GET WILD

24インチ プラス バイク
10 /15 2016
先週末は、町内会の行事と休出で休み無し...
今週は、本当に辛かった。

そして迎えた今週末は、久方ぶりの快晴!!
自転車には乗りたいけど体はヘロヘロで何処に行こうかなと思い閃いた、今日はあそこで。

DSCF3158.jpg

このトレイルはアプローチは押上げなんだけど、押上げ1に対し下り3のお得な距離感(当社比)。
実際にはそんなことが或る訳でもなく、地形のマジックなんだけどね。

DSCF3161.jpg

先ずは押上げ。
斜度がキツク下を向いて自転車を押し上げていると、地面にガラスが落ちている!?

いやいや、目の錯覚でした。
地蜘蛛の巣に朝露が結露して、そのように見えていたんですね。

DSCF3168.jpg

ようやくピークに到着。

一年を通してウエットなトレイル故に虫が多いのが悩み所なんだけど、今日は快適。
気が付けば、息が白かった。

DSCF3169.jpg

今日はなんで 24Plus なのかと言うと、このトレイル塗れた岩と木の根祭りなんです。
フロントタイヤが滑りまくって、真っ直ぐ走るのも難しい(笑)。

DSCF3170.jpg

そんな時は「プシュー」っと、空気圧を落としてやればグリップが向上。
勿論、全く滑らなくなる訳ではありませんが。

DSCF3177.jpg

かなりワイルドなトレイルなんです。
登りは楽したけど、リハビリになっていないような気も(笑)。

DSCF3190.jpg

DSCF3182.jpg

トレイル・トライアル・スタイルの方には、たまらないトレイルでしょう♪

DSCF3188.jpg

いや、マジで疲れました...

DSCF3194.jpg

家に帰ると、秘密の地下組織「26プラス普及委員会」より荷物が届いていました。
総督、ありがとうございます!!

DSCF3196.jpg

Tumblr、知らない間に Soma Fabrications にフォローされてた。

HALO CEPTION 24x2.6"

24インチ プラス バイク
07 /09 2016
HALO CEPTION 24x2.6"を買いました。

メインMTBの Monkey 98ST7 のリア・スルーアクスル化に伴い、24"ホイールを履けるのがA-10だけになりました。
しかし HALO CONTRA 24x3.0" を履くと、A-10のチェーンステイのクリアランスでは厳しかったのです。

DSCF2663.jpg

24インチ乗りの駆け込み寺であるJinkenさんの所で購入したのですが、毎度仕事が早くて関心します。
コンビニ決済出来るようになったのも、有り難い。

DSCF2642.jpg

幅28mmのリムに装着して、実測58mmでした。

DSCF2656.jpg

因みに CONTRA のタイヤ幅の実測は62mmです。
外見上の差異は、こんな感じです(左:CONTRA 右:CEPTION)。

DSCF2655.jpg

チェーンステイのクリアランスも、今度は大丈夫。
24+ 仕様は主に、ロックセクションと常設用かな。

DSCF2658.jpg

んで唯一の24+用タイヤと呼べる CONTRA と、若干細目な CEPTION ですが、問題は重量。
CONTRA が1400g、CEPTION が1200gと超重量級(汗)。

そうなると、少しでも軽量化するにはチューブレス化でしょうか。
しかし、このタイヤの設計はかなり古いので想定されている訳がありません。

試しに海外のサイトを中心に調べてみると...
やっぱり試している方がいるんですね、良い時代ですね。

気になる方はコチラ → Tubeless muni tyres (part 2)

CIMG2376.jpg
(via: unicyclist.com)

タイヤ交換のついでに、リムの振れ取り。

ホイールのスルーアクスル化に伴い、このタイプの振れ取り台も使えなくなりますね。
軽量で何処でも使えるので、このタイプばかり使っているんですけどね、残念。

DSCF2640.jpg

Going small?

24インチ プラス バイク
04 /21 2016
世の中、おっきくなったり、ちっちゃくなったり...
まあ慌てず騒がず、自分の遊び方に合った自転車を選べば良いのですよ。

自転車の世界って、やっぱりパーツメーカーさん主導なのかなって。
Jamis goes big by going small with new 26+ Eden, Dragonfly mountain bikes & more

2017-jamis-dragonfly-pro-26plus-hardtail-mountain-bike01.jpg
(via: bikerumor.com)

ホイールサイズ・カンブリア爆発状態ですが、確たる信念、自分のスタイルを持っている方もいらっしゃる訳で。
本当に自分が楽しめる機材を、分かっていらっしゃるということのなのかな?

