パスハンティング 星尾峠 ~ 田口峠

パスハンティング
09 /10 2017
太陽フレアの影響で気が触れたので、パスハンティングして来ました。

佐久市内の運動公園を拠点に、出発です。
帰りに登り返しは御免なので、先ずは内山峠を目指して登ります。

家でウダウダしていたので、太陽が昇って来てしまった。

DSCF5175.jpg

正面に見えるのは空母荒船じゃなくて、独特な山容の荒船山です。
今日は、あの山の南端まで登る予定です。

気が遠くなるな(笑)。

DSCF5178.jpg

内山大橋の手前を左に逸れ、黒田の集落方面へ。
田舎道なので、落ち着きます。

暫くすると、内山大橋の下を潜ります。

DSCF5181.jpg

舘ヶ沢の集落を抜けると、此処から林道 星尾線の始まりです。

DSCF5186.jpg

ここから斜度がキツクなります。
舗装路ですが、アスファルトではなくコンクリートの舗装です。

DSCF5193.jpg

数年前に大雨で沢が決壊して壊れた道も、綺麗に補修されていました。

DSCF5199.jpg

姥百合(ウバユリ)の蒴果(さくか)。

DSCF5203.jpg

林道の突き当りに、荒船不動があります。
森の中にひっそりと。

DSCF5208.jpg

水場もあります。

DSCF5213.jpg

澄んだ池の中に、石碑があります。
水に関係するものを、祀っているのでしょうか。

DSCF5214.jpg

荒船不動の境内横まではダブルトラックが続きますが、一旦林道 星尾線はここで途絶えます。

ここからは完全に登山道になります。

DSCF5217.jpg

登山道は良く整備されていますが、勿論乗車は出来ません。
押しか担ぎの、二択ですね(笑)。

DSCF5220.jpg

倒木も歩きに差支えのない物は、勿論そのままです。
自転車が引っ掛かります。

DSCF5227.jpg

だんだんと空が明るくなって来ました。
カーブを曲がると、向こう側が明るい!

あれっ?先週も似たような光景を見たような(笑)。

DSCF5230.jpg

着きました、今日の目的地の星尾峠です。
古くから、パスハンティングを嗜まれている方達に人気の峠の一つです。

峠には5人のパーティーの、ハイカーさんがいらっしゃいました。
皆さんMTBに興味津々で、楽しいお喋りが出来ました。

スイスはゲレンデDHが盛んだったとか、最近 e-MTB が発売されたとか、結構情報通な方達でしたよ。

DSCF5232.jpg

休憩がてら、峠の雰囲気を十分に堪能しました。
一体どれ位のサイクリストが、この峠を越えて行ったのだろうか...

DSCF5239.jpg

さて星尾峠からは、線ヶ滝方面へと登山道を進みます。
実は数年前までは星尾峠から進んで直ぐ、道が崩落して通行止めになっていたのです。

しかし最近通れるようになったとの情報を得たので、やって来た訳です。

崩落個所は補修された風もなく、ロープで降下出来るようになっていました。
仕方なく自転車を担いで、片手でロープを保持して後ろ向きに降下。

先行きが不安です...

DSCF5241.jpg

ここから沢沿いに下って行くのですが、大雨の影響か道は不明瞭です。
沢沿いに下るので迷うことはないと思いますが、地図を持たずに入るのは危険です。

DSCF5242.jpg

道は不明瞭どころか所々で寸断しているので、ピンクテープと先人が積んでくれたケルンだけが目印です。

色褪せたピンクは緑の補色に近いのか、意外と目に付かないんですよ。
本当に、ケルンには助けられました。

DSCF5243.jpg

途中、明瞭な踏み跡が現れました。
登山道から逸れそうだったのですが、少し進んでみると踏み跡がパッタリと消えました...

踏み跡を良く見ると、沢山の蹄(ひづめ)の跡。
そう、明瞭な獣道だったのです。

地図を持っていなかったり、判断力が鈍っていると導かれてしまうことでしょう...

DSCF5247_201709102017543c1.jpg

凄くワイルドなトレイルでした...
荒船不動~星尾峠と違って、こちらは道標はありません。

DSCF5248.jpg

威怒牟幾不動方面と今回進む線ヶ滝・田口峠方面との分岐で、初めての道標が。
この道標も倒木が伸し掛かっているので、何れは壊れてしまうかも知れません。

DSCF5252.jpg

先ほどの分岐を過ぎると、一気に乗車率が上がります。
良い雰囲気のトレイルにテンションが上がります♪

DSCF5261.jpg

しか~し、またも崩落。
画像右方向に迂回路がありました。

DSCF5270.jpg

暫く進むと、線ヶ滝を経て星尾の集落に下りる登山道と、田口峠へ抜ける林道の分岐が現れます。

今回は田口峠に向かうので、右折します。
どうやら此処から、林道 星尾線が復活するようです。

DSCF5275.jpg

ここからダブルトラックなので楽に走れると思ったのですが、甘くはありませんでした。

一面が雑草だらけなので予想はしていたのですが、大規模な崩落で道が消失している所が2か所ありました。

DSCF5279.jpg

崩落箇所を超えたものの、林道は一面草ボーボー。
と言うことは、まだまだ崩落しているってことですね(笑)。

DSCF5281.jpg

天気は良いんだけどな~。
土砂で道が塞がっているよ~。

変なテンションになって来ました(笑)。

DSCF5286.jpg

お~!!立岩がこんなに近くに見えて来た。
と言うことは、田口峠も近づいて来たと言うことだ。

DSCF5291.jpg

眺望の良い場所を過ぎると、路面も良好になって来ました。
24"ミッドファットは、実に快適に走ります。

DSCF5293.jpg

そして暫くすると、田口峠へと続く県道93号が見えて来ました。
丁度、金魚のウンチみたいな九十九折れの上に出て来ました。

DSCF5297.jpg

林道 星尾線、終点です。

DSCF5299.jpg

此処からは県道93号を登り、田口峠へ。
ちょっとガスっていて、立岩は良く写らなかった。

DSCF5304.jpg

田口峠からトンネルを抜け、再び佐久へと下ります。
実は前回田口峠を訪れた時には、積雪で佐久方面に下れなかったんですよね。

ですから”やり損ねた感”みたいなのが残っていたので、今日は此処を下りたかったんですよね。

DSCF5307.jpg

そんな訳で?気合を入れて下り始めたのですが、まあ普通の山道でした。

日本で海から一番遠い地点、気になるけど今回はナシ(笑)。

DSCF5308.jpg

綺麗なコバルトブルーの、雨川ダムの湖面。
ダム好きとしはダム本体を見たかったのですが、気付かなかっただけなのか見逃してしまいました。

DSCF5309.jpg

川遊びをしている人達もいて、僕もドボンしたかったです。

DSCF5312.jpg

峠を抜けると、一気に長野らしい景色に。
十石峠もそうだけど、長野県側は斜度がなだらかなんだよなあ。

DSCF5314.jpg

県道120号とぶつかったら右折して富岡街道へ向かい、デポ地に到着です。
今日は八ヶ岳方面も、イマイチ良く見えませんでした。

DSCF5316.jpg

距離39km 累積標高1553m でした。

星尾峠から線ヶ滝方面へ下る道は不明瞭な箇所が多数あります、初・中級者の方には進められません。
荒船不動から星尾峠へのピストンなら、問題ないと思います。

Screenshot_2017-09-10-21-00-39.jpg


さて、来月辺りからシークレットトレイルの整備でも始めますか。
整備と言っても、道としての機能を維持するための整備であって、造り込むような整備ではありませんので悪しからず。

スポンサーサイト