日本の土木技術に驚愕

ロードバイク
09 /07 2015
明日まで仕事が空き気味なので、休暇を取りました。
一品物を作る仕事なのでね。

天気がイマイチなのは承知ですが、まあ乗れたらラッキーみたいな感じで。
僕も、自転車に乗ってばかりな訳ではありませんので(笑)。

3時間ほど時間が出来たし、天気もなんとか持ちそうなので、近場のダート林道へ。

結果から言いますと、なんと半年の内に全線舗装されていました...
これには、本当にビックリ。

こんな山奥の林道を舗装化する必要が有るか否かは別として、凄げえな日本の土木屋さん。
なんて施工スピードなんだ!!

この山は本当に急峻で、この法面の工事なんて感心しちゃうな。
真下から見ると、とんでもない斜度。

DSC_0218_201509071931363ce.jpg

旧峠へと向かう道は未舗装路ですが、最近の雨の影響でかなり削られちゃっていました。
この後は両側とも深い溝が続き、ロードバイクでは前進が困難になったので引き返しました。

DSC_0216.jpg

秋の訪れを感じますね~♪
栃の実(トチの実)が、沢山落ちていました。

DSC_0212_20150907193612c8c.jpg

子供の頃、近所に大きな栃の木がある家があって、栃餅を作る習慣があったのを覚えている。
現在、家庭で栃餅を作るなんて家庭は在るんだろうか?

DSC_0213.jpg

30分ほど、雨に降られちゃいました...
距離50km、獲得標高1100m。

スポンサーサイト