Into the cloud

ロードバイク
05 /14 2017
土曜日は久しぶりに T.J と休みが合ったので、GW 中に見付けたトレイルに行こうと楽しみにしていたのですが...

見事に雨でしたね(涙)。
まあ仕方ない、山は逃げないですからね。

今日は路面の状況が良ければモンスタークロス仕様で、プチ・パスハンティングをやろうかと思っていました。

この地は古来より、208もの峠が存在したそうです。
勿論、時代の流れとともに消えて行った峠もある訳ですが、あまり知られていない峠も多数存在します。

そんな訳で地元の峠をパスハンと思ったのですが、道路も乾ききっていないのでロード走りに変更しました。
峠も逃げませんから♪

DSCF4263.jpg

「なんだか良い香りがするなあ~」と思ったら、ニセアカシヤが咲いていたんですね。

DSCF4266.jpg

今日はさくっと三峰神社まで登って、林道 大血川線で帰って来るルートにしました。

小さな峠を何個か超えて、二瀬ダムです。
汚れた堰堤が、歳月を感じさせますね。

DSCF4270.jpg

標高が1000mを超えた辺りから雲の中に入ったようで、霧降りになってしまいました。
天気が回復して山が綺麗に見えることを期待して来ただけに、残念です。

三峰神社の駐車場は一杯でした。

DSCF4279.jpg

林道 大血川線に入ります。
終点ですが下りではありません、更に登って行きます。

ここからは、人の気配が全くなくなります(笑)。

DSCF4280.jpg

ふと気配を感じたので振り向くと、鹿の群れでした。
話し掛けたけど、どうも通じなかったようです(笑)。

DSCF4278.jpg

ビューポイントも、この有様。
ホワイトアウト寸前です。

DSCF4284.jpg

林道のピークとなる、三峰トンネルです。
この先の霧藻ケ峰トンネル共々、照明のないトンネルなのでライトは必須です。

DSCF4285.jpg

トンネルを抜けたら雲を抜けたらいいなと期待するも、雨は本降りに。
気温も低く、長袖のウールジャージを着て来て良かったです。

ウールジャージが優れた物だと、僕は本当の意味で分かっていませんでした。
そう言えば店長は、良く着ていたもんな。

DSCF4286.jpg

大陽寺まで降りて来て、ようやく雲から抜け出しました。
流石に安心しました。

DSCF4291.jpg

標高が下がり、林道が沢筋と並行して走るようになりました。

久しぶりに人間を見かけて、渓流釣りの方とお喋りをしました。

今日のルートは約90kmの行程だと話すと、とても驚いていました。
やはり自転車乗りの距離感?は、一般の方からすると逸脱しているようです(笑)。

DSCF4295.jpg

林道 大血川線は天気さえ良ければ、眺望も素晴らしいんですけどね。
まあ、走れただけで満足です。

DSCF4299.jpg

距離90km、獲得標高3450mでした。
次回は天気の良い時にします。

Screenshot_2017-05-14-15-17-27.jpg

雨の中を走ると細かい砂利だらけになって、メンテが大変ですね。

綺麗事だけでなく、雨の中なんて後が大変だから好んで走りたくはないね(笑)。

DSCF4283.jpg

スポンサーサイト