チェーンリング9速と10速の組み合わせと、MEGA EXOとホローテックⅡ

カスタム&メンテナンス
01 /13 2012
Bike Loverな皆様、こんばんは。
最近すみません、面倒で後回しにしていたメンテネタ続きです。
明日から出張が続くので、今週の記事は打ち止めでございます。

昨年末に少し触れましたが、Teocaliのクランクを交換しました☆
FSA COMET から、SHINANO SLX(M665)に交換。

裏山は拳大の岩がゴロゴロしているので、COMETだとチェーン落ち祭り状態。
「僕、もう耐えられない、ハマシュミ貯金貯まるまで待てない!」って経緯です...

以前「変則的な組み方」なんて書いたのですが、何が変則的かと言うと、10速チェーン&10速リアメカに、9速用フロントのチェーンリングを組み合わせています。

まあ10速が出た頃に、この組み合わせを試した方も多いと思うので、大した話ではないのですが、実際に問題なく変速出来るか確認出来るまでは、少々不安でした(ドキドキ)。

R0013835.jpg

結論から言うと、当たり前ですがフロントディレイラーの調整さえシッカリすれば、問題なさそうです。
インナー×Lowとミドル×Topで、多少「シャリシャリ」音がしますが、それを気にするような人は、こんな組み合わせはしないでしょう(笑)。

何故9速用のチェーンリングを組み合わせたのかと言うと、単純に10速対応のSLXのクランクセットに、ミドル36Tが無かったからです。

新しいXT系の10速対応のクランクセットT 780(トレッキング用コンポ)にミドル36Tがあるのですが、M系のインナー22Tとの組み合わせは推奨されていないようで、コチラは却下となりました。

まあ、10速チェーンに9速のチェーンリングも勿論推奨されていないでしょうが、最低限ミドルとインナーの組み合わせは、推奨された組み合わせということで。

R0013855.jpg

あと今回は、もともと付いていたFSA MEGA EXO規格のBBに、ShimanoのホローテックⅡクランクを組み合わせました。

こちらも勿論、表立って互換性があるとは謳っていませんが、ベアリングの内径もφ24.0で同じだし、この組み合わせで実際に使っている方もいるようなので、使ってみようと思います(笑)。

こちらも先日乗ってみた限りでは、特に不具合は感じられませんでした。
少し経ったら一度クランクを抜いて、ベアリングの当たり等を確認してみようと思います♪

R0013850.jpg

で、先日走った裏山で、走り出して直ぐにバッシュガードが活躍。
拳骨大から大きな岩までゴロゴロ転がっているトレイルなので、36T対応のバッシュガードでもクリアランスが厳しいかな(汗)。
まあ、バッシュガードは消耗品ですからね(笑)。

あと、インナー側へのチェーン落ち防止にデバイスを頼んであるので、部品が届いたら付けようと思います。
自分のバイクの弱点を改善して行くのって、楽しいですよね☆

R0013862.jpg

最後に、お口直しに?素敵な映像を。
自転車乗りには辛いほど分かる話ですが、女の子が可愛いし、ハッピーエンドなので♪

それでは皆さん、良い自転車生活を☆



おっと、「お嬢さん、荷物忘れてますよ~!」(笑)。


~ 2017.5.9 追記 ~

MEGA EXO BB と ホローテックⅡクランクについて追記します → フォローアップ

スポンサーサイト