MOTION Fork

新着情報
10 /11 2015
ちろさんの所で、面白いフォークがReblogされてました。
フランスのMOTIONのフォーク。

MTBではリンク式のフォークが少数ではありますが、一部のマニアの方に?使われ続けていますが、こ奴は如何に?

9ca5aa4a74cbe1d71471100ab891fca3144447745028.jpg

一番の特徴は、カーボン製のリーフスプリングを使用している点でしょうか。

それと、リンク式のフォークとしてはロングトラベル(80~160mm)に対応しているようです。
これはリンクを巧みに組み合わせることにより、アンチダイブ機能も優れている為でもあるでしょう。

重量は、27.5"のエンデューロ用が約1800g、29"のXC用が約1500g。

4498b4bf0c90ce10fd9d5f4ba4c938701444477446100.jpg

気になる点は、ダンパーの存在でしょうか。
下の画像はプロトタイプの画像ですが、見当たらない(あくまでもリンクの検証用だと思われます)。

これだけストロークが長いとダンピング無しでは、まともな操縦性が確保できると思えないし...
想像するに、一番大きな軸にロータリーダンパーが搭載されているのかな。

その割には調整機構も見当たらないけど、現代のコンペ用で使うとなると最低限のセッティングが出来ないとね。
まあ、その辺りは追々公開されて行くのでしょう。

4634692dc8da76f99fb401d50064c15e14444774452.jpg
(via: velovert.com)

既存のリンク式はどうしても慣性が大きく、ハンドリングが重くなりそうですが、MOTIONはかなり軽量ですね。
ストロークするとトレール量が変わってしまいそうですが、その辺りはリンクで上手く制御しているんでしょうね。

また、変態さんの面白いアイテムが増えそうですね!!

スポンサーサイト