Duro改 組む

カスタム&メンテナンス
12 /03 2016
あい、Duro改 組んでみました。

DSCN3018.jpg

20mmTA故にエンド幅110mmだし、26プラスも余裕!
なんて書いちゃいましたが、あまり余裕は御座いませんでした(DirtWizard 26x27.5")...

WTB の RANGER ならショルダーがラウンド形状なので2.8"なら履けそうだけど、3.0"は無理そうだな(汗)。
ま、そうなったら EPIXON に戻すまでよε- (´ー`*) フッ 。

明日は、ロングトレイルを走る予定です♪
ホイールが振れちゃうと心配だけど、ニップル回し持ってるからダイジョウブ!?

DSCN3006.jpg

ストロークの初期から中盤までは自由長の長いネガティブ・スプリングが縮み方向にアシストするので疑似的にバネレートが下がったような状態になり、中盤からはエアー・スプリングのみが反発するのでバネレートが上がります。

近所を少し試走しただけですが、思っていたよりも理想の動きに近づけたかも(あくまでも個人の物差しで)。

DSCN3023.jpg


MTBのサスペンションは現状を見る限り、まだまだ完成されたとは言い難く目が離せないですね!
各メーカー共に理想の特性と軽量化を追い求め、今後も開発・改良が行われて行くのでしょうね。

過去の過渡期のサスペンションも、実に面白いですけどね♪

s1600_SAM_1715.jpg
(via: vitalmtb.com)

最近ではFORMULAの、ピストンの首振りによる摺動抵抗の増加を抑制する狙いの、スイベル機構の付いたエアーピストン&ロッドが面白いと思いました。

p5pb13444115.jpg
(via: pinkbike.com)

国内でも某ショップさんで、アクションライドに特化したオリジナル・サスペンション・フォークを思案されているようで、個人的には楽しみにしています。
何でもプロトタイプは、カーボンと軽合金を多用したスペシャルになるようなので♪



スポンサーサイト