久しぶりのトレイルライド

トレイルライド
08 /14 2015
お盆休みを頂いていますが、相方ピートは休み無しなので、かつて使われていた道を走ってみました。
MTB復帰戦には、相応かな?

早朝の気温は22℃。
山間部特有の霧の中は涼しいものの、ヒルクライムをしていると湿気が纏わり付いてきて、快適とは言えない。
ってか、やっぱりロードとは違って、汗でびちょびちょ

大葉擬宝珠(オオバギボウシ)

DSCF0607.jpg

舗装林道のヒルクライム、以前はフロントはインナーで登っていたけど、ロード効果が現れたかミドルで十分でした。

ところで、トレイルライドを楽しむ上で、アテンドする人について行けるだけの最低限の基礎体力は必要だと考えます。
決して速くなくていいのです、待ってくれている間に追いつければ。

登りで余力を残せるくらいの体力が付けば、より安全に下りを楽しむことが出来ますしね♪

舗装林道からトレイルに入ると、古の時代から通行する人々を見届けてきたであろう、石仏が。
勿論、道中の安全を祈願しておきました♪

DSCF0611.jpg

う~ん、モトバイクが入っているようですね、見辛いけどコーナーというコーナーが掘り返されていました。
モトバイクがトレイルに入るのが悪いのではなくて、トレイルを掘り返してしまうのが問題なんですけどね。

登りながら出来るだけ埋め戻しましたが、大雨が降れば無駄骨かな(涙)。

ここ数年、僕等ローカルライダーが懸念していることがありまして...
結構な頻度でこの地を訪れるMTBのグループがいるのですが、トレイルの場所が分かるような画像を載せているんですよね。

こういった情報、ネットではジャンルを問わず、一部のマナーの悪い奴らが利用していることも分かっていないようです。

決して悪い人達ではないようですが、自分達が道を知っているのをアピールしたいだけ?
でも、ある程度は自重しないと、自慢したい道自体が無くなってしまいますよ。

どうしてもやりたいなら、自分の地元でやって下さいよ、ホント!!

DSCF0615.jpg

ピーク付近に到着すると、植生が変わりました。

どうもスズメバチの巣が近くにあったようで、執拗に威嚇して来るので、ゆっくり休めませんでした。
天敵の熊を襲う習性から、黒い色に過敏に反応するようなので、黒いヘルメットやウエアーは要注意。

DSCF0618.jpg

笹原に、山肌を駆け上って来た霧が漂い、幻想的な風景でした♪

DSCF0624.jpg

葉の表面は滴で覆われ、草花達が色めいていました。
でも、笹原はダニが多いので注意ね!!

DSCF0629.jpg

トレイルの状態は、倒木が多いけど良好でした。
整備を行えば走りやすくなりますが、また色々と書かれてマスが集中すると、トレイルが荒れる元になるしな。

道が無くならない程度の、整備が良いでしょう。
倒木は、モトバイクの対策にもなるしね。

DSCF0634.jpg

中には、こんな巨大バームも存在したりして。
ピートなら、どこまで使って(上って)回るのやら!!

DSCF0637.jpg

気温が上がる前に、無事降りて来ることが出来ました。
でも、結局汗ダクに変わりはありませんデシタ。

DSCF0635.jpg

僕の、Monkey 98ST6。
組んだ時は、ずっとこのフレームに乗り続けるんだと思い、今も変わらないのですが...やっぱり気になる、27.5”。

「俺は26”が一番!!」って言うセリフも、
27.5”を乗り込んで言うなら説得力もあるけど、そうでなきゃ買えない言い訳にしか聞こえない?

それと個人的に思うのは、
MTB自体が過去に幾度となく、こういった進化を経ているだけに、新しい機材を知っておいて損はない。

ドロッパーポストだって出たての頃は、
「フレームの高い位置に重量物となる物を付けるから、ダンシングすると如実に弊害が現れる」とか言う人も居ましたが...

少し脱線しましたが、特にロードに乗るようになってから、大径ホイールの恩恵を切に感じているし、
実際にダブトラのダート林道の登りで、ピートの27.5”に追いつけないのが悔しかったなんて言えません(笑)。

「だったら 98ST7 買えよ!!」って話ですが、勿論金銭的な問題が一番大きいことに変わりはないのですが、
この 98ST6 のフレーム、試作の時から関わらせて頂いた、思い入れの強いフレームなのです。

このフレームを活かすとしたら、リアはリペイントする際にでもブリッジの位置を付け替えて貰えば対応可能。
その辺りは、流石にワークショップと名乗るモンキーさんの得意分野。

フロントは、ヘッドがストレートコラムしか使えないが故に、27.5"フォークのテーパードコラムが使えないのが問題。
予備のストレートコラムのEPICONがあるので、スタンチオンチューブの長さが26”と27.5”とが同じなら差し替え可能?

新品のフォークを買って、速攻スタンチオン&ステアリングコラムを差し替えるって、完全に変態ですが(爆)。
コチラは要確認ですね、サポートシャフトの長さで対応しているならラッキーなんだけどな。

DSCF0645.jpg

あ~、悩みが尽きない(笑)。
ってか、今度は Kindshock のドロッパーポストが壊れた!?

スポンサーサイト