Today's 朝Ride

モンスタークロス
09 /30 2017
今日は休出を覚悟していたんだけど、思いがけず休むことが出来ました♪

明日は、ちょいハード目な山サイを予定しているので、軽く朝ライドして来ました。

軽くと言いつつも、勝手に体が峠へと...
ロードバイク乗りも朝が早いね、10人くらいスライドしたかな。

挨拶を交わした時のリアクションは人それぞれだけど、髭面にサングラスの厳つい感じの人が「ニコッ」っと笑顔で挨拶を返して来たりして、笑顔は大切だなって思ったりしました。

DSCF5349.jpg

そうそう、変速レバーをバーコンからコラムマウントに変更して、初めて走りました。
特に違和感はないんだけど、今までとレバーの取り付け方向が逆になったので、もう少し慣れが必要かな。

10速のディレイラーを曳いているけど、2クリックで1段変速しますね。

DSCF5347.jpg

峠は自転車乗りが数名居たのでスルーして、そのままマイナー林道へ。

皆有名な峠には行きたがるけど、他にも良い峠は沢山あるんだけどね。
このマイナー林道もロードバイクは殆ど見掛けなくて、ニッカボッカのランドナー乗りがやって来たりして、ほっこりするね♪

DSCF5353.jpg

林道は、山の斜面に張り付くようにある集落を経由して行きます。
上の画像の神社も良い雰囲気だったので、休憩させて戴きました。

すると前兆は全く無かったのに、急にお腹がゴロゴロと...
「こりゃ、早く帰らないとなあ」と思い、斜度20%近い坂を登っていると決壊寸前です!!

急いで林道脇の地道に逃げ込み、ギリギリセーフでした。
汚くてスミマセン、でも人間なので誰にでもある生理現象デスヨネ。

事なきを得て深呼吸すると、視線の先に気になる地形が...
なんとも立派な掘割の古道があったのです!!

思わず「ウソでしょ~!」と叫んだのですが、本物でした。
暫く歩いてみたのですが、ずっと続いているので諦めて戻りました。

深さ3m程で、ストレートの長さとコーナーRが絶妙で、今まで見た掘割の道で一番ヤヴァい感じでした。
まあ、倒木は当たり前だけどね。

興奮と暗さからブレブレで、まともな画像がこれしか無かった↓
DSCF5360.jpg

急いで地形図で確認するも、やはり記載されていない道でした。

以前少し書きましたが、古来よりこの地には208もの峠が存在したそうです。
勿論、新道建設や開発でなくなった峠も多数あるのですが、地形図にすら記載されてない峠や古道が多く存在します。

近年発行された国土地理院の地形図を見ても、峠の記載があるのは新道となった新しい峠や、山道でも要衝となっている峠のみです。

本格的な山サイを嗜まれている方は、地形図は更新される度に購入している位だそうで。
言うまでもありませんが、古い地形図程貴重な資料。

何たる偶然、そしてウン(笑)。

「山の神様が僕に微笑んだ」なんてロマンがあるし、そう思いたいけど、やっぱり日頃から穴があくほど地形図を見ているからなのかな。

必然的に、足がそちらの方角へ...

DSCF5365.jpg

でも実際、それくらい地道に研究して足を運んで汗を流さないと、良いトレイルなんて見つからないんだよね。

勿論、トレイルと金を絡ませることは絶対にしたくないので例えだけど、古道索道と道普請で家族を養えるなら、毎日山に入っていたいですね。

本当に、時間が足りないです...
まっ、贅沢な悩みかも知れないけどね。

気付けば、秋の空。

DSCF5368.jpg

スポンサーサイト