カインドショック LEV 272

ギア
06 /07 2015
今更ながら、ドロッパーポスト付けました。
僕等が楽しませて貰っているトレイルの多くは、トレイルに入ると下りっぱなしなので、必要に迫られていなかったんですよね。

しかし、今まで全く使っていなかった訳でもなく、元祖ドロッパーポストとも言える?KSP-850も現役です♪
こちらはシートチューブの短いA-10用に、2段ロケットとして使っています。

R0016112_20150607201448b3b.jpg

それと、1年ほどお借りしていた Monkey 98SH+1 についていた、X-Fusion Hilo も使わせて頂いていました。
こちらは、どうにも動きが渋くて、シリコンオイルやスリックハニーを塗ったりしましたが、イマイチな印象でした。

R0017343.jpg

そして最近少し遠回りしましたが(笑)、KIND SHOCK を使ってみようと思いました。

ピートもLEVを使っているし、LEV272の元祖とも言える Super Natural も、ノリさんに触らせて貰ったことがありました。
この別体式タンクも、嫌いではなかったです(笑)。

R0010620_2015060720202307d.jpg


KIND SHOCK LEV 272 です。

DSC_0202_20150607202202188.jpg

付属品一式。
流石クワハラさん、日本語の取り扱い説明書も付属しています。

DSC_0208.jpg

シートポストのヤグラは、2ボルト式(M5ネジ)になっています。

DSCN1763.jpg

カーボンファイバー製の、美しいリモートレバー。
バイクを逆さまに置く癖のある僕は、一日でグサグサになりましたが(笑)。

ODIのロックオングリップと互換性があるので、その場合はよりグリップ側に取り付けることが可能ですね。

DSCN1768.jpg

アジャスター付きのリードパイプが付属しているので、ケーブルラインにも無理がありませんね。
良く分かっていらっしゃる。

DSCN1761.jpg

流石、カインドショックだなあ!と思ったのは、リモートケーブルの取り出し口を20度ごとにアジャスト出来ること。
正確には、ヤグラが20度刻みでアジャスト出来るのです。

R0017495.jpg

取り合えず無難にシートステイの間を通したので、こんな感じに。
KSのロゴの蓋を外して、ワイヤーをタイコに引っ掛けるための部品を付けるのですが、説明書を見れば問題ないでしょう。

DSCN1762.jpg


~考察~

・外観や仕上げは素晴らしく、値段相応と思える。
 また、長年ドロッパーポストを開発して来ただけあって、痒いところに手が届く配慮が感じられる。

・操作性には、癖がある。
 シートポストの伸びるスピードは俊敏とは言えない。
 これは想像するに、シリンジにワンウェイバルブが付いたような機構で、ポストが伸びてチャンバー内が負圧になると吸気し、
 ポストを縮めるとチャンバー内の空気が圧縮され、空気バネとして動作するのだろう(アシストスプリングも内蔵していると思う)。
 実際に、このモデルにはポストの伸び側のスピードを調整するエアーバルブは存在しない。

 また、ポストを縮めるのにもコツがいることが分かった。
 レバーを押し、手でサドルを下げると問題ないのだが、バイクに跨ってオシリでサドルを下げようとすると下がらない。
 10分ほど考えた末、ポストを縮めるスピードが速すぎると、途中で止まってしまうことが分かった。
 体重を掛けて勢い良くポストを縮めようとすると、理由は分からないが逆止弁が作動してしまうのだろうか?
 丁寧にゆっくりとポストを下げると、何事もなかったようにスムースに動作する。

※初期不良でした、下記追記事項を参照下さい。

以上を踏まえると、伸び側も縮側もお世辞にもレスポンスが良いとは言えないので、ライドの際には早め早めの動作が必要。
まあ、これは慣れれば問題ないと思う。

これだけ質感が高いだけに、少し惜しい所だと思う。

最後にトラブル防止の為に、自己融着テープを巻いてみた。
馬鹿にすることなかれ、こういった長年の経験を基にしたことで救われることが、たま~にあるのです山では(笑)。

DSCN1798.jpg


今日はドロッパーポストの有用性を試すために、アップダウンの続く尾根伝いのトレイルを走って見た。
そこで感じたのは、ドロッパーポストを操作するような激しいアップダウンの場所では、フロント・ギヤもシフトしたくなる。
しかし、フロント・ギア、ドロッパーポストの両方を操作しようとすると、混乱することがあった。

現在デフォルトになりつつある、フロント・シングル+ドロッパーポストという図式も、この辺りも関係あるんだろうな。
操作が一つ減るだけでも、その分ライドに集中できるからね。




