を通る十石峠街道の3ルート。

今回はお腹もすいたので道の駅で昼食をとり、土坂峠で秩父に抜けることにしました。

DSCF5085.jpg

最後のひと踏ん張りで土坂峠を登り切れば、トンネルの向こうは秩父市です。

ここも県堺なのですが御多分に漏れずトンネル、隣の志賀坂峠もね(笑)。

DSCF5089.jpg

今日のルートは、距離118km 獲得標高5561m でした。

最近あまり距離を乗っていなかったので、足が攣ったりキツかったかな(笑)。
でも、とても良いルートだと再確認しました。

Screenshot_2017-08-27-14-18-40.jpg

Screenshot_2017-08-27-14-21-08.jpg

それと今回太いタイヤ(700x52c)を履いての感想だけど、確かに漕ぎは重いけど、それ以上に乗り心地に優れているし、落石が多い場面でも神経質にならずに走破出来るのが魅力と感じました。

僕の楽しみ方が、スピード重視ではないからね。

DSCF5041.jpg

ちょっと震えた...

新着情報
08 /26 2017
今日は休日でしたが、午後から法事。
方丈様が長居した関係で永延と4時間、色々とやりたいこともあったのだが...

午前中は久しぶりにショップに顔を出して、頼んで置いたパーツを受け取りました。
ついでに?今期の輪界の裏情報なども。

今年は日本に於ける e-MTB 元年になりそうって話ですが、やはり各社活発な動きがあるようですね。

普通の?MTBも、KONAを始め2018モデルの話を聞けたのですが、TREKのカタログに見慣れない表記が。

Boost 141

「また、変なハブ規格を出しやがって~!」
「142mmぢゃ、駄目なのかよ!」


色々と調べてみたら、Marin が出した規格なんですね。
簡単に言うと、あくまでも”9mmQR でフランジ幅を拡幅”したハブなんですね。

fc2blog_201708262040397a1.jpg

142mm x 12mm スルーが 6mm 拡幅して 148mm になった際にホイール剛性が10~15%向上したので、135mm x 9mm QR に同じく 6mm 拡幅して 141mm にしちゃいました!って話みたい。

ポジション的には、廉価版と言う事なんでしょうね。

フランジ幅を拡げても、9mmQRで同様の効果が得られるのかは分かりませんが、まあそう言う規格みたいです。

オジサン、また変なのが出て来たのかと思って、一瞬震えました。
買った人が、後々困りそうな規格ですが...

SRAM-Boost-148-chainline-gfx.jpg
(via: mtbr.com)


SRサンツアーの2本引きのロックアウトレバー。
フォークとリアユニットのロックアウトのレバー比が同じなら、色々と使えそうですね。

まあ用途は、エンデューロレース用になるのかな?

p5pb15092987.jpg
(via: pinkbike.com)

From other categories

ギア
08 /23 2017
僕は生粋の?ロードバイク乗りではないので、グラベルバイクに乗る時はレーパンの上にハーフパンツを履くスタイルです。

サイクリング先でも、臆することなく店にも入れますしね。

先日の乗鞍スカイラインの下りで大雨になった際に、ハーフパンツが撥水生地でなかったため下半身だけがズブ濡れに。

そこでカテゴリーは異なるのですが、カヤック用のハーフパンツを購入してみました。
モンベルのパドリングトランクスです。

ウエストの調整はカヤック用と言うことでヒモでの調整ですが、編上げ式なので前屈みになった際に適度に伸び意外と?快適です。

※一度洗濯したので、シワシワでスミマセン。

DSCF4936.jpg

生地にはストレッチ素材が採用され、生地表面には撥水加工が施されているので保水し難く速乾性にも優れています。

流石モンベルが誇るポルカテックスです、素晴らしい撥水効果です。

DSCF5052_2017082720394917e.jpg

背面の腰部は入水した際の膨らみ防止のためにメッシュ生地になっているのですが、これは自転車用としてはベンチレーションとして機能してくれそうです。

自転車用としては意味がありませんが、ポケットの底部も排水用にメッシュ生地になっています。

後は実際に使ってみて、レーパンの生地との相性(擦れによる起毛や擦れ音等)を確かめたいと思います。

摩擦にも強そうな素材なので、MTBでも使ってみたいですね♪

DSCF4938.jpg


もう一つ、他のカテゴリーから。

この時期にMTBに乗る時は、暑さからハーフパンツオンリーなことが多いです。
トレイルライドの時は、あまりプロテクター類は付けていないので。

しかし草むらや藪を走り終わると、脛には擦り傷やミミズ腫れが...
お風呂に入ると、沁みるよね(笑)。

無題

そこで、同じくモンベルのネオプレン レッグガードを買ってみました。
本来の用途は、渓流釣りの際の衝撃緩和やヘビからの攻撃防止です。

少し脱線しますが、マウンテンユニサイクルの第一人者のクリス・ホルムが昔の動画で着用していた LizardSkin のネオプレン製のレッグガードがずっと欲しかったんだけど、外観的にはこんな感じでした(派手な色だったけど)。

このモデルはカーキ色しかないのが微妙なのですが(笑)、前モデルのカラーはブラックだったのですが迷っている間に廃盤になってしまいました。

欲しいと思ったら、即買わないと駄目ですね。

DSCF4942.jpg

膝の部分にハードカップは入っていませんが、生地が厚くなっているので素足よりは良いでしょう(笑)。

心配であれば、本来のプロテクターを装着するまでです。

DSCF4943.jpg

取り付けは、膝の上部はベルクロで固定、ふくらはぎ部はジッパーで行います。

ふくらはぎ全周を覆うので、サイズ選びは慎重に。
ふくらはぎの一番太い部分をメジャーで測り、サイズ表と照らし合わせればOKです。

DSCF4944.jpg

ズリ下がり防止の為に、ジッパーを上げた後にマジックテープで止めるようになっています。
凄く丁寧な造りになっています。

気になる点としては、ネオプレン製なので見た目よりは重いです。
勿論、本格的なレッグガードと比べれば遥かに軽量ですが。

こちらも使ってみて、気になることがあれば、引き続きレポして行きたいと思います。

DSCF4945.jpg

ここ半年くらいなんですが、愛知県からのアクセスが増えています。
愛知県のMTB事情は、僕等みたいな里山ライドが盛んなのかな?

第一次MTBブームの頃から、「MTBが盛り上がっていると言えば名古屋周辺」と言われていました。

某MTB雑誌で名古屋ローカルの方々が紹介されていた際に、「チンポ星人」さんなる有名な方が居ることを知りました。

僕も朧気ながら、「こんな上手で、変態なライダーさんになりたい!」と誓ったのを思い出しました(爆)。

僕の周辺でも第2次MTBブームで乗り始めた人が沢山居て、ショップの朝ライドでは毎月知らないメンバーが増える位でした。

しかし、ずっと走り続けているのは、本当に自転車のことが好きなヤツが残っているだけですね。

勝手ながら、チンポ星人さんも走り続けていると嬉しいのですが。

この歳になると色々とありますから、僕もBLOGを続けるか最近迷っています。
現状、300人/Day ほど訪れて戴いているので、もう少しとも思うけど...