SR suntour 2015 と、リコー WG-M1

新着情報
09 /20 2014
出張していて、アップしそびれていました。
SR suntour 2015モデル、なかなか面白いですよ♪
2015 カタログ

長年親しまれきたトレイル・モデルのEPICONが、名前を換えEPIXONに。
TRとXCの2モデル体制ですが、XCもホロー・クラウンが採用されて、さらに軽量化されているようです。

僕個人の想いとしては、一昨年前から投入されたRC2ダンパーの性能に満足できるだけに、
一部組付け不具合が出ていることに対しての対策を、しっかりと行って頂きたいと切望しています。

epixon.jpg

そして、要注目なのが?2015より登場の AION。
スタンチオン径φ34mmの、27.5&29インチモデル。

同セクターとしてはAURONが在る訳ですが(今季から29”モデル追加)、AURONがRC2ダンパーを採用しているのに対し、
AIONはRCダンパーを採用しているので、エントリーモデルになるのかな?

AURONがホロー・クラウン、チタン製Q-LOC2を採用しているのに対し、鍛造クラウン、スチール製Q-LOC2なのでね。

いずれにしてもBIG BROTHERS乗りの方にとっては、選択肢が増えたことは歓迎できるのではないでしょうか!?

aion.jpg

僕個人としては、DuroLUXが継続してラインナップされているのが嬉しいですね。
大好きな、Duro Air が無いのは寂しいけど...

次は、リア・ユニットも試してみたいな♪

page_84.jpg
(via; srsuntour-cycling.com)

一昨年、性能に見合った価格設定にした際には(それでも安価に変わりない)、色々言われたSRサンツアーですが、
近年の攻勢を見る限り、今後も僕達を楽しませてくれそうですね!!

ぶっちゃけ、低グレードのハブと組み合わされる機会の多い完成車用という枠を取っ払えば、各部の精度アップも可能なんだそうです。

頑張れ、SRサンツアー!!



リコーから、アクションカメラが10月に発売されますね!
リコー WG-M1

見た目は正直に言って...好きです!!

main_img_01-1.jpg

main_img_01.jpg
(via; ricoh-imaging)

最近、シマノのアクションカムを買った僕だけど、古巣から出たカメラ、とっても気になります!!
シマノ CM-1000の記事はコチラ → シマノ スポーツカメラ CM-1000

スポンサーサイト