名栗ふれいあい公園 じてんしゃ広場 パンプトラック



今日は休暇を取りました。
用事を済ませてから、隣町である飯能市の名栗ふれあい公園にあるパンプトラックに行ってみました。

地元にあったローカルが管理していたパンプトラックは、地主さんに土地を返却する関係で無くなってしまったからね。
なんとなく、バームを「ギュイーン」って周る感覚を久しぶりに味わいたいなと。

到着してみると、凄く綺麗に管理されているコースでした。
素晴らしい、管理されている方々に感謝です。

DSCN0017.jpg

~利用のしかた~の看板に目を通してから、コースを利用しましょう♪

今日は平日だし気温は30℃、利用者は僕だけでした(笑)。
ロードバイクは平日にも関わらず沢山見掛けましたけどね。

DSCN0016.jpg

トラックのコンディションも良好!!
土のトラックが踏み固められてカチカチになると、タイヤのブラックマークが付きますからね。

勿論、ブレーキを故意にロックさせて付くブレーキ跡ではなく、タイヤが押し付けられてブラックマークが付くんですよ。
クローズドなコースとは言えトラックを痛めるので、トレイルと同様ブレーキを故意にロックさせる行為はナンセンスでしょう。

何よりも、管理してくれている人が居るからこその、このコンディションなのです。

DSCN0020.jpg

これだけタイトなバームだと、コーナー中盤から後半は、後輪だけに荷重が掛かっていると言っても過言ではない位い後ろ乗りになりますね。

地元にパンプトラックを作り始めた10年位前、初めてボール(180度以上回り込むバーム)を走って何度も飛び出してしまって、ノリさんから「バイクの後輪に乗らないと飛び出しちゃうよ」と言われたのを思い出す。

最終的にはブレーキレスで走っていたけど(クローズドなコースです)、今はそんな無茶は出来ないな(笑)。

2_20180608213026ecb.jpg

今回、暑くて短時間で切り上げてしまったんだけど、奥にもコースを造成中?でした。

DSCN0025.jpg

コチラは、練習用のレーンかな?

DSCN0026.jpg

最後にトラックにブラシ掛けくらい出来ればと思ったのですが、メンテは管理されている方々がやられているようですし、特にゲシることもなかったので、利用を終わらせて戴きました。

個人的な感想としては、コブとコブの間隔が近めなのでMTBでも十分に楽しめますが、BMXの方が楽しそうかな?
後はバームの後のステップアップ状のコブ、「どう処理するのが正解なのか」ポンコツな僕では短時間では分かりませんでした。

いや~、兎に角暑かった。
これからの季節は雑草に悩まされるかと思います、このような素晴らしいコースを管理されている方々に感謝です。

DSCN0024.jpg


今日は自転車ネット界隈では、日本のフレームビルダーにTIGを扱える方が少ないと話題になっていましたね。

僕が驚いたのは、自転車の専門学校でフレームビルダーを目指す方にTIGの指導をしていないと言うことでした。
別にロウ付けが悪いとかではなく、一般的な工業製品に於いて薄物で精度を要求される物の溶接はTIGが基本だからです。

ロシアのジェットエンジンの溶接なんて、人間がアルゴンガスの雰囲気中に入って溶接するんですよ。
当たり前ですが、トーチにはノズルを付ける必要がないんですね(笑)。

0_86ee0_a197e163_orig.jpg
(via: gelio.livejournal.com)

例えば、現在はカーボン製が主流ですがレース用の車やモトバイクのスペースフレームを作る場合TIGが基本で、ロウ付けは先ず稀でしょう。
勿論アースポイントとして真鍮ワッシャーを付ける等、局所的には用いられると思いますが。

今更国内でTIG溶接でフレームを作っても海外製には勝てないという話もありますが、国内でオーダーフレームを作る意義としてビルダー(ウエルダー)さんと密に話し合えるというメリットもあるかと思います。

価格だけでは語れない付加価値ですかね、オーダーフレームってそういうものだと思うし(勝手に想像)。

例えばモンキーさんのフレームに於いては、TIG溶接フレームとロウ付けフレームを棲み分けて作られていらっしゃる。

具体的には、台湾でTIG溶接したフレームと、国内でロウ付けされたフレーム。
ある程度まとまった数をロット生産するレディーメイドであるTIGフレームは、国内ロウ付けフレームよりも安価。

