マウンテン サーフィン 2

トレイルライド
03 /02 2016
以前から、整備すれば楽しいだろうなあ~、と思っていた近所のトレイルを整備しました。
道路工事で寸断された、クローズドなトレイルです。

藪っぽくて難儀しましたが、綺麗になりました♪

DSCN2470.jpg

1分弱で走り切ってしまうショートDHトレイルですが、グネグネです。
誰も入らないので、油の載った落ち葉に埋め尽くされていてウルトラスリッピー。

実際に僕が履いているのはブロックタイヤではなくDJ用のタイヤなので、怖い位にグリップしません。
しかし上手くバームを繋いで行けば、失速せずに気持ち良く走ることが出来ます♪

DSCN2466.jpg

ティティブ・ローカル向け
後日アテンドしますので、マナーを守って楽しんで下さい♪

先々週、一箇所シークレットにモトバイクが入って荒らされました。
雪解けで緩んでいる所に、掘り起こされてしまいました。

各自、シークレット・トレイルのエントリー時には、
降車して入り轍を作らない、目立たないようにエントリーする等、引き続きご協力をお願いします。

DSCN2475.jpg

路面はスムースなので、フロントフォークの重要性が感じられないかもしれませんが、実際は違います。

バームのボトムから駆け上がる際に、結構なGが掛かるので、コンプレッションがきちんと掛かるフォークが望ましい。
コンプレッションが掛からないフォークだと、バームを登る際にフルボトムして失速、最悪は前転する可能性も...

見た目は楽そうなのですが、想像以上に上半身の筋肉(特に上腕)を使います。

DSCN2512.jpg

動画を見て頂くと分かると思いますが、
斜度・屈曲共に大きいコーナーが続くので、フロントタイヤ主導の走りになっていますね。

その点、このスペシャルフォークは剛性が高いので、安心して走ることが出来ました。

DSCN2518.jpg

誤解を招くことを承知で書くと...
ミッドファットに乗っていると、ある程度自転車任せで走れてしまうので、下手っぴになりそうで怖い(笑)。

現在盛り上がっている、BOOST規格に基づく「エンデューロバイク & 27.5+ 」というのは、
競技者や上級者が更なるアドバンテージを得る、というのが主目的だと思うんです。

しかし競技志向でない29+ や 26+ 、27.5+ は、ファンライドが主目的ですかね。

ですから、イージーに乗れるのは正しい方向性であり、初心者にこそミッドファットが向いているのではないか?
そのような話を、今泉さんともさせて頂きました。

DSCN2510.jpg

僕は決してテクニック至上主義ではないんだけど、
まだまだ上手になりたいと思うので、通常幅のタイヤのMTBも合わせて乗りたいな。

そんな使い分けも良いのではないかと、今回思いました。


※撮影はシークレットトレイルで行っています。

レッツ、マウンテン・サーフィン!!

スポンサーサイト