今日は、登りの多い動画でした(笑)。
98STは、良く登るバイクでもあるんですよ~♪


~ 2015.8.16 追記 ~

先日のポストで触れましたが、Kindshock LEV272 動かなくなりました~。
インプレの際に書いていますが、お尻でサドルを下げようとすると上手く下がらない時点で怪しむべきでした。

先日、シートポストが伸びた状態でバイクを炎天下に置いて於いた所、リモートレバーを押しても下がらず。
その時は、日陰に移したところ作動するようになったのですが、本日また動かなくなりました。
今回は、冷やしても微動だにせず(涙)。

お尻で速く下げると動かないとか、シートポストが熱くなると動かないとか、ピストンの内圧が上がる事が関係ありそう。
分解してみたいけど、取りあえず保証期間内は大人しくしておきますか。

因みに、リモートレバーのワイヤーの引き代ではないかと疑いましたが、アジャスターで引き代を詰めても変わらず。
大体、動いていた物が突然動かなくなること自体、怪しい。

取りあえずショップの営業が始まったら見て貰い、問題あるようならメーカーに送って貰います。
もう、まともに使えるドロッパーポストって何なのさ~(涙)。

その後の状況が分かり次第、報告出来ればと思います。


~ 2015.8.25 追記 ~

修理に出していた、KindShock LEV272 が帰って来ました。
お世話になっているショップの高橋店長、ありがとうございました。

クワハラさんも一週間で送り返してくれたし、実際に作業をして下さった方が作業内容を説明してくれたみたいで安心。
例え不具合があったとしても対応次第で、次もKindShockにしようかななんて、思う訳ですよユーザーは。

一番原因として考えられるのは、内部のワイヤーの張りが若干緩かったようで、張り直して頂いたようです。
同時に、グリスアップもして頂きました。

内部の構造を知らなかったからアレなんだけど、内部でもワイヤーで引いているとはね。
リモートレバーからのワイヤーを引いても、内部のワイヤーが緩ければリリースし切れていなかったのかもしれませんね。

炎天下に放置しておくと動作しなかった件は不明とのことですが、内部のワイヤーが緩くてギリギリの状態の所に温度上昇
ワイヤーが熱膨張して、リリースし切れなくなったって可能性もなくは無いのかな?

ワイヤーロープの温度変化による伸び(または縮み)は次式により求められます  →  △l=α×L×t

△l:温度変化によるワイヤーの伸び(または縮み) (mm)   
L:ワイヤーの長さ (mm)                        
t:温度変化 (℃)
α:ワイヤーの線膨張係数  SUS304 17.3×10-6 (℃ -1) (0°~150℃)

DSC_0209.jpg

あと、「ワイヤーの引き出し位置を動かしましたか?」という質問があったようですが、
僕はいぢっていないので、もしそうのように組まれていたならば、組付け時だと思われます。

なんでも、ワイヤーにフリクションが掛かる方向になっていたとか。
多分、ワイヤー受けのリングが180°違って組み付けられていたんだろうな。

DSC_0212_2015082521214670d.jpg

動作確認をしても、ちゃんと動作するようになったのは勿論、修理前よりも動きが明らかに良くなりました♪
暫く、様子を見てみようと思います。


~ 2016.1.2 追記 ~

Krisさんのドロッパー・ポストも、KindShock の LEV なんですが、
今日話をしていて、やはりポストが縮まなくなるトラブルが多々発生すると言うことが判明...

んで、休憩中に2台とも日向に置いて於いた所、2台ともポストが縮まなくなるという症状が出ました(爆)。

症状としては、レバー操作が明らかに重くなり、ポストが伸びっぱなしで縮まなくなります。
そして暫くすると下がるようになり、何回か伸縮すると正常に戻ります。

そしてKrisさんも同意見だったのですが、暫く放置する際はポストを縮めて(下げて)置く。
そうすると伸ばす際に、一旦気温と同温度の外気を吸気するのでトラブルを回避出来るというもの。

今日はね、二人ともそのことを忘れていて、伸ばしたまま日向に放置してしまった(笑)。

本来伸縮する物は伸ばして保管が鉄則だと思うんだけど、コイツだけは別ですね。

買ってパッケージを開けた時にはレバーを押しても伸びないので(ちと焦る)、手で引っ張って伸ばす必要があるし、
実際に縮めた状態で1週間も置いておくとエアーが抜けて、上記と同じ状態になるので大丈夫かと...

勿論、この方法で保管して問題が発生しても責任は取れませんので自己責任で。
でも、このトラブル?を抱えている人は多いというか、皆そうなんじゃね?

Kris さんがドロッパー・ポストを買う際に相談してくれて、僕と Peat が使っているからと KindShock を選んでくれたので、
ちょっとショックですね...てか KindShock もっと頑張れよ(笑)。

スポンサーサイト