ライテック フレックス ペダル

カスタム&メンテナンス
08 /10 2015
今日も、買い物ネタですみません。
LITEC FLEX ペダルです。

手軽にできるMTBの軽量化って、一番はペダルなんじゃないかと。
以前、NUKEのナイロン製ペダルを買って気に入ったので、まあ前記のNUKEといい、INSANES辺りも兄弟なのかな?

欲を言えば何か1ポイント、LITECらしさが有るとイイですね。

R0017481.jpg

近年トレンドになっている、薄型ペダルですね。
ペダル中央部が厚いので、気になる人は気になるみたいですが、僕は違和感ありません。

スパイクピンはM4のキャップボルトなので入手しやすいし、いざとなれば喰い切れるから安心。

R0017482.jpg

重量は、実測347g(ペア)。
今まで使っていた、シマノの旧DXペダルよりも大分軽くなりました♪

ヤバい、最近電子秤が頻繁に登場している...
昔はパーツの重さなんて、気にしていなかったのに(ジジイになった証拠)。

R0017483.jpg

最近、大分普及してきたナイロン製のペダルですが、普通に使う分には軽いし気に入っています。
強いて言えば、岩にヒットさせた時のフィーリングが少し気になるかな?

アルミ製のペダル、アルミとはいえ金属なので、ヒットさせた衝撃は大きいものの、変に引っ掛かることは少ない。
スチール製の、ピンに引っ掛けた時は別よ!!

対してナイロン製は、樹脂なので衝撃は少ないけど、岩に喰い付いてしまう感触がある。
MCナイロン自体は摩擦係数は低い材料ですが、材料の柔らかさ故に削れ易い(引っ掛かり易い)んでしょうね。

いつもスムースに走れるトレイルの動画ばかりUPしていますが、実はガレガレのトレイルも多く好んで乗っています。
だって、その方が映り栄えが良いでしょ(笑)。


余談ですが...
オフロードバイク(モトバイク)に装備されている、エンジンの下をガード&スキッドさせる、スキッドプレート。
友人が、「スチール製のスキッドプレートは良く滑るが、アルミ製だと柔らかくて引っ掛かるんだ」と...

雪かき用のスコップ、アルミ製はスチール製と比べると、道路を擦ると引っ掛かるのと同じことですね。
軽くて、いいんだけどね(笑)。

スキッドプレートとして使う場合は滑りが良い方が都合が良いし、トライアル的にアンダーガードとして使うならアルミとかね。
要は使い方によって、適した材料も変わってくるということなんでしょうね。

まあ上記の友人は、
オフロードバイクで腹を擦るような場所を好んで走る変態さんなので、一般的な意見ではないと思いますが...


アンダーガードと言えば、自転車では20”のトライアルバイクに装備されていることが多いですよね。
こちらは岩に引っ掛けたり、載せたりして使う訳ですが...

Streetが熱い頃には、MTBフレームにも装備しているフレームがあったんだよな~。
PLANET X   NEW JACK FLASH

PLANET X も今や、ロードバイクのフレームメーカーか...
あの頃は、熱かった!!

25395d1091788496-planetx-frames-experience-newjackflashside.jpg

明日から横浜に出張。
ホテルに戻るのは夜遅くなるだろうから、自転車屋さん巡りは無理だろうな。
近くに、ライディングスポットがあるといいな♪

スポンサーサイト