大和市消防にファットバイク

自転車 全般
12 /23 2016
師走ってます...

年が越せるのか心配になるくらい、仕事がパンパン。
明日は早く帰りたいよなあ、ケーキ持って。


面白い記事を見かけました♪
以下、本文より抜粋。

災害時の悪路も何の 大和市消防に専用自転車

~ 大和市は、未舗装路用の極太タイヤを備えた自転車「ファットバイク」を市内5カ所の消防施設に配備する。消防車両が通行できない悪路や小道に進入でき、機動性を高める狙いだ。災害用としての導入は、県内で初めて ~


ファットバイクが普及して?一般的になった証拠でもありますね♪

ちょっと気になるのは、ファットバイクの走破性が高いのは確かだと思いますが、災害現場は釘(くぎ)等のパンクの原因になるものが沢山存在するんですね。
消防隊員の履いている編上靴は、釘を踏み抜かないようソールに鋼鈑が入っています。

一般の方がファットバイクのタイヤを見たら「パンクにも強そう!」と思うでしょうけど、特別対策をしていないとね。
パンクしたら、普通のMTB比ではない大変さでしょうから(汗)。

でも、自転車の機動性って凄いよね。
走れないような場所は担げば、なんとかなるし(笑)。

~ 2人一組で活用し、持ち運べる消火剤と救急セットを携行する ~
と言う事なので、重装備ではなさそうですけどね。

モーターサイクルの通称「クイックアタッカー」は、インパルス放水銃を装備しているけどね。
アレは効果的な使い方をすれば、タンク車1台分の働きをする。

コレは海外の、トレイル整備用のファットバイク。
僕も欲しい位です(笑)。

20130222-091257.jpg

日本だと銃刀法とか、色々問題がありますからね。
山仕事用の鉈(ナタ)や剪定鋸(ノコ)の携行も、以前より厳しくなってるみたいですし...

でも公用なら、ここまでやっても許されるのでは!?

実際に運用するであろう消防隊員の方は、アスリートが多いですしね。
これくらい重装備でも、問題なさそう(笑)。

まあ実際は、斥候とか初動対応が主な任務なんでしょうけど。

20130222-095444.jpg
(via: bikerumor.com)

消防の資機材は活躍することがないのが一番だけど、有事の際には役立って欲しいですね!

スポンサーサイト