モンキー 98ST 29er プロトタイプ レポート

Monkey 98ST 29er プロトタイプ レポート
06 /02 2012
こんばんは、Dannyです。
昨日に引き続き、Monkey 98ST 29erレポートを、お送り致します。

R0014621.jpg

まずは1点、修正です。
先日の記事で、チェーンステイのブリッジのパイプ径について触れましたが、
これは、試作フレーム故の部材の都合上のことと、今泉さんより教えて頂きました。
このフレームは、試作の試作的なフレームということで、その辺りはご了承願います。

それでは試乗後の感想は、「Monkey 98ST 29er良いですよ♪」。
このフレームは、29erとしての29erを目指しているのではなく、あくまで98STなんだと思う。

適正身長は172~180cmということですが、
下限である172cmの僕にも十分に振り回すことができる上に、29er特有の走破性も備える。
長身の方が、98STの大きいバージョンとして乗っても、全く違和感がないんじゃないだろうか。

また、以前試乗させて頂いたTREK Superflyとはベクトルが異なるバイクだけど、「モンキーらしさ」が楽しい☆

「モンキーらしさ」なんて言うと、語り始めたら一晩では足りないくらい語れると思うのですが(笑)、
僕の認識としては、こんな感じ...

モンキーのバイクって、ベントしたトップチューブや綺麗な円弧を描くシートステイ等、外観では強烈な個性を発しているけど、
跨ってみてバイクが個性を主張するかと言えばそんなことなくて、むしろライダーをサポートしてくれる奥深さを持っている。

だからモンキーに乗っていると、自分が獣になって山の中を走り回っているような錯覚を覚えることがある。
しなやかな足を持つ、ネコ科の獣だな(笑)。

要はSuperflyには「乗せられてる感」があったけど、Monkeyはあくまでも乗り手が主役だ。
ありきたりな言葉だけど、人馬一体がシックリ来る(笑)。

R0014649.jpg

さて、詳しいことはバイクラ誌でプロのライターさんがレポートを始めたので、詳しいことはそちらで(笑)。
以下は、僕が気になった点など。

下りで若干ブレーキを引きずりながらコーナーに入ると、ブレーキングによりホイールが立とうとする訳だけど、
26インチと比較してジャイロ効果が大きいので、バイクを寝かしたいのにバイクが立ってくる感じが大きい。
まあ、速度を落として進入すれば問題ないけど、そういうクセがある方は違和感を感じるかも?

どうしてもハンドル位置が高くなるので、下りでの前輪荷重が不足してアンダーステア傾向がみられました。
ただこの辺りは、僕みたいにアップライトなポジションを好む場合、セッティングのサジ加減になってくると思います。

Superflyに乗った時にも感じたけど、登りのダブルトラックとかは最高ですね。
26インチでインナー使う坂も、ミドルでグイグイ。

特徴的なリア3角が生むウイップ、26インチ程は感じないんだけど、たしかに漕ぎは軽い。
ここはちょっと意外だったけど、体の3点とリアタイヤの位置が若干違うので、そう感じるのかもしれませんね。
因みに店長にアドバイスを頂きましたが、26インチよりもサドルは前寄りにセッティングすると、シックリ来ました。

それと今回履いていたタイヤ、見た目は殆どセンタースリックだけど、転がりの良さとグリップのバランスには驚きました。
赤土の登りでも、バイク自体のトラクションの良さにも助けられて、29”とベストマッチでしたね♪

もっと下りで攻めたいなら、フロントだけでもグリップの良いものに変えるといいと思います。

R0014674.jpg

あと意外だけど、26インチに乗っているとフロントフォークの動きが気になるんだけど、
29インチだとフォークのことなんか忘れちゃう(笑)。

ホイール自体が走破性が高いからかな?リジッドでも十分かな?なんて...
あっ!でも、フォークはちゃんと仕事してました(爆)。

R0014659.jpg

もう乗り慣れちゃうと、26インチとか29インチとか、「呼び方」なんてどうでもよくなりますね(笑)。
得意不得意はあるとしても、やっぱどっちも楽しいし、フレームの個性くらいにしか感じない。
要は、自分が何をしたいかで決まってくるのだと思う。

自転車界の中でもマイノリティなMTB、29”とか650Bとか盛り上がっていますが、
来るぞ来るぞと言われ続けて、来ない24”は、どうなっているんだ(爆)。
まあ、さらにマイノリティなことを悦に感じている節はありますな、24”Love!!

ちょいと脱線しましたが、ホイールの径が違うからと言って、身構える必要なんて全くない。
勿論、モンキーらしい遊び心溢れる走りだって、なんの問題なくできちゃいます☆
僕なら、BANSEEのPARADOXや、KonaのHONZOと似たような使い方をしたいですね♪

新緑の緑掛かった光が差し込む赤土のトレイル。
想像以上に、コントラストの強い映像になりました。
このバイクならダブルトラックは勿論、シングルトラックでも振り回すことができますね♪

ライド2.5時間、編集30分の駄作ですが...
オマケの転倒シーン、完全に29インチとか意識してませんでした(笑)。



最後に、このような機会を与えてくださった、ワークショップ・モンキー様、タカハシサイクル様、
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

イイネ!v-221

No title

ご無沙汰です。
仕事はヒト段落したのでしょうか。健全な生活に戻れたようでなによりです。

レポートすごいですね。
実は小生、山で29乗ったコトないので実際どんな感じなのかサッパリサッパリ。
今、自分のバイクで山を走るのが楽しくてそれどころじゃないって感じ。
ノリさんもそれをわかってか、敢えて29試乗を薦めない(笑)

No title

どもども、T殿。

こないだ、ボランティア先のヤードで「TREK」って書いたチャリが転がっていたのよ。細かいモデルは知らないけど、あっしだって「TREK」がメジャーなチャリだとは知っているわ。そこんちはシティサイクルだろうがMTBだろうが1台3500円。ただ、フロントにギアがついているようなチャリは整備できるのがあっししかいないから分捕りになる運命。「これ、俺が家で整備するから買いますよ。」と言いたいところが、なにせ既にチャリは6台あるし、単車は2台あるし、ロードスターNAも買ってもらって3カ月も経っていないし、マミヤRB67のレンズは45mmから300mmまで揃えちまったしで、この上チャリを増やしたら、マジで離婚だわと思って買わなかった。
自分の誕生日のプレゼントにと一瞬思ったんだけど、アルマーニの腕時計(安物)買ってもらったしなあ。

昨日、久しぶりに行ったら青のジャイアントがあった。拙僧の個体より軽いブツ。うう、唸る程欲しいが、カメラやレンズみたいに隠せないしねえ。

No title

宮地@店番さん、こんばんは♪

ありがとう、ございやした☆

No title

mr.田さん、こんばんは♪

>仕事はヒト段落したのでしょうか。健全な生活に戻れたようでなによりです。
とりあえず、家に帰れるようになりました(笑)。

>今、自分のバイクで山を走るのが楽しくてそれどころじゃないって感じ。
あ~、でもそれが一番な気がします!!
僕は、まだまだ勉強しなくてはなので、もっと色々なバイクに乗ってみたいです(笑)。

No title

Rikkieさん、こんばんは♪

>うう、唸る程欲しいが、カメラやレンズみたいに隠せないしねえ。
自転車は、維持費が掛からないのが良いよね。
あまり乗らないバイクは、分解して隠すのです(笑)。