夏のMTB

トレイルライド
07 /16 2017
3連休になったなら、磐梯吾妻スカイラインに走りに行こうと予定していたのですが...
まあ仕方ない、休日出勤になってしまいました。

昨晩放送されたNHKの「ブラタモリ」、地元秩父が舞台でした。
「日本地質学発祥の地」と呼ばれている地ですから、いつかはタモさんが訪れると思っていたんです。

僕、近江ちゃんが大好きなので、ロケだと判っていれば見学したかったなあ(笑)。
因みに次回は秩父郡長瀞が舞台なので、こちらも楽しみですね♪


さてさて、休出で予定が狂ってしまったので、今日は暑くてもMTBに乗りたいなと。
午前3時に起きて出発です。

真っ暗な山道は、鹿、鹿、鹿。
鹿だらけだよ、ホント。

午前4時にもなると、ようやく薄明に。
ここからは、どんどん明るくなって行きますね。

DSCF4654.jpg

気温は20℃だけど、湿度が88%もある。
体が温まっていないうちは過ごしやすいけど、汗をかきだすと止まらない...

それに加えて、アブだかブユだかがひっきりなしに飛び回って、煩くて仕方ない。
油断すると、噛みついて来るしね。

DSCF4655.jpg

そうだ、コレが夏のMTBだ。

昨晩の時点では、この辛さのことなんかすっかり忘れて、楽しいライドのことしか考えていなかった。
まあ、毎回そんなことを繰り返しているんだけどね(笑)。

いよいよ、お天道様の御出ましだ。
今日も暑くなりそうだ。

DSCF4657.jpg

途中、湧水を頭から被ってクールダウン。
頸部を冷やすと、大分汗が引いた。

あと、もうひと踏ん張りだ。

DSCF4659.jpg

暑い中登って来ただけある、それに見合った最高のトレイルだ。

DSCF4660.jpg

樹高が高いので、蜘蛛の巣も全く無い。
ただ、山では貴重な塩分を求めて、立ち止まると一斉に羽虫が寄って来る。

ゆっくりとトレイルを嚙締めて下ろうと思っていたが、そんな思いは一瞬にして吹き飛んだ。
これもまた、夏のMTBライドだ。

無題

今日は登りに弱い24インチで訪れたけど、バームの付いたトレイルでは最高だ。

ハーフパイプのように、スピードを位置エネルギーに変換しながら加減速を繰り返す際に、ホイールのマスの小さな24インチは非常に敏感に反応する。

僕の経験上、このフィーリングは24インチと26インチを境に全く異なるものと感じる。

それと、プッシュも良く効くからね。
単純に起伏に弱いと捉えるか、小さな起伏を大径ホイール以上に利用出来ると捉えるかは乗り手次第。

DSCN3526.jpg

今日も、ナイスマウンテン。

スポンサーサイト