水圧ブレーキ!!

新着情報
08 /30 2015
Brake Force One の、水で作動するディスクブレーキ。
Brake Force One H2O disc brake trades mineral oil for water

以下、好き勝手に書いていますが、
エンジニアの方が見ると色々意見もあるかと思いますが、僕に文句を言わないでね♪

brake-force-one-H20-hydraulic-disc-brakes-with-water01-600x450.jpg

水を使うと沸騰してフェードやベーパーロックを起こすんじゃ?と、誰もが心配になる所ですが、
垂直標高1500mをブレーキを掛けっぱなしで下るという過酷なテストをしても、水温が90℃を超えることはなかったらしいです。
(標高が高くなると、沸点が下がるのでちょっと心配?)

因みにミネラルオイルを使用した場合は、800mでフェードが始まったらしいです。

メーカーサイドの説明では、
水がミネラルオイルに対して5倍高い熱伝達率、2倍の熱容量及び低膨張率を有するので、耐フェード性が高いということです。

要はキャリパーで発生した熱を、水が高い熱伝導率で奪うので耐フェード性が高いと言うことだと思うのですが、
あくまでも自転車と言う、自動車と比べたら小さな運動エネルギーのキャパシティー内での話でしょう。

brake-force-one-H20-hydraulic-disc-brakes-with-water02-600x450.jpg

またDOTフルードは、フルードに入った水分が沸騰してベーパーロックを起こすことを防ぐ為に、吸湿する特性があります。

吸湿すると膨張するので、マスターシリンダーのリザーバタンクの小さなMTBでは、ブレーキを引きずってしまうことの多いDOTフルードですが、その辺りも解決されると。

それと、DOTフルードのブレーキのピストン、あの結晶化したヤツ嫌だよね...

実際には、凍結防止のために20%エチレングリコールを入れて、不凍液とするようですね(若干沸点も上昇)。
パッキン類に対する攻撃性が低いので、Oリング類も汎用品が使えたりして(笑)。

brake-force-one-H20-hydraulic-disc-brakes-with-water03-600x450.jpg
(via: bikerumor.com)

質量の大きな車両のブレーキ程、作動液の液温が上がらないからこそ、他のメリットが活きるってことだと思いますが、
どうなんでしょうね。

でも、本当に信頼性に問題がないのであれば、水が使えるとしたら手軽でいいかもね!?
着眼点は面白いと思うし、案外歓迎されたりしてね。

でも、不凍液は下水に流しちゃダメよ!!

スポンサーサイト