但し国内でTIG溶接でオーダーフレームを作れば、ロウ付けフレームと変わらない価格になってしまうことは加筆しておきましょう。
あくまでも低価格を実現している真の要因は量産することで、TIG溶接の方が量産に向いていることも確かです。

もう一つの差別化として、近似したスケルトンとチュービングでも乗り味にも違いが出ると。
シャッキリと軽く走るTIGフレームに対し、柔らかく角の取れた乗り味になるロウ付けフレーム。

ノリさん曰く、「柔らかいと言ってもグニュグニャではないよ」と言っていましたが(笑)。

僕が勝手に想像するに、TIG溶接は溶加棒を差しながら母材自体を溶かして付けて行くのでパイプ自体が全て分子レベルで結合している。
対するロウ付けはパイプ自体は厳密に言うと付いていなくて、ロウ材がパイプやラグの間に入り込んで固めている。

パイプに使われるスチールと真鍮ロウとでは物理的特性が異なりますから、結合部の剛性に違いが出ることもあるのでしょう。

DSC_0289_201712311856061ba_20180609215343a74.jpg

新進気鋭のフレームビルダーを目指す次世代の方々には、伝統の技術も大事だと思うけど、あまり縛られないで欲しいななんて勝手に思ってしまいます。

まあロウ付けを得意とされているビルダーさんでも仮付けではTIGでなんてのもあると思いますし、TIGフレームでもワイヤー受け等の小物はロウ付けもあるしね(笑)。

両方できれば適材適所で、より理想に近いモノ造りが出来るってことなんですかね。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB パンプトラック 名栗

これは正に「トレイルモンスター」ですよ

先日紹介させて戴きましたワークショップモンキーさんよりお借りしているMTBですが、順次レポして行きたいと思います。
でも梅雨入り間際と言うことで、ちょっと焦っていたり(笑)。

今回は各部ディテールを基に、そのフレームの考え方から98ST7(27.5インチ用フレーム)との差異等を考証しようと思っていたのですが、今朝山を本格的に乗ってみた所あまりにも衝撃的だったのでライドのレポを先に書きたいと思います。

各部ディテールは後回しにするにしても、先ずは少しだけ?このプロトについて触れて置きます。

DSCN4311.jpg

一体何のプロトなのかという話ですが、MONKEYの275PLUS MTBとしてオーダー可能な「98N7 PLUS3.0」のプロトというポジションになるのかな。

98N7 PLUS3.0 は、27.5PLUSサイズに対応した国内TIG溶接のオーダーフレームです。
正に、正調275PLUSフレームですね。

27021778_1841816262509410_8463991901306484654_o.jpg

その98N7 PLUS3.0 の雛形となったのが、今回貸して戴いたプロトになります。
98ST7の440mmサイズを基にサンライズで組み直されたノリさん用のワンオフなので、98ST7 PLUS3.0と呼びます。

詳しい差異等は後々レポします、お楽しみに♪

DSCN4323.jpg

さて梅雨入り目前と言うことでチャンスを逃したくない、今朝は5時起きで山に向かいました。

リエゾン区間たる舗装路の移動は、見た目よりは軽快です。
タイヤ外径は29erと同等ですから、重いホイールが一旦回りだしてしまえば巡行も快適。

但し昨日店長とも話したんだけど、店長の98ST9(29er)と交互に乗ると漕ぎが重いことは確か。
あくまでも、「見た目よりは十分に軽快です!」というレベルかな。

トレイルに入って直ぐに感じたのは、縦方向のグリップの高さ。
タイヤ自体は決してブロックの立ったハイグリップなタイヤではないんだけど、接地面積が効いているんだろう。

今日走るのは、苔むした濡れた岩のガレたトレイル。
慣れない人が走ると、タイヤが弾かれて真っ直ぐ進むことも難しい箇所も多い。

しかし大径タイヤと強烈なグリップ、大きなエアーボリュームによる優れたサスペンションにより難なく進む。

元ソースを失念してしまったんだけど、海外のMTBサイトでこんなことが書かれていた(細かいニュアンスは異なるかも)。
※HT(ハードテール)好きには失礼な表現もありますが、最後まで読んでください。

