現在最も、26+ に最適化されたフレーム

26インチ プラス バイク
05 /12 2016
国内の 26+ ムーブメントの一翼を担っている 空井戸サイクル さん。

とうとう、「26+」フレームの実走用試作機が公開されましたね♪
コチラ → 百年先では遅過ぎる。

c0189724_16444425.jpg

26+ の可能性を長年説いておられるので、走行性云々は期待通りでしょう!

加えてリアエンドが、135x10mmQRと142x12mmスルー、135mmSSのコンパチになっていたり、
シートポストがドロッパーポスト対応になっている辺りが、ユーザーにとっては嬉しいんじゃないかな。

これは僕の勝手な解釈なんだけど
26+の勢いが増せば、既存の26インチホイールを流用して楽しみたいという人も多いと思う。

そうなると、135x10mmQRのホイールを使いまわしたいという方も多いはず。
最新の27.5のホイールを組みたくなった場合でも、エンドを142x12mmに交換すれば対応可能。

まあこの辺りは、27.5インチありきで26+も楽しめるフレームと、逆の26+がメインのフレームと言う出生の違い、
オーダーフレーム(現在は実走試作車)ということを、他と比較する場合は考慮する必要はあると思いますけど。

あと言うまでもなく、ワイドリムでないと太タイヤの性能は活かしきれないんだけど、楽しむ分にはね♪
とりあえず26+を試してみたくて、それで可能性を感じたなら専用のホイールを組んで見るとかね。

c0189724_16482026.jpg
(via: 井戸端監視カメラ)

「なんかマッシブだなあ...」と思ったら、フォークがDuroluxなんですね。
Auron系のロワーはクリアランスが若干狭いようなので、26+で使うならEpixon系かDuroluxになるのでしょう。

26+ 俄然面白くなって来ました♪

スポンサーサイト