フルサスMTB  ベアリング交換

カスタム&メンテナンス
01 /10 2014
正月休みに遡り、
時間の有る時にやっておきたいこととして、フルサスペンション・バイクのベアリング交換を行いました。

サスペンションを分解して行くと、一番回転角の大きく、負荷も大きいメイン・ピボットのベアリングがゴリゴリでした。
来シーズンは、走りまくろうと思っているので、良かった(笑)。


こういった作業は、正に「段取り8分」。
作業途中に工具が無くて焦ると、本当にろくなことがない(笑)。
僕も痛い経験が沢山あるけど、いらいらしてハンマーを持ち出したりしても、インロー部を痛めちゃったりして凹んだり...

今回は、パイロット・ベアリングツールの他に、
プーラーのヤグラを組めなそうな場所の為に、スライディング・ハンマーも事前に作っておきました。
結果、大成功でした。

因みに、ベアリング・プーラーを持っていない場合、腕に自信がある人はアンカーボルトを利用すれば抜くことも可能。
アンカーボルトって、工場などで装置をフロアに固定するボルトのことですね。


あとは、欲しいベアリングの入荷が来週なので、圧入はそれからですね。
それに今結構忙しくて、帰って来るのが深夜なので、当分組めないけどね...

スポンサーサイト