Flow of fallen leaves

自転車 全般
05 /17 2015
今週は横浜まで出張したり、協力工場さんに伺ったりと、慌ただしくて更新できませんでした。

DSC_0200_20150517214228f05.jpg

土曜日は仕事の前にロードに乗ってから医者で点滴注射、そいで仕事と予定していたのですが、雨でしたね...
外食をすると太るから、ロードに乗って脂肪燃焼させたいっす。

R0017370.jpg

今日は朝から昼まで、トレイル整備のために山に入っていました。
凄いねコレ、イノシシが掘り起こした穴ですね。

DSC_0203-1.jpg

落ち葉の堆積が凄まじいですが、あえて落ち葉を掃くことはしません。
MTBre目線で見ると、落ち葉を掃いた方が障害物の確認が出来るし、スピードが乗って良いかもしれません。

しかし、斜度が緩い地形ならそれも良いかもしれませんが、急峻な場所では落ち葉が雨水の流れを抑えてくれるのです。
これは僕だけの考え方ではなく、交流のあるドイツのライダーさんも同じ考えでした。

自分達の都合の良い方に解釈してしまわぬよう、気を付けて行きたいと思います。

DSCN1738.jpg

今日予定していた整備を終えて、ピートと動画を撮る前に実験的に動画を撮って見たんです。
ところが不覚にもハンガーノックに陥りまして、途中で撮影も嫌になって下山しました(笑)。

整備の道具も担いでいた関係で、水は持っていたけど行動食を持たなかったんです。
それと自走ヒルクライムの時に峠で、ロードのお兄さんと抜きつ抜かれつの状態になってしまい、引くに引けない(爆)。

そんな訳で、またも中途半端な動画をアップする野郎です。
撮り貯めるとか出来ない性格だし、ただのビデオ日記ですから(笑)。



夕方16時過ぎに時間が出来たので、日没までロードで体脂肪燃焼。
麦畑が、金色に輝いていました♪

30km走った辺りで、再びハンガーノックに。
夕飯前だからね、反省はしません(笑)。

DSC_0207-1.jpg


ところで、DVO Diamond 、カッコイイですね♪
何と言っても、色が良い(笑)。

あい、わたくし生粋のミドレンジャーでございます。

s1600_DVO_Diamond_Fork.jpg

Vital MTBの記事を読んでいて気になったのは、OTT adjustment。

DVOではフォーク摺動のレスポンスを上げるために、エアー・スプリングをハイプレッシャーにしているようです。

その為にネガティブ・スプリングも、それに見合ったスプリングレート&自由長のスプリングを採用しているのですが、
この OTT adjustment 、ネガティブのプリロード量を調整できるようなんです。

無題

これによって、ネガティブがアシストいている領域の動きを、調整できる訳ですね。
アジャストダイアルの表記が、sensitivity(感度)となっているのがネガティブ・スプリングの役割を良く表している。

実は僕が試させて頂いている、EPICON・AXON用 試作ネガティブスプリングですが、他の味見ライダーさんからも、
スプリングレートの異なる数種類のスプリングを揃えれば、よりセッティングの幅が広がるという話も出ていたんですね。

実際にトレイルライドにそこまで必要か否かは別として、エアー・スプリングの特性を見掛け上調整出来るのは、
感覚の鋭いライダーさんには嬉しい装備のような気がします。

勿論、デュアルエアーって選択もある訳ですが、コイル・スプリングの方がシンプルで好みかな?

s1600_DVO_.jpg
(via : vitalmtb.com)

予定はないけど次に組むとしたらフォークは、SRサンツアーのAURONかな?と思っているけど、コレもいいね。

問題は、消耗品の供給状況ですかね?
MTBはその性格上、パーツはどうしても壊れますからね。

KOWAのドロッパーポストでトラブっている関係で、
ピートにも「あまりマニアックなの買うと知りませんよ!」って、もっともな指摘も受けているし(笑)。

その点SRサンツアーの場合どうにもならなくなったら、サンツアー・ジャパンに直接ゴニョゴニョ...
ダメ!!禁じ手ですぞい(笑)。

でも、例え高性能フォークが与えられたとしても、腕を磨く事が一番大事ですね♪

スポンサーサイト