大メーカーはやることが違う ~ CONDUCT DISC BRAKE ~

新着情報
07 /06 2016
ジャイアントのロードバイクのボトムラインを担うモデルとして登場した、CONTEND(コンテンド)。
その中でも、ディスクブレーキモデルの CONTEND SL DISC が興味深い。

新しいブレーキシステム「CONDUCT DISC BRAKE」、
ワイヤー引きから油圧ラインへのコンバーターを、ステムと一体化させてしまったのです!!

大メーカーはやることが違いますね。
因みにブレーキ・キャリパーも、オリジナルみたいです...

GIANT、ゴイスー!!

73020-20120(6).jpg
(via: cyclowired.jp)


タイトルとは関係ありませんが、Curtis も27.5+やるみたいですね。

83mm幅のBB採用で無理なくタイヤクリアランスを確保すると同時に、リアセンターも短くして来そうです。
気になるヘッドアングルは、120mmフォーク時で66.5度。

フレームの材質はT45なのかな?
Curtis は僕の中で、所有してみたいと思う数少ないフレームの一つですね。

13557930_912656862193847_4487520263899913022_n.jpg
(via: facebook.com)

スポンサーサイト