新規完抜ルート

トレイルライド
05 /07 2017
連休最終日とは言えど、何時もと変わらず山走りです。

僕は何時もと変わらずですが、やっぱり普段よりも人が多く繰り出している訳で、目立つのが嫌なのでシークレットはパス。

そうだ、索道途中のトレイルへ行こう♪
新緑が眩しい未舗装の林道を登って行きます。

DSCF4210.jpg

今日も相棒は、98ST6 24"Mid-Fat です。
と言うのもホイールを新調した 98ST7 なんですが、思わぬところで足を掬われまして...

11速用のXTのハブで組んで貰ったのですが、11速用のフリーボディーって長くなっているのね。
10速のスプロケットを組んだところ、完全に固定出来ていなかったんです。

因みに組み合わせるスプロケットは、SRAM PG-1050 + FORMOSA ワイドレンジコグ です。

勿論、ロード用は11速フリーボディーに10速以下のスプロケットを組む場合、スペーサーが必要だとカタログに明記されていることは知っていましたが、MTB用は知りませんでした。

僕が見落としているだけか、シマノ様よりアナウンスが無いのか分からないけど...

まあ、11速用コンポは11速用で組むのが基本なのかも知れないけど、決して僕だけではないと思います。
皆さんも、気を付けて下され(ロースペーサー手配中)。

DSCF4249.jpg


~ 追記 ~

t=1.0mm のロースペーサーでは厚すぎて、t=0.5mm のスペーサーを入れてみました。

しかし 0.5mm ではカセット自体の固定に問題はないものの、トップギヤのフリーボディーへの掛りが浅い感じがするので、0.3mmを手配してみたいと思います。

う~ん、SRAM のカセットだからなのかな~。
いずれにしても、相性がありそうな感じです。

左 t=1.0mm 、右 t=1.85mm (参考)。
DSCF4252.jpg


愛すべき、山間の里。
空の様子も、春の空から夏の空になって来た気がしますね。

DSCF4208.jpg

今日は気温が27℃まで上がったらしいけど、まだ湿度が低いので快適です。
あと1か月もすれば、湿気で走り辛くなりますね。

DSCF4215.jpg

ようやくトレイルに入ります。
入り口は藪になっていたけど、目立たなくて好都合♪

DSCF4217.jpg

この倒木さえ撤去できれば、面白いルートになることは間違いない。
なかなか手が回らないんだけどね~。

DSCF4218.jpg

ここも今は使われていない古道なんだけど、稜線の部分はしっかりと踏み固められている。

新緑の木々に囲まれたトンネルになっているので、透過した太陽の光が緑掛かっていて綺麗です。
フレームのカワサキグリーンが、完全に保護色ですね。

DSCF4222.jpg

トレイルの分岐。

前回は斜度の緩い右側を選択した所、今も使われている参道に出てしまった。
今回は左に巻く道を選択。

DSCF4231.jpg

最初は気持ちよく下っていたが、倒木群に進路を塞がれてしまった。
しかし、この位だったら整備すれば問題ないでしょう。

臆することなく、進みます。

DSCF4232.jpg

しかし、最終的には沢筋と合流してしまった。

こうなると倒木は撤去できたとしても沢床を走ることになるので、このルートは諦めました。
あと少しで、麓の集落だったんだけどな~。

DSCF4233.jpg

こんなことでは諦めません。

参道に出ないで、逆方向の集落に下る道が残っているはずです。
何か匂うのです(笑)。

DSCF4234.jpg

山の中を探し回って見付けました、逆方向の集落に下りる道です。
俺って、ゴイスー。

ついでに本線から上手く分岐できるところが無いか逆走してみると、見逃していた分岐がありました。
この時期だから見付けられたけど、もう少し下草が茂って来たら見つけられなかったでしょう。

DSCF4235.jpg

大成功です。
全てシングルトラックで、麓まで下りることが出来ました♪

このような道の場合、旧家の墓地に出ることが多いですね(失礼の無いよう)。

集落に下りたところで集落の方と話すことが出来たんだけど、やはり今は使われなくなった道だそうです。

「もう誰も手を入れていないから、凄い道だったろ!」と言われましたが、結構良い道でした(ヘンタイですから)。

集落の方も「手を入れなくては」と思ってはいるそうなのですが、高齢化や過疎化で手つかずだそうです。

僕等も良い意味で協力させて貰いつつ、遊ばせて貰えると良いなと思った次第。

DSCF4237.jpg

取りあえず、このルートは完抜です。

ちょっと手を入れれば楽しいルートは沢山あるんだけど、その「ちょっと」がなかなか難しいね。
「ちょっと」と言いつつも、実際の労力は大変な物なんだよね。

DSCF4238.jpg

土着のライダーは、そうやってトレイルを維持していたりします。
実際は汗と土の匂いのする、泥臭いものなのです。

スポンサーサイト