渋峠 ~雪の回廊~

パスハンティング
04 /23 2017
土曜日は相方にライドに誘って貰ったんだけど、メインバイクのホイールが壊れているのでホイールの組み替え。

色々あって取りあえず今回はチューブドで運用しようと思い、面倒でもシーラントの除去を行っていると「痛てっ!」。
木の破片が見事に刺さって貫通していました。

いやはや、シーラントは偉大ですね。
まあ DirtWizard は軽いだけあって、ペランペランなタイヤですからね。

DSCF4051.jpg

今日は、金曜日に開通したばかりの渋峠に行って来ました。
本当はGWに予定していたんだけど、今年は雪が多く残っているらしく我慢できませんでした(笑)。

それと天気予報で、今日は良い天気になると言う話しだったもので...

拠点にさせて貰ったのは、道の駅「草津運動茶屋公園」。
6時前に着いた時には、駐車している車も少なかったです。

DSCF4054.jpg

少し仮眠して、7時20分に出発。
草津温泉を横目に見ながら、ヒルクライムの始まりです。

この辺りは暖かくて、アウターを脱ぎました。
このまま良い天気になると良いのですが!!

DSCF4058.jpg

殺生河原手前の「殺生ゲート」は8時からゲートオープンなので、ゲートオープン後に到着できれば良いと思っていたのですが、予想よりも早く10分前に到着してしまい待つことに。

停まると寒い...
レストハウスは勿論開いていません。

DSCF4062.jpg

ゲートオープンの瞬間。
しかし「殺生ゲート」って、良く考えてみると凄い呼び名(笑)。

この時間から待っていたサイクリストは、僕を含めて4名いらっしゃいました。
もっと余裕を持てば良かったって?今日は市長選なので早めに戻るですよ。

DSCF4061.jpg

殺生ゲートを過ぎて直ぐ、殺生河原です。

硫化水素の匂いが強烈ですが、空気を吸わないと死んでしまうのが人間様。
思わず「臭っせえ~」と叫んでしまいました。

DSCF4065.jpg

順調に高度を上げて行きますが、雲行きが怪しくなって来ました。
気が付けば木々が霧氷に。

雪と強風に曝されて内臓が冷えて来た気がしたので、アウターを羽織ります。

DSCF4073.jpg

向かい風で進まないは、横風で30cm位い勝手に平行移動するは散々です。
もう手足が冷え切って来ました。

今日は安定した晴天だと聞いていたのに~!!
周りは真っ白だし寒いしで、山田峠辺りは全然楽しくなかったな(笑)。

DSCF4077.jpg

ようやく第一の目的、「雪の回廊」です。

青空がバックだったなら最高でしたが、こればかりは仕方ありませんね。
今年は例年よりも、雪の壁は高いそうですよ。

DSCF4083.jpg

僕が訪れた時は人も疎らで、落ち着いて写真を撮ることが出来ました。
帰る頃には、人が多くて大変そうでしたが...

グリーンのタイレルに乗られている方とはペース配分が同じで、下から上までほぼ一緒でした。

昨年の夏にも来られたそうですが、あまりの悪天候に「同じ場所とは思えない!」と笑っていました。

DSCF4084.jpg

雪の回廊を抜けると、日本国道最高標高地点です。

親切な自転車乗りの方がガタガタ震えながら、「写真撮ってあげますよ~」と声を掛けてくれました。
寒い中、ありがとうございました♪

この方の話だと、気温は-5℃とのこと。
かなりの強風だったので、体感温度は更に低かったと思います。

DSCF4091.jpg

渋峠ホテルに到着しました。
外気から身を守るもののない2輪乗りにとっては、本当にありがたい。

DSCF4094.jpg

証明書も発行して貰いました。
100円でした。

楽しみにしていたパン屋さんは早すぎたのかな?まだ営業していませんでした。
トイレは募金制なので(高所なので水は貴重)、小銭はあった方が良いと思います。

DSCF4096.jpg

もう少し待てば天気も回復しそうなので、プラプラと。
重機マニアにはたまらない?

DSCF4098.jpg

青空と雪雲の攻防に決着が付かないので、諦めて帰ることにしました。
雪の回廊を過ぎた辺りから青空が優勢になり、綺麗な景色が見えて来ました。

DSCF4102.jpg

この時間になると、続々とサイクリストが登って来ました。

DSCF4106.jpg

今日は遅く登り始めた方が正解だったようですね。
まあ、そういう時もあるさ!

下りは、すっかり気温も上がって最高に気持ちよかったです♪

DSCF4109.jpg

動画も撮って見ました、勿論下りですが。
ほぼ全区間駐停車禁止なので、動画なら後で見れますし。

可能であれば、HD 1080p でご覧ください。



スポンサーサイト