Fujifilm FinePix XP70

ギア
01 /20 2015
トレイルライドに携行するサブカメラとして、以前から目を付けていたフジフィルム FinePix XP70。

近県では安くても1万7000円代だったのですが、関西での出張先で1万5000円台で売っているではないですか!!
欲しかったイエロー、ブルーが売り切れ、このオレンジが最後の1台だったので迷わず購入しました(2014年8月)。

DSCN1238.jpg

僕がサブカメラに求めていたのは、紛失しても後悔しない低価格、防水・防塵、フルHD対応、接写に強い。

今まで長く愛用していたRICHO CX-1は、接写(特に望遠マクロ)が強くて長く使っていたのですが、
レンズ内のゴミが増え写り込むようになってしまったのと、動画性能がスマホにも劣るようになってしまったから(非防水)。

K0000021091.jpg

今回購入したXP-70は、低価格、防水・防塵に加えて対衝撃性も備えていて、こちらは合格。

動画機能は、僕の撮影する動画なんて「動画日記」の範疇から出ない代物なので、画質なんてこだわりませんが、
低照度時に撮影すると、まるで画素数の低いカメラで撮影したような、立体感の無いノッペリとした映像になります。

因みに、この動画がXP-70で撮影したものです。
前半の明るい場所で撮影したシーンは画質も納得ですが、低照度になると途端に画質が落ちますね(25秒から)。



そして肝心の接写は、全くと言っていいほど使えない。

僕は小さな植物が好きで撮影するのですが、全くと言っていいほど合焦しないのです。
仕方ないので、手のひら等でピントを固定(半押し)してから、被写体に移動して撮影しています。

但し、遠景等の描写・画質は、Webで使う分には悪くない気がします。

DSCF0033_201501200046141ec.jpg

それと、冬になって分かったことだけど、気温が5℃よりも低くなるとバッテリーがフル充電でも5分も使えません。
低い気温で電圧がドロップして電源が落ちちゃうなんて、昔のデジカメじゃないんだから...
最低限、秩父の山では全く使えないことが判明しました(涙)。

あとUSBコネクターの位置が絶妙に悪く、コネクターを引き抜き辛くて、USBケーブルのコネクターを1コ壊しました。
防水カメラ故に制約があることは考慮しなくてはいけませんが、バッテリーの充電もUSBを介して行うので改善を希望したいですね。

まあ価格なりと言えばその通りかもしれないけど、同価格帯のカメラでも基本性能はもう少し上の気がします。
買い替えるほどの余裕もないので、工夫して使ってみようかと思います。

DSCN1239.jpg

フジフィルムのカメラ、銀塩カメラの時代のEBCフジノンは凄く優秀だったから、基本的に好印象だったんだけどな。

少し高くても、オリンパスのTGシリーズにしておけば良かったかな...
こればかりは、安物買いの銭失いだったかなと反省。
スポンサーサイト