モンキー 98ST プロトタイプ ver3.0 の巻き(後編)

Monkey 98ST プロトタイプ 長期レポート
05 /06 2011
ちょっと話が脱線し掛けたので...
本編に戻ります。

そうそう、肝心な「乗り味」について全く触れていなかったですね。
僕が想像していたver3.0は、ver2.5を基本に前編でレポした工作面を煮詰めたフレームだと思っていたんですよ。

ところがどっこい...
乗って直ぐに、「ver2.5とは違うゾ!」と(笑)。

一言で言うと、更に「カッチリ」した乗り味になっています☆
誤解を招いたとしたらゴメンナサイ、これは僕が以前のPROTOから乗らせて頂いているからであって、
シルキーさが失われている訳ではなく、「芯のある柔らかさ」とでも言いましょうか♪

今泉さんが狙っていたのは「コレか!」と、ほくそ笑んでしまったのでありました(笑)。

んで、この変化の要因はと、股下を覗き込むと...
チェーンステイの形状が、かなり変更されています☆
fig.1(ver3.0)、fig.2(ver2.5)

fig.1
R0012420.jpg

fig.2
R0012465.jpg

上から見てS字になっているのは、ペダル・クリアランスを稼ぐためということですが、これも要因の一つかもしれないですね。
他にも、エンドプレートの剛性アップ等が絡んでいるのかもしれませんが...


え~と、参考までに店長の愛車98-SHのチェーンステイも、こっそりと撮影させて頂きました(笑)。
外観的には、ver2.5と似た形状ですね。

普段98-SHに乗る店長によると、「比較すると98-SHの方が柔らかく、乗りこなすにはテクニックがいるかもしれない」との感想でした。
※柔らかいと言っても、グニャグニャという意味ではありません。

R0012449.jpg


因みに、チェーンステイとタイヤとのクリアランスは、
MAXXIS ARDENT 26×2.25 にて、これ位のクリアランスがあります。
ISCGタブも、今回はOKのようですね♪

総合的な感想としては、工業的な品質が一段上がったような印象を受けました☆

逆に言えば、ハンドメイド(ではないんだけど)らしさは失われているとも言えるのかもしれませんが、
ベースとなった「98-SH 風来坊」とは別の道を歩き始めた、オリジナルフレーム「98ST 台湾坊主」ですから進化と言えると思います♪

R0012415.jpg

それと、中村コウイチロウさんが提唱している「one fits all use」。
これは正に、98STにピッタリなフレーズだと思いました!
MTBに於ける細分化が進む中で、このようなバイクは貴重だと思うのです☆

今回、ver2.0、ver2.5、ver3.0と味見させて頂いて、僕自身とても勉強になりましたし、それ以上に今泉さんの情熱を感じました。
(あっ、まだverが付く前の初期のフレームでも、山で1日走っていました)

物造りをして行く上でコストが決まっていると、悪く言えば妥協を選択して行くことになり兼ねません。
しかし、今泉さんは妥協することなく、改良を重ねて来られました。
これは、過去のレポートを見て頂くことでも、分かって頂けるかと思います。

そして、今泉さん達は変わらず「僕達はトレイルを走らせて貰っています」と言います。
昨年の走り初めライド、今泉さんは山の中で日本酒をザックの中から取り出しました。
オイオイ飲んじゃうの?(笑)と思った瞬間、そのお酒は山の神様に捧げられたのです...

僕が伝えたいのは、儀式的なことが云々とかじゃなく、その姿勢です。
本当に山遊びが好きな人が作ったバイク、それが98STです。

また僕にとっては、作っている人の顔の見える、温かいバイクです...

R0012445.jpg

初期ロットは、○○本らしいので...
僕も早速、オーダー済ませちゃいましたよ(笑)。
皆さんも、お早めに~♪


ちょっと、こぼれ話...

今回のver3.0には、SR SUNTOUR EPICON Light Weight LOD 15QLC が、前足に装着されていました。
僕はこのフォークの9mmQR版を持っているのですが、やっぱり15mmスルーはいいですね...
でも、まだまだ使えるので98STが来たら使おうと思っているのですが、15mmいいなあ♪

R0012410.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

レポート後編おつかれさまです。
なるほど~、チェーンステイにもそのような変化があったのですね。
シートステイのしなりをチェーンステイでしっかり受け止めていることも「芯のある柔らかさ」につながっていると言う事でしょうか?
なにより、「本当に山遊びが好きな人が作ったバイク、それが98STです。」
この一言に尽きます。
これまでたくさんのレポートをあげて下さったDanny Tさんが仰るからこその説得力。
おなかいっぱい頂きました、僕の相棒は、モンキー98ST台湾坊主で間違いないと確信しております。
初期ロットは○○本、と言うお話も、僕の通うショップにも連絡があり、僕もオーダー済みです♪
待ち遠しいですね~

No title

ささめさん、こんばんは♪

>シートステイのしなりをチェーンステイでしっかり受け止めていることも「芯のある柔らかさ」につながっていると言う事でしょうか?
凄い!以前のレポートも読んで下さっている上に、伝えたかったことが伝わっていて、本当に嬉しいです♪
ありがとうございます☆

>なにより、「本当に山遊びが好きな人が作ったバイク、それが98STです。」 この一言に尽きます。
本当に山遊びが好きな人が作ったバイクですから、きっとこのフレームを選ばれる方も山遊びが本当に好きな方...
なんか、いいですよね~♪

ささめさんも、オーダーを済まされたんですね!
おめでとうございます☆
これでささめさんも、猿を一匹飼う事になりましたね(笑)。

きっと、ささめさんのMTBライフをより充実させてくれる、良き相棒となってくれると思います♪
お楽しみに~☆