シュレッダーバルブのリムのチューブレス化に挑戦

カスタム&メンテナンス
10 /15 2017
秋の長雨でしょうか、暫く太陽の顔は拝めそうにありませんね...
まあ僕的には仕事が忙しくて、腰の調子が悪いので安静ですかね。


さてさて、今回も一般的には全く参考にならないニッチな記事です(笑)。
先ずはタイトルの通り、シュレッダーバルブ用のリムのチューブレス化に挑戦してみました。

チューブレス化が一般的になった昨今ですが、広義の意味でチューブレスに対応しているリムの殆どがフレンチバルブ用です。

最初に断っておくのは、今回は使用するリム、タイヤ共にチューブレス化に対応していないと言うことです。
シュレッダーバルブ云々の他にも、難関が多いってことで(笑)。

自転車用のチューブレス用のシュレッダーバルブも無いことは無いのですが、一般的ではありません。

しかし、身近な所でバルブは安価で手に入ります。
オートバイ用のチューブレスバルブです。

バイク用品店で買ったので800円でしたが、ネットではもっと安価に入手できるようです。

R0017912.jpg

バルブ自体はこんな感じ。
バルブをリムに通してナットを締め上げれば、パッキンが密着して気密が保たれるでしょう。

機能的には十分な物ですが、オートバイ用と言うこともあり鉄か真鍮か分かりませんが重いのが難点かな。

R0017903.jpg

ここまでは順調?ですが、難関はこれからです...

使用するタイヤは Specializede BigRoller 24x2.8"、リムは Spank Tweet Tweet Rim とチューブレスは勿論 TLR にも対応していません。

Spank のリムは「チューブレス化に際し手強い」という話を聞きます。
更に今件のリムは、バルブ部分が凸形状の断面でバルブのパッキンが密着し辛い形状です。

なのでパッキンにシリコンを塗って、ナットを締めて気密を確保します。

R0017906.jpg

リムテープは Notube の黄色テープを2重に巻いて、タイヤとチューブを嵌めて空気を入れて一晩置き、リムとテープの密着を確保しました。

もうここまで来たら、バルブ周りの対策は万全でしょう。
これで駄目だとしたら、リムとタイヤのビードの相性ですね...

R0017910.jpg

結果、やっぱり駄目でした。
エアータンクを使ってビードを上げようと試みましたが、全くダメでした...

リムかタイヤ、どちらかがチューブレス若しくはTLRに対応していればハードルは下がると思うのですが。

勿論世の中には情熱と工夫で、どんな組み合わせでもチューブレス化をする方もおられますが、僕にはそこまでの情熱は湧きませんでした(直ぐに嫌になった)。

正しバルブ周りはこれで十分だと思うので、リムとタイヤの組み合わせ次第だと思います。

今後、チューブレスに対応したリムでホイールを組んだなら、挑戦します。
でも現実的には、24インチでの組み合わせでは難しいのかな...

R0017868.jpg


あとついでにもう一つ。

現在15mmTA用のホイールを 9mmQR用のカーボンフォークに装着しているのですが、取り付けにはこんな懐かしいパーツを使用しています。

フロント・ホイールのアクスルが、15mmTA に移行する際の過渡期に出て来たパーツですね。
昔買って仕舞い込んであったのを、引っ張り出して来ました。

んが袋からも出していなかったのに、両端に付いているはずのOリングが付いていなかったよ、流石中華製(笑)。

R0017915.jpg

Oリングが入っていないと微妙なクリアランスを吸収出来ないので、手持ちのOリングを漁って適当に嵌めました。

こう言うことがあるから、Oリングも捨てられないのよ...

DSCF5397.jpg

こんな感じです。

すっかり廃れた感のある 9mmQR ですが、15mmTAが出るまでは皆さん普通に使っていた訳で、全く使えないなんてことはありません。

そりゃあ、15mmTA の方が性能や使い勝手が良いのは勿論ですがね。

リジッドフォークなら、十分って気もします。

DSCF5398.jpg

スポンサーサイト