「HTは正にゴキブリだ、絶滅すると思ったらプラス規格と最新のジオメトリを手に入れて、また復活しやがった!」

海外ではMTB=フルサスバイクであり、日本のようにHT好きが多いのは珍しいんだけどね。
これは言葉は悪いけど、正直的を得ていると思う。

プラス規格と付随するブースト規格、そしてフォワードジオメトリのような新しい考え方のジオメトリを手に入れることにより、HTも未だ未だ侮れないと言うことだろう。

僕も今日、上記の言い回しはあまり好きではなかったんだけど(笑)、納得しました。

正直、プラス規格のバイクを疑問に感じている方も居ると思う。
しかし僕が思うに、コレは確実にMTBに於ける正常進化のベクトル上に位置するものです。

自分のスタイルに合う合わないはあるにせよ、MTBを語るなら一度は乗ってみて損はないと思う。
特に蘊蓄好きに人はね(笑)。

DSCN4359.jpg

以上は、あくまでも275PLUS MTBの感想です。
本題は、強烈なホイール周りの性能に負けずに、モンキーテイストが感じられるかだろう。

モンキーのMTBは、比較的BBハイトが高い。
故に、速度域が低いトレイル走行に於いて軽快な感じが前面に出ている。

そして、あくまでも主役はライダーであり、バイクを操っている感じを上手く演出してくれる。
僕は、その辺りが好きでモンキーを乗り続けているんだけど、このバイクにも色濃く息づいている。

確かにホイール周りのマスは大きく、僕が好むようなバイクを振り回すような乗り方には不利です。
しかし、ライダー自身にも個性があるように自転車にも個性がある訳だから、その辺を理解して用途ごとに選択するのであれば、十分に軽快な乗り味と言えるでしょう。

この辺りは、コーナリングの楽しいトレイルで詳しくレポしたいと思います。

DSCN4391.jpg

そう本当は、もう1本グリングリンなコーナリングの楽しいトレイルを走る予定だったんですよ。
しかし1本目のトレイルで、カメラを水没させちゃいましてね(号泣)。

安さに釣られてアマ〇ンで、チャ〇ナ製の三脚を買った自分が悪いのです。

取りあえず、水気を拭いて風通しの良い所で干しているけど復活するかなあ...
駄目なら、痛い出費だなコリャ。

DSC_0323.jpg

借り物なので、バイクもちゃんと干して水を切りました。
良い天気だったもんね~♪

DSC_0324.jpg

現時点での感想。

コレは正しく「トレイルモンスター」ですよ!!
※ディメンジョンさん風



現在お猿さんが、仲良く4匹同居しています。

こう見ると、もっと代わり映えのする色で塗って貰えば良かったかなと(笑)。
でもやっぱり、緑色が好きなんだよな~。

DSCN4319.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド モンキー98N7PLUS3.0 モンキー98SH7PLUS3.0 プロトタイプ 275PLUS

新しい猿がやって来た

先週も書きましたが、週明けは関東地方も梅雨入りの予報ですね。
梅雨入り前の貴重な晴れ間、今日はどうしても休みたかったので昨日は遅くまで残業して何とか休めました。

遅くまで残業して体が重いので、無難に御近所トレイルです。
良質なグラベルが在るので、グラベルバイクやファットバイク等のフルリジッド・バイクでも楽しい道ですね。

DSCF6758.jpg

おっと!ワイルドベリーが!

DSCF6762.jpg

先ずはグラベル林道を徘徊して、インスタポイントへ。
今日は湿度は低めでしたが、空の色から徐々に大気に湿り気が増えて来ていることが分かりますね。

DSCF6771.jpg

今日も、トレイルは最高♪
木漏れ日も、冬の優しい木漏れ日から、鋭い木漏れ日に変わって来ましたね。

DSCF6772.jpg

ほどほどに、ゆるいライドを楽しむことが出来ました。

DSCF6773.jpg

一っ走りしたら、お世話になっているショップのタカハシサイクルさんへ。
ワークショップモンキーさんより貸して戴くMTBを、取りに行きました。

少しの間お借りして、レポ出来ればと思います。
僕はポンコツなので、ライドの方はT.J にも味見して貰う予定です。

ノリさん、お借りしま~す!!

DSCN4316.jpg

先日のポストでモンキーさんのMTBをお借りすると書いたら、閲覧数が300view/Day → 500view/Dayになっていて、少し怖い...

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド モンキーA-10 モンキー98N7PLUS3.0プロトタイプ 27.5PLUS 27.5+

乞うご期待!!

近々ワークショップ・モンキーさんより、新しいMTBをお借り出来ることになりました♪
ノリさん、ありがと~!!

「どんなライドをしてやろうか!?」、色々アイデアが浮かんで来ます!
取りあえずビデオ撮影用に、壊したきりになっていた三脚を注文しました(笑)。

乞うご期待!!

