古道探索

トレイルライド
11 /04 2017
今年最後の3連休と言うことですね。
会社カレンダーは3連休なので、休めたら白馬岩岳に行きたいと思っていたのだが...

んが、ここのところずっと家に帰るのは22時頃だし休出続き、無理だよね(涙)。

人間が集中力を持続できる時間の平均は、50分とのこと。
どちらかと言うと職人的な職種なので、12時間ぶっ続けとか効率良くないし疲れちゃうよねホント。

DSC_0284_20171104201359017.jpg


ってことで、今日はT.Jと休みが合ったので新規トレイル開拓へ。

いや~、朝晩は随分と冷え込むようになって来ましたね。
1年が早いこと、早いこと。

DSCF5416.jpg

今週は晴天続きで、2週連続で台風が訪れたことも忘れていましたが。
山は雨水を保水しているので、普段よりも水量が多いね。

山は天然のダムなんて言われますが、本当にそうだよね。
広葉樹の森は、凄い保水力なんだろうな。

DSCF5419.jpg

今日のヒルクライムは、先ずは標高差500mを登ります。
結構、キツイです。

一人だったら、確実に押して登る斜度ですね(笑)。

DSCF5421.jpg

そうそう、T.JがXTの46Tのスプロケを組みました。

勿論、舗装路の登りで使う機会は殆どないのですが、アップダウンを繰り返すトレイルでは必要になるトレイルもあるんだよね。

フロントダブルならこのギヤ比もカバー出来るけど、ドロッパーポストと組み合わせるなら、操作の煩雑さを嫌ってフロントシングル + ビックコグになるよね。

DSCF5414.jpg

林道は途中から川に(笑)。
台風から1週間経つけど、まだまだ水が湧き出ていますね。

DSCF5422.jpg

標高900m近くまで登って、ようやくトレイルイン!!
紅葉も始まっていて、気持ちいい。

DSCF5431.jpg

道祖神がひっそりと。
文政7年と言うと、200年前か。

今は人も殆ど入らない道ですが、且つては重要な道だったのでしょうね。

DSCF5428.jpg

今日のトレイル、人は殆ど入っておらず踏み跡も不明瞭、途中はルートファインディングが必要だった。

しかし凄まじい数ではあるけど、倒木さえ処理出来れば非常に魅力的なトレイルだった。
T.Jが、かなりお気に入りのようなので、この冬に集中的に整備しても良いかな。

DSCF5437.jpg

この後、別の山の古道を探索するものの、こちらは道の痕跡すら認められなかった...
まあ、道が無いと分かっただけでも収穫かな。

兎に角、楽しいトレイルを見付けるには足を運んで1箇所ずつ確かめて行くしかないのです。

それは本当に大変な労力ですが、それにも勝る素晴らしいトレイルに巡り合うこともあるのです。
たまにだけどね(笑)。



スポンサーサイト