田口峠

パスハンティング
03 /07 2016
ちょっと、時系列が前後しますが...
ロードで距離を乗りたくなったので、パスハンティングに出掛けました♪

上州・信州を結ぶ各峠が軒並み冬季閉鎖の中、唯一通行可能な「田口峠」です。

ルートとしては、「道の駅しもにた」を起点に、田口峠を抜け信州に、そして内山峠を抜けて戻ってくる約90kmのルート。
但し、内山峠の旧道は冬季閉鎖(3月31日まで)なので、新道を通る予定です。

基本的なルートは、こちらを参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。




先ずは、「道の駅しもにた」から出発です。

DSCF1256.jpg

暫くR254を走るのですが、大型車が多く走り辛いです。

内山峠に向かうR254と別れて県道45号を進むと、「道の駅オアシスなんもく」があります。
出発して大して経過していないので、今回はスルーです。

DSCF1261.jpg

田舎で頼りになると言えば、やっぱりジムニーですね。

DSCF1264.jpg

僕の住む秩父に似て、とても良い雰囲気です。
落ち着く~。

DSCF1388.jpg

蝉の渓谷。
固いチャートが、水と転石により長い年月をかけ削られてて出来た景勝です。

DSCF1269.jpg

県道93号と、県道108号との分岐。
93号を進むので右折、ここから登りが始まります。

DSCF1276.jpg

狭岩峡に入ると、見上げるような奇岩峰に囲まれています。

DSCF1386.jpg

普通は、県境は峠を境にって感じですが...
登り始めて直ぐに、長野県に入りました。

DSCF1279.jpg

暫くすると、白い奴が出て来ました(笑)。
南牧村民族資料館で会ったおばあちゃんに道路状況は聞いていたんだけど、やっぱりか。

DSCF1285.jpg

この峠は、地図で見ても本当にグネグネで、金魚のウンチみたい(失礼)。

その正体がコレ。
何本も九十九折れが重なって、4段くらい上の道路のガードレールが見える!!

DSCF1289.jpg

立体交差かよ!!って見間違えるくらい、グネグネ。

DSCF1293.jpg

グラベルロードのビンディングシューズは、ロード用?MTB用?そんな話題もあるみたいだけど...
そんなの実際に乗っていれば、必然的に決まるよね。

DSCF1294.jpg

斜度はキツイけど、九十九折れなので登り易い。
但し、雪が無ければ(笑)。

DSCF1305.jpg

あと、もう少し!!
立派な鹿に会いました。

DSCF1315.jpg

おー!!
見たかった、立岩の岩壁が見えて来ました!!

DSCF1319.jpg

勾配がキツクなると、スリックタイヤではどうにもなりません(涙)。
やっぱり、ブロックタイヤに履き替えてくるべきでした。

DSCF1325.jpg

やったー!!田口峠に到着です。
登っている間、車は1台も通りませんでした(笑)。

DSCF1328_20160303214926383.jpg

立岩をアップで、もう一枚!!
カッコイイなあ~。

DSCF1321.jpg

実際に峠は隧道になっていまして、トンネルを抜けると...
そこは雪国でした(爆)。

DSCF1342.jpg

この時点で、信州に下りて内山峠で帰って来るプランは時間的に厳しくなることが判明したので、断念。
山は逃げません、雪が解けて内山峠の旧道が開通したら再チャレンジです。

DSCF1357.jpg

でも、諦めきれずにちょっと下って様子を見たりしたんですけどね。
下れないことは無いんだけど、やっぱり時間が掛かってしまう。

DSCF1350.jpg

でも、綺麗な景色を見れて、やっぱり来てよかったです♪
凍った小川ですが、同時に春の訪れを感じますね。

DSCF1364.jpg

ということで、今回のパスハンティングは田口峠でした。

DSCF1359.jpg

周回ではなく田口峠までの往復なので、距離64km、獲得標高1650m。
時間さえ余裕があれば、1周したかったですが残念!!

スポンサーサイト