DIA-COMPE R1 Disc Brake

新着情報
04 /13 2016
DIA-COMPE で取り扱う JUIN-TECH R1 Disc Brake 、気になります。
コチラ → JUIN-TECH ”R1 Disc Brake”

僕はロードで割と標高の高い山に登るので、下りでメカディスクに限界を感じることが時々あります。
絶対的な制動力は油圧には劣るので、ブレーキを引きずり気味で下るためです。

八丁峠の下りでは、MTB以上にディスクが熱くなっていて驚いたくらいです。

ワイヤー引きの油圧ブレーキに付いては、
店長がTRPの同システムのブレーキで、「タッチを出すのが大変」だと教えてくれました。

あと、オイルラインが全てキャリパー内に収まっている為、蓄熱しやすそうなイメージはありますね。

bk-red.jpg

メリットとしてはキャリパー交換だけで、メカディスク→油圧ディスクに出来る(STI レバーで引ける)。
ブレーキパッドがシマノ XTR M965/966互換、ミネラルオイル使用ってところかな。

この製品、発表になる前に自転車部さんがテストしていたんですよね。
だから、信頼性は問題ないだろうと思います。

前後セットで¥19.800なので、かなり気になっています♪

juim.jpg

勿論油圧の方が優れていることは、MTBで身に染みていますから百も承知です。

しかし現状はMTB用コンポほど、
デュアルコントロールレバーの油圧対応コンポは、ミドル~エントリーグレードまでは採用されていません。

自転車の楽しみ方も多様になって来ていますから、自分が求めている機材を選択するのが一番だと思います。
ビンディングシューズの使い方にしてもまた然り。

別に、型に嵌る必要はないと思うんですよね。

スポンサーサイト