ベスト・シーズンを前に

トレイルライド
11 /15 2013
今週始めから、すっかり冬らしくなって来ました。
朝には、水溜りにも薄っすらと氷が張っていますね。

風邪をひかれている方も多いようで、僕もご多分に漏れず...
甥っ子→妹→相方→僕と言う、いつもの順番ですが、僕に回ってくる時には毒性が増しているような(汗)。

さてさて、今週の出来事。
台風シーズンも過ぎ、トレイル・ライドが楽しい季節がやって来ますね。

そんなこともあり、ここのところは時間を作っては、トレイル整備。
自転車に乗っている時間よりも、確実に長い...

R0017152.jpg

ゲレンデ・シーズンも終わり、里山も賑やかになって来ると思いますが、
もし、そのトレイルが綺麗に整備されていたならば、影で汗を流している人が居ることに、
思いを馳せられるくらいの余裕を持って、楽しめると良いですよね!!

R0017158.jpg

この日は、懸案の倒木。
枝がたくさんあるだけに見えますが、大木が逆さまになって引っ掛かっています。

R0017142.jpg

「トレイル整備」と言うと、人それぞれ色々な考え方があるでしょう。
僕の言う「トレイル整備」は、落ち枝や倒木を除去したり、掘れた所を埋め戻したりの復元作業。
決して、MTB用のコース化するような整備ではありません(こういったことで、問題を起こす方も居ます)。

それでも中には、落ち枝を拾ったり、倒木を除去することも理に反するという方も居るようです。
しかし長年山で遊ばせて貰っている僕から見ると、倒木を放置すればエスケープ的な踏み跡が出来て(画像左)、
その踏み跡が土砂を崩していることも珍しくありません。

何が正しいのかは僕には分からないけど、ただ一つ言えることは、
僕等はこういった作業で、汗を流すことは嫌いではありません。
それだけです(笑)。

R0017144.jpg

取りあえず1時間掛けて、倒木の幹を切るための下準備で枝払い。
もう1本整備したいルートがあるので、今日はここまで。

生木だと切るのも大変ですよね。

R0017151.jpg

寒いのに汗ビッショリだったから、これで風邪ひいちゃったのかな!?
皆様に於かれましては体調に留意して、お楽しみ下さい。
スポンサーサイト