お詫びと、26+&24+ ミッドファット

26インチ プラス バイク
01 /24 2016
先ずは、お詫びを。

以前のポストで、今年のハンドメイド・バイシクル展に Monkey 00K をオマージュしたフレームを展示すると書きましたが、
今泉さんから連絡を頂き、パイプ材やビルダー高井さんの都合により、今年の出展を見合わせるとのことでした。

本当ならば、開催される前にこの旨を書きたかったのですが、
今週は午前4時まで残業して仮眠、点滴を打って仕事の繰り返しで、Blogの更新も出来ませんでした。

もし僕の記事を見て、モンキー&サンライズ・サイクルさんの共作を楽しみに訪れた方がいらっしゃいましたら、
本当にごめんなさいね。


ってなことで、再び腰の具合が悪化してしまいました。
くそー、この歳で11時間残業とか続けられっかよ(怒)。

まあ今日は法事でしたし、この大雪では自転車も当分無理なのでね。
街中でもこの状態ですから、山なんて50cmは雪が残っています。

DSC_0223_20160124183434e14.jpg


法事から戻った後、自宅の畑に自転車を出して写真を撮って見ました。

Monkey 98ST7 26+ Ver.

DSCN2246.jpg

DSCN2248.jpg

Monkey 98ST6 24+ Ver.

DSCN2250.jpg

26+ & 24+

DSCN2259 - コピー

DSCN2263.jpg

左: HALO Contra 24x3.0 、右: SURLY Dirt wizard 26x2.75。

DSCN2265.jpg


26+と言えば SURLY INSTIGATOR ですが、24x4.0 のファットタイヤを履かせている画像を見つけました。
83mm幅のクランクを使用したり、色々と苦労はあるみたいですが、収まるもんですね!!

タイヤは Specialized Ground Control 24x4.0 、リムは Halo SAS Pro 24 wheels(36mm)で、
チェーンステイのクリアランスは、5mm確保出来るそうです。

変態な INSTIGATOR 乗りさんは、試してみる価値があるかもよ!?
コチラ → 2014 Surly Instigator

僕も、Monkey 98ST7 で試してみようかなあ。
36mm幅の24インチ・ホイールはあるから、あとはタイヤとフォーク、クランクか。

でもチェーンステイのクリアランスは、98ST7の方が狭いみたいだから、流石に無理かな(笑)。

68mm幅のBBシェルに83mm幅のクランクを使用するって、身近な所にも似たような変態さんがいるなあ(爆)。
内輪ネタですみません、近いうちに?そんな愛すべき変態さんの自転車も紹介できると思います♪

1022673d1444996076-2014-surly-instigator-24x4-24x4-instigator.jpg
(via: mtbr.com)


ところで、各地で雪が降っているからでしょうか?
最近やたらと「MTBタイヤ 棕櫚縄」という検索ワードで訪れる方が(爆)。
※棕櫚縄(しゅろなわ)

僕もファットバイクが出現する前から?スノーライドを楽しんでいるので、棕櫚縄で走っていた時期もあります。
凍結路面以外では、それなりに効果はあると思いますが、それ以上に面白いでしょ(笑)。

巻く時のコツはね、タイヤの空気圧を落とした状態で巻いて、後で空気を入れるの。
そうするとテンションが掛かって、縄も締まるんだよね。

P1090075.jpg

P1090055.jpg

前のBlog、勢いで消してしまわなければ良かったなあ...
良く考えれば膨大な情報量だよね、この古い画像を見つけるのも大変でした。

殆どが、おバカな内容だけどさ(笑)。

スポンサーサイト