ホローテックⅡ用BB MTB用とロード用

カスタム&メンテナンス
02 /17 2016
山は雪で一杯なので、ロードにブロックタイヤを履かせて林道ライドを楽しみたい所ですが...
実際は、土日も朝まで一人で仕事してました(涙)。

ロードバイクから異音が出るのでクランクを外してみると、BBのベアリングが死んでいたので交換しました。

思えば、雨の中を走ってから異音が出始めたような。
シマノのBBって強いって聞くけど、雨の中乗ると前タイヤの水しぶきがBBにもろに掛かるからなあ。

DSCF1209.jpg

因みにクランクを CX-70 に交換する際に、BBもホローテックⅡ用になったのですが、
適当人間の僕は、手元にあったMTB用のBBにスペーサーを1枚挟んで使用して来ました。

DSCF1215.jpg

そう皆さん知ってるかと思いますが、ホローテックⅡ用でもMTB用とロード用ではBBの厚みが違うんですね。
MTB用は、実測10.3mm。

DSCF1211.jpg

ロード用は実測11.3mmで、1mm厚みが違う訳です。

DSCF1212.jpg

まあ今回も手持ちの在庫部品から漁ったので、グレードとか良く分かりませんが。
どうせ塩カルビじゃなくて(笑)、塩カルの中を走るので、まともに回れば良いのですよ。

DSCN1555.jpg


今話題の?動画。
チェーン付 vs チェーンレスの動画。

先ずはチェーンレスで乗れるかって問題があるかと思うんですが、やったことがる人は難しさが分かるよね。
普段無意識にクランクを踏み込んで安定させているもんだから、踏ん張れないし、脛を強打するでしょう(笑)。

この動画の真髄は、やはり「プッシュ&プル」の重要性なんだと思うな。
荷重&抜重を駆使してロスをなくし、バックサイドを利用して加速する。

我々オヤジライダーは機材でカバーするってもの有りだと思うんだけど、やはり機材よりも技量。

バニーホップのムーブやパンプトラックでのライドには、バイクコントロールに必要な物が詰まっていると思います。




チェーンレスとは異なりますが、以前パンプトラックをブレーキレスで走った時に、感覚が研ぎ澄まされる気がしました。
ブレーキレスで減速できないとなると、これまた無駄を極力なくそうとロスの無い走りを心掛けるんだよね。

コチラ → 朝パンプ~!
動画  → パンプトラック ~ Dusty Pumpy ~

スポンサーサイト