That's Real MTBer

トレイルライド
12 /25 2016
今日も早朝から、古道の整備へ。
ここ最近に限ると、趣味がトレイルライダーからトレイルビルダーになりつつあるような(笑)。

DSCF3668.jpg

古道整備の前にシークレット・トレイルの様子を見に行くと、一番良い区間に倒木が。

大した太さではないのですが、枯れたてで水分が抜けていないと重いんですよ広葉樹は。
成長の早い針葉樹とは違い、広葉樹はゆっくり成長するので繊維の密度が高いのです。

DSCF3663.jpg

何で倒れたのかなあと思い観察すると、美味しい樹液が出るので穴だらけでスカスカになっていたようです。
オオクワガタも住んでいたかも知れないね。

先ずは、この倒木から処理です。
整備は体力的にも結構キツイので、トレイルを荒らす奴は本当に許せないんだよな。

僕は性格が悪いので、「××に木の枝突っ込んでやるぞ、ク〇野郎!!」とか叫びながら作業しています!?
どうだ参ったか、悪寒がしただろ(笑)。

DSCF3661.jpg


さてさて、ようやく古道の整備です。
前回まで整備していた古道とは、別の古道です。

DSCF3670.jpg

この古道は兎に角、倒木と藪藪藪...
後で理由は分かるのですが、トラック自体はしっかりと残存しています。

DSCF3673.jpg

樹高が低く南側の区間はトラックにも日差しが十分に届くので、藪になってしまうようです。
痩せた土壌の部分は茨(イバラ)が多く、萎えました...

でもこの時期に整備しておかないとね、夏などは手が付けられないでしょう。

DSCF3676.jpg

それでも整備を進めるのは、整備をすれば楽しいトレイルになりそうだから♪

DSCF3679.jpg

取りあえず整備を終え麓まで下りると、集落のおばちゃんが犬の散歩をしていたのでお喋り。
この古道のことを聞くことが出来ました。

この古道、20年前までは山の上の集落の生活道だったそうですが、舗装の林道が出来たことにより廃道になったそう。
う~ん、20年かあ...

20年放置されていたと考えると状態が良いとも思えるし、20年経っても道って原型を留めているもんだなあ、とも思えるし。

まあ、雨水の浸食を受けにくい地形に寄るところも大きいと思うんだけどね。

DSCF3678.jpg

面白いなあ、道に歴史ありか。
どんなマイナーな道にもね。

DSCF3682.jpg


一旦帰宅して家事を済ませてから、イズミトレイルの解体へ。
嫁は一番忙しい時期なので、仕事なのです。

やっぱりと言うか、誰も来ていませんが作業を進めます(爆)。
水曜日にSSKさんが2重バームを崩しておいてくれたので(ありがと~!)、先ずは平坦にして行きます。

DSC_0251_20161225191449dce.jpg

続いて、リズムセクション最終のテーブルトップの解体。

そう、中身はドラム缶で底上げしてあります。
ドラム缶を使うことにより土の量を節約できるし、解体も若干楽に?

ただデメリットもあって、気温が上がるとドラム缶の中の空気が膨張して「ボコン!」と音がしてトラックが若干持ち上がりますが(笑)。

あと絶対的に土が薄い部分が出来るので、トラックの湿り具合にバラツキが多くなりますね。

でも、メリットの方が大きかったかな?

ssk3.jpg

この親知らず2本を抜歯しようとしていると、「ヒュー!!」と言う叫び声と共にSSKさんが登場!!
良かった~!!今日も一人かと思いました(涙)。

そして、2本無事抜歯!!

本当は自分の親知らず2本も、今月に口腔外科で抜く予定だったんだけど...
こんなこと、やってます(笑)。

ssk2.jpg

硬くてスコップが刺さらない場所を、SSKさんが耕運機でうなって行きます。
簡単そうに見えますが、耕運機は小さくても鬼のような低速トルクがあるのでテクニックが必要なのです♪

DSC_0257_20161225192450487.jpg

やっぱり複数人で作業すると、進捗が良いね♪

僕はタイムアップですが、SSKさんはもう少し作業をするということで、お先に失礼しました。
SSKさん、お疲れ様でした!!

ssk.jpg

おいさんも疲れたしクリスマスなので?贅沢に(笑)。
これが、MTBerの休日の過ごし方ってヤツです。

DSCF3683.jpg


Vee から、26"プラスタイヤが出るね!!
ブロックパターンも、期待できそう♪

Vee-Tire-Co-T-fatty-plus-tire-29-27-copy.jpg
(via: bikerumor.com)

スポンサーサイト