24インチ大好きが高じて?共通の友人を通して知り合うこととなった alternabikes の北澤さんが、
興味深い画像を送って下さいました♪

なんと、24インチ専用のファットバイクのビルダーさんを見つけて、日本に入れるそうです!!
凄げえ、惚れこんでいらっしゃる。

FB_IMG_1460993773007.jpg
(via: alternabikes.jugem.jp)

多分ね、取り合えず24"ファットを履きたいのなら、26"ファットのフレームに組めばいいと思うの。
でも、26 "ファットのタイヤ外径は29"+ と同等、24"ファットのタイヤ外径は26"と同等。

極端な話、29"+ と26"フレーム位の違いがある訳ですよ。
これは大きいですよ、フレームの設計にも影響してくるし、特に回頭性には大きな違いが出ると思うな。

「専用設計には訳がある」って、やつですな♪

2017-jamis-eden-womens-26plus-hardtail-mountain-bike01.jpg
(via: bikerumor.com)

普通の24"バイクでも、組もうとしたことがある人なら良く分かると思いますが、部品の確保は大変です。
だから万人には勧められないけど、それに勝る「操る楽しさ」があることは確かだと思います。

ミッドファット・ライフ

24インチ プラス バイク
02 /25 2016
長きに渡りお借りしていた、Monkey 98ST7 26+ 仕様をお返ししました。
丁度仕事が一番忙しい時に重なってしまい、僕的には満足と言う訳にも行かなかったのですが、仕方ないですね。

今泉さん、ありがとうございました♪
僕的にもお気に入りの一枚ですが、モンキーさんのFacebookでも使って頂き、誠に光栄であります!!

DSCN2315_201602181940537c5.jpg

自分用の98ST7とタイヤは少し掛かりそうなので、 98ST6 24+ 仕様です。
タイヤが重いことを除けば、こちらも捨て難い。

DSCN2362.jpg

3インチ幅と、2.75インチ幅のダートウイザードよりも若干太い為、スノーでは気持ち走破性が高いと感じます。
タイヤのケーシング自体がしっかりしているので、かなり空気圧を落とすことも可能なので。
(ワイヤーなので柔軟性自体は劣りますが)

DSCN2366.jpg

雪の斜面は、小動物たちの足跡で一杯でした♪

DSCN2372.jpg

おっと、こちらは熊さんの足跡だ。
古い足跡なので、ちょっと安心(笑)。

DSCN2415.jpg

ここ2カ月は自転車に乗ること自体が難しかったのですが、細切れの動画を繋げて見ました。
10分でも乗れれば乗る、そんなスタンス(笑)。

実はこの2か月、深夜残業に徹夜続きで、再び腰が悪化してしまいました。
先ずは、腰の療養を進めます...



現時点では、あまり大きな声では言えないのですが...
先日、アウトドア用品のガレージメーカーをやっている友人を介して、輪界の高名な方からコンタクトがありました。

メールで色々と情報交換させて頂きましたが、
もしかすると24インチ・ファットバイク、面白いことになるかもしれませんよ♪

続 24"FAT BIKE

24インチ プラス バイク
11 /30 2015
今日は完全にお疲れモードだったので、仲間とは別働で、のんびりライドして来ました。
あ~でも僕は自転車乗り、疲れていても自転車に乗ると気分はリフレッシュできますね。

DSCF1022.jpg

天辺で、熱いコーヒーを飲んで終了でした。

DSCF1023.jpg


先日書いた24"FATのこと、他にも24インチ専用のフレームが出ていないか調べてみました。

結果としてはキッズ用・ルック車を除くと、コレ位いかなあ。
Coast Cycles の GOLIATH 24

Goliath24_Black2_2-1067x800.jpg

FAT BIKE ですが、アクション推し!!

RDはSRAM X7を採用していますが、他のスペックは詳しく記載されていませんでした。
ハブの規格とか、気になりますよね~。

goliath-24-n-20-1-of-1-11.jpg
(via: coastcycles.com)

動画もあります。
結構、楽しそうなバイクではあります♪




やっぱり24インチのネックは、ホイール周りのパーツ供給ですね。
ミズタニが、DMR BIKESの取り扱いを止めていたのを今日知りました(涙)。