涼しくなったので、トレイル探索して来ました

トレイルライド
09 /03 2017
今日は早起きして、トレイル探索。
お盆を過ぎて朝晩は涼しくなって来たので、MTBでの索道です。

今週も4時に起床。
気温は14℃、自転車で走るには最適ではありませんか!!

目的の林道付近までやって来た。
未だ薄暗いが、カメラが補正して昼間みたいだ。

山の中腹を斜めに登っているのがアプローチに使う林道。
どうやら、結構な斜度で登っているようだ。

DSCF5090.jpg

山の間隙を縫うように、ようやく朝日が差し込んで来た。
舗装されていたのは入り口から数百メートル程、以降は全てグラベル。

DSCF5093.jpg

舗装区間を登って、一気に下る。
振り返ると斜度16%の看板。

舗装路なら何ら問題のない斜度だけど、グラベルでこの斜度を登るのは辛い(今日は下りだけど)。

今流行りのグラベルバイクだけど、メーカーの完成車の殆どは大陸のグラベル道を想定したギヤ比だと思う。

日本の急峻なグラベルを走るのであれば、フロントはトリプルまたはエマージェンシー用のインナーを備えたダブルが必要になる。

舗装路ならダンシングで乗り切れるかもしれないけれど、急峻なグラベルだとそうも行かないのだ。
※乗車に拘らなければ、その限りではない。

DSCF5103.jpg

アケビの実が落ちていました。
残念ながら虫食いだったので、食べれませんでした。

DSCF5109.jpg

キツイけど、とても良い林道。
あれっ?先週も何処か別の林道を走っていたような(笑)。

DSCF5107.jpg

盛夏の時期に来ても良いかも知れない。
沢沿いは気温が低いし、面白そうなポイントも沢山あった。

DSCF5110.jpg

斜度がキツイ部分は荒れているけど、平坦な部分は路面も良好。

そうそう、今日はキツネを見ましたよ。
キツネは警戒心が非常に高いので、見掛けることは先ずありません。

ブラインドコーナーだったのと、夜明け間も無かったから油断していたのかな?

DSCF5113.jpg

沢と沢の出合で土砂が流れ込み、鉄砲水の一歩手前だったようだ。
人の手が入らなくなった杉林では更に流木が流れ込み、事態を悪化させる恐れがあるのだろう。

DSCF5116.jpg

ようやく林道の終点。
これ以降、道は消えていました。

DSCF5122.jpg

林道は終点ですが、此処からは管理者の異なる管理道で進みます。

DSCF5123.jpg

鬼灯(ホオズキ)。
オレンジとグリーンの組み合わせ、FIAT X1/9 ABARTH のカラーリングを連想してしまうのは僕だけ?

DSCF5125.jpg

路面がフラットなのは平坦な部分だけですが、グラベルバイクで気持ち良く飛ばしたいね!!

DSCF5128.jpg

回りの樹高が低くなり、ススキに覆われて来た。
もうすぐ山頂なのかも知れない。

DSCF5131.jpg

予想通り、開けた地形に到着。
実は、ここから下るルートは2本ある。

1本目は、尾根を下るルート。
2本目は、谷を巻くように下るルート。

悩んだ末に、2本目を選択。
理由は、地形図を見る限り大好きな九十九折の道だろうと予測出来たから。

此処からはシングルトラック、薄暗い森に入ります。

DSCF5135.jpg

暫くは登り基調、ピークはもう少し上のようだ。
しかし十分に乗車できる気持ちの良い道。

ん?向こう側が明るい。
あそこがピークかな?

DSCF5137.jpg

本日のピークに到着。
谷から風が沸き上がって、とても涼しく快適。

あ~、コーヒーセット持ってくれば良かった...
索道だとね、なるべく装備を軽くしたいのでね(涙)。

休憩後に準備を整えて、お楽しみの下りです♪
いったい、どんなトレイルなのでしょうか!

DSCF5145.jpg

ちょっと荒れているが、予想通りの素晴らしいトレイル。
いや、完全に予想以上でした。

DSCF5159.jpg

コークスクリュー♪

DSCF5157.jpg

バーム to バーム and バーム みたいな...

DSCF5162.jpg

初見なので、ゆっくり安全運転でしたが、ギュンギュンですね♪
勿論、いつでも安全運転を心掛けないとね。

2_201709031446570c6.jpg

実は1本下って元気だったら、もう一回登って別ルートを予定していたんだけど無理でした。
昨日の残業で疲れてしまったのよ(涙)。

こうなると、未探索の別ルートも気になるよなあ...
まっ、次回のお楽しみにと言うことで。

DSCF5161.jpg

山の中は、すっかり秋ですね。

おっと! DirtWizard は植物のトゲでパンクしちゃうので、気を付けないとね~。
(本当です、何度もパンクしてる)

DSCF5163.jpg

まだまだ探索したい道は沢山あるのに、兎に角時間が足りない...



スポンサーサイト