近況つらつらと、中国の自転車事情などなど

自転車 全般
07 /21 2013
こんばんは、Dannyです。
ちょっと休んでいましたが、サボっていた訳でもなく...
忙しく仕事してます、主に中国大陸で。

2013070613290000.jpg


7月上旬に一度中国に行き日曜日に戻ったら、兄貴が「超早朝ライド♪」を午前4時からやるということで、急遽便乗(爆)。
寝てなくても走れる時に走る!コレ僕の信条♪

R0016763.jpg

以前からこのBlogにコメントを下さっていた、Sさんとも一緒に走ることが出来て、とても楽しい朝ライドでした!
まっ朝ライドと言っても、山を2本登って2本下って走行距離約40kmの、モンキーさん達らしいガチな山ライドですケド(笑)。

R0016765.jpg

実は僕、前日に上海空港のケ○タッキーで飲んだコーラに氷が入っていることに気付かずに飲んでしまい、
激しく腹を壊していたので、終始脂汗が止まらない状態でしたが、楽しくて走りきってしまいました。
皆さん、突然藪に消えたりしてスミマセンでした!?

んで翌日、医者に行くはめになったのは、ココだけの話です(笑)。

R0016773.jpg

貴重なリフレッシュを経て、再び中国大陸で仕事してました。
今回は、かなり酷い体験もして、夜中に50km近い移動を余儀なくされたんだけど、タクシーは全て拒否られて
背に腹も変えられず白タクに乗ったんだけど、道に迷いまくった挙句に反対車線を逆走して、危うく死にそうになりました(滝汗)。
あんなところで、死にたくないです...

そんな感じで相変わらず仕事は大変でしたが、ノリさんこと今泉さんから電話が掛かって来て嬉しかったです!
新しいフレームの工作についての確認等でしたが、日本語を聞けたのも嬉しかったし、
何より大好きなノリさんと話せたのが、嬉しかったですね!!

A-10は現在検品中ということで、お待ちの皆さん、もう少しですよ~♪
ノリさん、宜しくお願い致します☆

7月12日 A-10チェック
Photo by ノリさん

最終日の移動の前に、朝の5時からホテルの周りを散策しました。
それ以外の日は全く時間がなかった(土日も仕事)のですが、タクシー移動の時にスポーツバイクが結構走っていることに気付いていたのです。

今回滞在した地は日中の気温が37℃くらいあるので、こちらのライダーさんは夕方から夜中に走っている人が多いみたい。
夜中の繁華街では、フィックスドのバイクのグループも見掛けました。

そんなことで、早朝に走っている人も居るんじゃないかということで、前日の夜に多くのサイクリストを目撃した公園まで散策したのですが、残念ながら朝は居ませんでした(涙)。

スポーツバイクの割合は、MTBとロードが半々くらいで、フィックスドが少々。
MTBは、バッチリとジャージを着たXCレーサーっぽい方も居れば、ラフに街乗りしている方と色々。

ただ見渡す限り、山と呼べるような起伏のない平坦な土地なので、MTBでトレイルライドしている方は少数なんじゃないかな。
その代り、自転車道が整備されているので、ロードバイクにとっては最高な環境のような気がしました。
勿論、中国特有の交通事情と、大気汚染を除けばですケド(笑)。

それと、公共の移動手段として自転車をシェアするシステムも確立されていて、
この辺りは日本の地方都市は、完全に遅れを取っている気がするな。

上海ではスポーツバイクを殆ど見掛けなかったのですが、なんか嬉しかったです。
近くにはGIANTの工場もあったりと、生活の道具としてだけでなく、趣味性の高い自転車の需要も今後増えて行くかもしれませんね♪


最後に、今回の出張が最悪だったと印象づけた出来事が、自分のせいで起きてしまいました。
なんと、携帯電話を成田空港で落としてしまうという最悪のミス...

