Monkey A-10 寄り道仕様

カスタム&メンテナンス
01 /03 2017
正月休み中に、A-10 を組み直しました♪

フロントフォークは R/S Sector のダンパーが昇天したので、SR suntour Duro に組み替え。
カートリッジダンパーは、ロースピード・コンプレッションを幅広く調整できるRCカートリッジに戻しました。

DSCN3075.jpg

当初はシングルスピードで組む予定でしたが、最適なギヤ比が未だ分からないので多段仕様に。
でも、ただの多段仕様ではありません!

シートポストにグリップシフト(ツイストシフター)を装着。
訳あって、女性の前では変速禁止です(わかるよね)。

DSCN3092.jpg

いや、タダの色物では御座いません!
最適なギヤ比が決まれば、取り外しも簡単♪

RDを外し、あとはインシュロックを2つ「チョキン」と切れば外れます。

DSCN3083.jpg

シフター自体はパッチンで止めてあるので、ワンタッチで取り外し可能。
全部自作ですが、こういう時の為に古いパーツも捨てられないのです。

我ながら、ゴイスー。

DSCN3097.jpg

スプロケットは、ロード用の軽量でクロスレシオな物。

因みにRDもグリップシフトも、X-0で御座います♪
チタンだよカーボンだよ、捥げたら泣くよ。

DSCN3085.jpg

なんか最近、デカいスプロケットを見慣れているせいか、小振りなスプロケットが新鮮。
シングルスピードにするつもりだけど、使い勝手が悪くなければ多段でも良くなって来たような(笑)。

DSCN3087.jpg

早くコイツで、寄り道ライドしたいですね♪

DSCN3077.jpg

山本幸平選手が SR suntour のフォークで走ることになり、東京オリンピックの楽しみが増えましたね!

しかし現状、国内代理店が取り扱うフォークの種類をかなり絞っているので、それが残念ですね。
EPIXON で言うと、LO-RC カートリッジ採用モデルは国内取り扱いはなくて、廉価版のLO カートリッジ版のみとか...

ただね~、これはユーザー側にも責任?もあるのかな。
兎に角「安価で使える」というのが、EPIXON の選択基準になってしまっていることは間違いないよね。

だから売れ筋のモデルしか入れなくなるのは、仕方ないとも言えるのかな?

でも代理店も頑張って欲しいよな~、他メーカーと競合出来る高性能モデルも存在するんだからさ。
スポンサーサイト

Danny T

t_20130311192032.gif

「首都圏の秘境」と呼ばれる地を走る、雑食系バイカーのBLOGです♪

アラフォー、過去に腰椎骨折、椎間板ヘルニアでも、楽しく乗りたい!

Author:Danny T