八ヶ岳一周(麦草峠経由)

パスハンティング
08 /08 2015
腰の具合も良くなって来たので、復帰第一弾として?ロードバイクで八ヶ岳周辺を一周して来ました。

余談ですが腰の具合、良くなったり悪くなったりの繰り返しで、実は結構落ち込んだりもしていたのですが、
もっと酷い状況だったにも関わらず、手術を経て生活している旧知の友人のアドバイスもあり、精神的に楽になりました。

そんな彼は、趣味のランディングネット造りが評判を呼び、バックオーダーを抱えて連日暑い中で作業が大変なようです♪
十代の頃から、落ち着きのない僕とは違って信念を持っているように感じていた彼、いよいよガレージメーカーですね!!

良かったら、彼のFlickrをご覧ください → off_off_off's photostream


ちょっと脱線しましたが、

ルート的にはコチラを基本的に参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

僕はR141の八千穂からR299にアクセスしたりで、20km近く遠回りしてしまいましたが(笑)。



先ずは、道の駅「こぶちさわ」に車を停めさせて貰いました。
直ぐ近くに、セブンイレブンとローソンがあるので、そこで補給は出来ます。

この道の駅、とても涼しい所に立地しているせいか、朝の5時に到着した際には、キャンピングカーが沢山いました。


準備をとっとと済ませて、出発。
先ずは、八ヶ岳高原ラインを進みます。

気温は23℃、半袖ジャージだと少し寒い位い。
しかし、八ヶ岳牧場までダラダラと登りが続くので、そんな心配も直ぐに吹き飛びました。

DSCF0564.jpg

八ヶ岳牧場に到着しました。
早朝はトイレは閉鎖されていて、使えませんでした。

DSCF0567.jpg

これから、あの山塊の裏側を登って帰って来ると思うと、興奮してしまいました(笑)。

DSCF0569.jpg

牧場以降の八ヶ岳高原ラインは、アップダウンを繰り返しながら進みます。
早朝だからかもしれないけど、車も少なくて快適でした♪

DSCF0571.jpg

基本的に、頭の中の地図で進行方向を決めていたので、どこでR141に合流するか迷っていたのですが、
清里駅を見てみたくて八ヶ岳高原ラインを外れ、清里の街中へ向かいました。

今まで稼いだ標高を、一気に下り降りることに抵抗を覚えつつ、清里の街中へ。
スミマセン、想像していたよりもこじんまりとしていて、直ぐに後にしました(笑)。

R141に合流して、早速登り直しです。
清里の街中に下りなければ、それ程登り返さなくても済んだようです。

R141を登り続けると、野辺山の電波観測所の看板が見えて来ました。
最近、SETIを題材にしたSF映画「コンタクト」を見たばかりだったので、キヴンが上がった!!

DSCF0574.jpg

少し進むと右手に、大きなパラボラアンテナが見えます。
20年ほど前に、友人とココに訪れた事を思い出しました~。

野辺山付近のR141は、平坦でとても走り易かったです。
コンビニも普通にあるので、ここで補給をしておいた方が良いです。

DSCF0575.jpg

R141は、野辺山高原を過ぎると、南牧村まで一気に標高を落とします。
南牧村~小海町辺りは道幅が狭く、木材を積んだ大型車も多いので少し走り辛かったです。

この区間は、コンビニも休憩できるような場所もありませんでした。
佐久穂町に近づくと、ようやくコンビニが出て来ます。

このままR299に入ると、麦草峠手前のレストハウスまで自販機もありません。

R299へと曲がる、交差点が見えて来ました。

スタートして、この時点で50km。
足が残っているといいんだけど(笑)。

DSCF0577.jpg

R299に入ると峠の取りつきまで、ひたすらダラダラと登り続けます。
しかも日陰が無くて、兎に角暑かった。

ここが一番、辛かったなあ...

ルートラボで、この辺りをショートカットしているのは、そのせいなのかな?
本当に田舎道で、コンビニは勿論自販機もありません。

DSCF0578.jpg

R141からR299に入って、麦草峠まで26km。
標高は800mから2100mまで一気に駆け上ります。

斜度は、めちゃくちゃキツイって程ではありませんが、高度を上げるための直線部分が長く、僕には登り辛い峠でした。
個人的には、大血川林道みたいな感じ。

「レストハウスふるさと」で、ソフトクリームを買いました(300円)。
本当に美味しかったので、写真を撮ることに気付く間もなく食べてしまいました(笑)。

もう一人、サイクリストの方も食べていたので、定番のようです。

DSCF0579.jpg

幾分元気を取り戻し?頑張ります!!

標高2000mを超えて「あともう少し!」というタイミングで、この看板が心を折に来ます(笑)。
「コノヤロー!!」。

DSCF0581.jpg

そして峠に到着。
やった!!

峠の頂上は、眺望が良い訳でもなく...
みんな、この看板と愛車の写真を撮って帰って行きます。

写真を撮っていても、次の人が訪れると場所を譲って行く。
勿論、素晴らしいことなんだけど、見ていてなんだか可笑しかった(笑)。

DSCF0585.jpg

これだけ登ったので、下りも長くて楽しかったです。
ロードバイクでの下り、場合によっては車よりも速いんですね!!

この峠、下っていて気付いたのですが、茅野市側から登る人の方が多いのかな?
佐久穂町側から登っている人は、あまり居ない様子でした。

DSCF0595.jpg

峠を下り終わって、今まで通って来た方面を望む。
以降はR299 芹ヶ沢南交差点を左折して、八ヶ岳エコーラインを進みます。

DSCF0597.jpg

この八ヶ岳エコーライン、広域農道なのでコンビニや自販機はしばらくありません。
峠を制覇して喉が渇いている場合は、峠を下りて直ぐの自販機を見逃すと後悔する可能性も!?

ひたすらエコーラインを進み、県道17号から県道11号を経て、ゴールの道の駅です。

麦草峠からの復路は、約44km。
特に見所はありませんでしたが、日本の原風景が沢山残っていて楽しかったです♪

DSCF0601.jpg

ルートラボで調べた際には約100kmの行程でしたが、上記した通りのルート取りで約121kmでした。
次回は、もう少し涼しい時期に来てみたいと思います。

※峠頂上付近は下界よりも5℃は気温が低いので、季節や天候によっては注意が必要です。


スポンサーサイト