直ぐに使用停止の手続きをして、携帯も見つかったので良かったですが、トホホで御座います(涙)。
会社、ヘトヘトになるまで社員をコキ使いすぎやろ~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

どもども、T殿。

夜間に白タクで50kmも移動したの?それは命知らずぜよ。あっしだったら絶対に避けるんだが。いや、妻も避けるな。そういう訳にはいかない事情なのだろうねえ。しかし、真面目にそういう工程は無理って言わなきゃ駄目よ。

拙僧はケンタッキーでもマックでも持ち込んだ封がしてあることを確認済みのペットドリンクしか飲まんぜよ。お茶は大抵の場合は大丈夫かな。ペットドリンクも中にストローが入っていやがって、「空瓶にその辺の水を入れたんじゃねえだろうなあ」と言うのが15年前の上海なのだが、今は大丈夫なのだろうか。

なので、青島ビールを昼間から開けさせるのも、安全の問題なのであって、拙僧がロクデナシだからではないのだ。

拙僧は大陸入境時には最初の1~2日間は麺包(パン)か方便麺とペットボトルのコーラか缶入りビールしか飲まない。初日で当たると以降が大変だからねえ。もし下したら、兎に角、外国ブランドのペットか缶入りのドリンクと果物しか食わんぜよ。哇哈哈とかは駄目よ。それでも2~3日は持つからねえ。あと、大陸ではトイレのロールは必ず常備。可能であれば殺菌ティッシュもあると気分くらいは安心するわあ。

No title

どもども。

大人のやることなので、余計な世話をするべきではないとは思っているのだが、友人が命の危険を曝していたとあっては黙ってられんぜよ。

50kmって言ったら2~3時間の距離だよねえ。
最もスマートなのは取引先に迎えに来てもらうんだが、それが出来れば苦労はしないよねえ。
向こうではホテルを取ってあるんだよねえ。そしたらホテルタクシーを空港なりターミナルステーションなりに迎えに来させたらいいと思うわあ。多分、500元くらい請求されると思うんだけど、命には代えられんぜよ。
どこの行政区か分からないけど、チケットはホテルは取引先が確保してくれたのかなあ。それなら、取引先かホテルに連絡を取ってタクシーを呼ぶべきだわあ。英語なら通じる筈。英語も通じないホテルはちょっと避けた方がいいぜよ。少なくても、そんなプランを妻が呈示したらあっしは認めないわあ。

T殿の「山麓」、或いは勤務先がホテルを確保したのなら話は早いね。恐らく、現地旅行社を経由しているだろうから、ホテルか現地旅行社にタクシーを確保させるがよろし。多少、嫌がっても300ドル位払うと言えば話はスムーズなのでは。

ともかく、白タクはまずいいぜよ。北京だろうが重慶だろうが昆明だろうが、拙僧ならそのプランは破棄するなあ。
断固として工程を納得しない姿勢も必要だと思うわあ。

No title

Rikkieさん、こんばんは♪
心配してくれて、ありがとう。

クライアントの関係もあって、あえて詳しくは書いていない(守秘義務)のもあるけど、色々と大人の事情ってのがありますのん。
2回目はちゃんとホテル経由で、日本で言うハイヤーを確保して貰いましたよ。

人間は平等だと思いたいけど、ビジネスの取引では上下関係は必然的にね。
その辺りの理不尽なことも(現実)込みで、働いて行くしかないってのもあるからね(笑)。
まあBlogなので、失敗談は他の人が見て参考にもなるかと思い、書いてみました。

トイレの件も、ローカルトイレは日本人にはキツイかもしれないね。
まあ、僕は割と大丈夫な方だけどね。
月に2,3回も行っていれば、なんとなくそんなものかと(笑)。

No title

どもども、T殿。

T殿は頭のまわる方なので、状況はお分かりとは思ったのだが大丈夫そうね。真面目に昨日の夜は妻に「そういうのはメッセージでは無くて、直接電話して提案するべきでは。」と言われたしねえ。

残念ながら、人間の値段は世界共通ではないぜよ。関東と三河でもかなり違うのだが、かの国は人民の命ほど安い物は無いからねえ。同じだと思われると不味いぜよ。拙僧なら絶対にターミナルステーションで宿を取って、翌朝にホテルタクシーぜよ。拙僧の命は妻の物であり、拙僧の裁量で軽々しくは扱えないのだ。

ご事情もあるし、御認知も充分なようなので詮索はせぬが、命の代わりは無いからねえ。
どのようなバックシチュエーション下においても、「イ尓是从什麼地方来的?」と聞かれて「日本来的」とは絶対に言わないようにと、妻からの伝言ぜよ。

No title

出張お疲れさまでした。
無事帰国祝早朝ライドやりますか?

No title

Rikkieさん、こんばんは♪
ありがとう。
奥様にも、宜しくお伝えください。

No title

mr.田さん、こんばんは♪

いいですねい!!
天気がちょっと心配?