DT SWISS RWS スキュワーを試す

ギア
06 /14 2015
QR(クイックリリース)の代わりに使用すると、飛躍的に締結力が増すと好評な DT SWISS RWS 買ってみました♪

DSC_0198_20150606232153374.jpg

因みに、DT SWISS ブランドと、GIANT ブランド(共同開発モデル)が在り、GIANT ブランドの方が若干安価のようです。
しかしながら、GIANTブランド製のナットには「回り止めのボス」が付いていたりと、機能的にはコチラが上のような気もします!!

概要は、ざっと動画をご覧下さい♪



以下、考察。

RWSとはラチェット・ホイールマウンティング・システムの略ですが、実際にはラチェット機構は採用されていません。
ラチェット機構とは一般的に「ワンウェイクラッチ」を採用した機構のことですが、単にクラッチ機構が使われているだけです。

コレは、以前のモデルが実際にラチェット機構を採用していた時の、名残りのようですね。

ナットの回り止めのボスといい、レバー側のフローティング機構といい、締結力を増すだけでなくエンドにも優しい機構です。
特にエンドに金属を採用していないフルカーボンのフレームにとっても、スキュアー座面によるカーボン表層の破損リスクも少なくなるメリットもあるのではないでしょうか?

但し、QR以上にトルクを掛けてしまうリスクも高くなるので、要注意。
上記したカーボン製のエンドの破損リスクは勿論、カップ&コーンのハブにオーバートルクで締め付けるとハブの回転に影響が出るようなので、適正トルクを守りましょう。


さてさて、使ってみての感想ですが...
「走り始めて直ぐに、剛性アップを感じることが出来た!」なんて、書きませんよ(笑)。

自転車乗りにとって「剛性」って、凄く便利で且つ「通な」言葉のように使われていますよね。
でも、僕等みたいなホビーライダーが少し走っただけで、本当に感じられるものなのか?プラシーボ効果の方が大きいのでは?
一口にリアの剛性が上がったと言っても、タイヤの空気圧は同じ?スポークのテンションだって影響するよね。

特に135mmx10mmアクスルの場合、QRやスキュワーは、あくまでもアクスルを補助的に固定しているに過ぎない。
だから極端な話、普通に乗っている分にはQRやスキュワーが正常な状態で固定されていれば、むしろアクスル自体の剛性の方が影響は大きいと思う。

同じ135mmx10mmでも、カップ&コーン式のように貫通したシャフトのものもあれば、シールドベアリング式ではベアリング間にカラーが入り両脇は切削物のアダプターを採用している物も多い。

因みに僕は今まで一貫して、締結力が高いと評判だった、シマノのXTグレードのQRを愛用して来ました。
コレに不満は全くありませんでしたが、アルミフレームに乗っていた時は、リアを捻って着地させてアクスルがエンドから外れたことが何度かあったな...
※クロモリフレームに乗るようになってからは、一度もないが。


従って動画のようにリアを捻りながらとか、リアバックが開くような外力を与える挙動には効果が大きいのではないかと思います。
このようなシチュエーションの方が、より恩恵を感じることが出来るのではないかと。

だからこそ、じっくり乗ってみてから判断したいと思います。
しかし、現状でも造りの良さや機構が理にかなっていて、買って損は無いと思っていまして、もう2セット買おうかなと(笑)。

でも後日追記で、「凄い剛性アップを感じられた!」なんて書いているかもしれません、その際はお許しを。
余談ですが、ハードに乗られている方ほど、BMXのリアに採用されている14mmアクスルの存在意義を感じているのでは?

DSCN1821.jpg

少し脱線しますが、上記のようなことを書きましたが、人間の感覚の鋭さに驚かされることもあります。

モンキー98ST長期レポートの中でも書きましたが、撓ることで知られるモンキー98のリアバックですが、
今泉さんの話では、実際に演算解析してみると1mmも動いていないのだそうです。

しかし人間はこの1mmにも満たないリアバックの動きを、「撓り」や「ウイップ」として感じることが出来るのです。
う~ん、人間って素晴らしい♪


~ 2015.9.19 追記 ~

今回初めてリアホイールの固定にRWSを装着して常設を走ったんだけど、緩んでしまい2回締め直した。
1回目は、ホイールがガタガタになる位い緩んでしまいました。

僕の、初期締め付けが甘かったのかなあ~。
もう少し、様子を見てみます。

DSCN1905.jpg

~ 追記 ~

MTBで使用すると、どうにも緩んでしまうので使用を止めました。
ロードで、使ってみたいと思います。

スポンサーサイト