自転車の制作方法も多様化

自転車 全般
10 /15 2014
ちょっと面白かったので、Unprofessional cyclist さんより、転載。
カーボンの積層板をカットして、更に積層させてエンドを作っています。

3Dプリンターが一般的になるまで、
一部のマニアの方が3Dデータを輪切りにして、樹脂板を卓上マシニングセンタで加工、それを積層させて整形していましたね。

また数年前には Charge Bikes が、エンドを金属3Dプリンターで製作して話題になりましたよね。

charge-bike-eads-dropout-3d-printed-titanium-parts-4.jpg


自転車の素材、加工方法、加工ツールの多様化に伴い、従来の考えに囚われない造り方がこれかも増えて行くのでしょうね。
ただ、その恩恵を一番受けるのは、あくまでもユーザーでなければならないと思いますけどね。


tumblr_mus254Pzre1sb6mslo1_1280.jpg

tumblr_mus254Pzre1sb6mslo2_1280.jpg

tumblr_mus254Pzre1sb6mslo4_1280.jpg

tumblr_mus254Pzre1sb6mslo5_1280.jpg

tumblr_mus254Pzre1sb6mslo6_1280.jpg
(via; Unprofessional cyclist )
スポンサーサイト