ロックショックス ソロエアーモデル オーバーホール

新着情報
03 /15 2016
仲良くして頂いている福岡のニコが、RockShox Argyle のオーバーホールの動画をUPしました。

今回は細かいインストラクションはありませんが、逆に作業の流れは掴み易いかと。
同社のソロエアーモデルは基本的に同じ機構なので、他のモデルの参考にも。

彼はライディングテクニックだけでなく、メンテナンスのスキルや知識も相当なものです。

余談ですが、MTBの発信源の中心は疑うまでもなく海外ですから、英語でのコミニケーションが重要です。
若いライダーさんは、英語を勉強して於いて絶対に損はないと思います。

例え趣味でも、ズブズブと深く嵌りたいなら尚更(笑)。
僕は工業高校だったし勉強もしなかったから、仕事でも趣味でも苦労しています...





SR-suntour が Rux と Durolux に、
新しいシステム「R2C2 PCS(Piston Compensator System)」を投入して来ましたね。

R2C2とは、デュアル調整リバウンド、デュアル調整・コンプレッション・カートリッジのことですね。
簡単に言えば、リバウンド、コンプレッション共に高速側・低速側で別々に調整可能ということです。

PCSはピストン補償システムの略で、減衰カートリッジ内のオイルと空気を分離し、
減衰回路内のオイルへの気泡の混入を防止して、信頼性の高い減衰を発生させるシステムです。

SR-Sutour-Dulolux-RUX-R2C2-PCS_lower-controls-450x600.jpg

僕の勝手な想像ですが、PCSはオーリンズのフォークに触発されての搭載かな?なんて思ってしまったり。
それだけ質が高くて、信頼性のあるダンピング性能が求められているってことなんでしょうかね。


(via: vimeo.com)


Hope が、MTBのカーボンフレームを開発?って話ですが。
コチラ → Is Hope producing a carbon mountain bike frame?

無題
(via: mbr.co.uk)

Hopeってだけで、もう期待しちゃう人も多いんじゃないですかね!?

スポンサーサイト