PPAP

新着情報
01 /27 2017
みんな大好き Production Privée が開発中のフルサスフレーム Shan Nº5 、エロいね!!

カラーバリエーションに RAW が有るか否かは分からないけど、これは反則って思えるほど(笑)。

p5pb14352024.jpg

僕も多少重くてもいいから、クロモリのフルサスフレームが欲しいですね。
細身のパイプで組まれたスケルトンがカッコイイ。

スティールフレームなら、自分でTig溶接して修理出来るし。

個人的に興味深いのは、リアユニットのアッパー側のブラケットのベースを直接Tig溶接しないでロウ付けしていること。

しかも直接ブラケットをロウ付けするのではなく広い接地面を持たせて、応力集中によるクラック防止が狙いでしょう。

他のメーカーなら、ブラケット長よりも長く余分に溶接ビードを引いて応力集中を防止するんだけど、凄く丁寧な仕事ですね。

p5pb14352028.jpg

あえて言おう、
「Production Privée アッパレ!!」(PPAP) まる

p5pb14352025.jpg
(via: pinkbike.com)

スポンサーサイト