DSCN3973_20180529200717a30.jpg

HDを整理していたら、10年以上前のショップの朝ライドの動画が出て来ました。
まだカメラの画素数も100万画素程度で、音声データは記録されていないデータでした。

削除するのは簡単ですが、二度と戻ることは出来ない瞬間だと思うと勿体ないので編集してみました。

今回の主役は、若かりし頃の店長です(今も若いケド)。
あと、少しF君。

この頃はシングルスピードが流行り始めた頃で、この日店長はSS仕様だったんだけどテンショナーの調子がイマイチだったんですよね。

ちょっとコミカルな動きだったので面白く編集しちゃったけど、ゴメンよ店長(笑)。



HDの容量も心許なくなって来たけど、ブログの方の容量もアレなので引っ越しも考えないとな...

DSCN4263.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド モンキー

ソロライド用に自分も映り込むようカメラアングルをテストしてみた

今日は文字通り、梅雨入り前の貴重な自転車日和でしたね~♪
カミサンにも「気温も25℃位みたいだし、自転車に丁度いいんじゃな~い!」と快く送り出して貰い、本当に感謝!!

DSCF6747.jpg

今日は、ビッグトレイルに向かいました。
普段はアプローチは舗装林道を使うのですが、今日は集落に残るシングルを押し上げてみました。

DSCF6729.jpg

しかし、MTBで楽しく下る道は急ですね(笑)。
途中で諦めて、何時も通り舗装林道で登ります。

夏日ですが湿度が高くないので、山の中は快適。
でも斜度10%以上の道が続くので、結局汗ダクにはなってしまいますね。

DSCF6731.jpg

踊り子草(オドリコソウ)が満開でした♪
白装束の踊り子さんが輪になって踊っていると言う、ちょっと儀式めいたものを想像しちゃうけどね(笑)。

DSCF6745.jpg

今日はソロライドなので、ヘッドカムのカメラアングルを色々と試してみました。

ライド中にブログ用の写真を撮るにしても、風景と自転車だけだと「オタク化が進行している」とか言われちゃうでしょ(笑)。

んでもライド中に三脚をセットして自撮りも面倒だし、それ以上にキャプ画って被写体だけがブレブレだったりしてカッコ悪いしね...

なので、ヘッドカムでも自分が映り込むようなアングルに挑戦してみました!!

3アングル試してみたけど、1,2のアングルは割と想像に近いアングルになったかな!?
3番目は普通のヘッドカムと変わらないどころか、視点が頭より高いので疾走感が全くないからボツ。

でもね、バックパックに長いポールを付けて撮影しているので、木の枝や倒木を潜るのが怖いんですよ(爆)。
それと体を動かすとヘルメットにポールが「ガツガツ」ぶつかって、バイクの上で体を思い通りに動かせない。

まだまだ、改良が必要ですね~。



カメラアングルとは関係ありませんが、この自転車は本当に楽しいな~。

「もし」とか言っても仕方ないけれど、もう少し歳が若かったなら、このフレームのジオメトリを基にトレイルライド用にシートチューブを起こして延ばしたり、ダウンチューブに細いパイプを使って軽量化したフレームをオーダーしてみたい位だよ。

流石、モンキーロジック...

DSCF6756.jpg

ジョニーさんのヘッドキャップも最高で、キヴンが盛り上がります!!
Ride On!

DSCF6748.jpg

今日着たモンベルのTシャツのデザイン、まんま僕なんですケド!!
※かなり昔のモデルです。

DSC_0295_2018052720553195e.jpg


丁度先週、乗鞍岳の山頂直下までファットバイクを担ぎ上げて、夏スキーを横目に雪渓を下った方が居るそうですね。
凄いな~!!

僕も去年の夏に「バイク to ハイク」で畳平まで自転車で登り、剣ヶ峰を登山したので凄さは少しでも理解出来るつもり。

個人的には、どれだけ速く走れるかとかよりも、こう言ったライドをする方にリスペクトを感じちゃうな~。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド モンキーA-10 24インチ 26インチプラス ヘッドカム シマノスポーツカメラCM-1000

プロフィール

Danny T

「首都圏の秘境」と呼ばれる地を走る、雑食系バイカーのBLOGです♪

過去に腰椎骨折、椎間板ヘルニアでも、楽しく乗ります!

Author:Danny T


t_20130311192032.gif















カテゴリ
月別アーカイブ
リンク