勝手にインタバ!!

新着情報
09 /27 2016
今年のインターバイクは、アウトドアバイクデモを撤退したメーカーが多数で会場が...
なんて話みたいですが、どの道行けない僕みたいな人間は、そないなことは関係なく楽しむまでです(笑)。


個人的に気になったのは、HEDのホイール。

コチラは26インチミッドファット用の65mm幅のホイールで、リム単体だと380gと軽量。
ガスケット・ニップルの採用でチューブレス化も考慮されています。

昨今の流れとして、ファットバイク用リムの基準とされた80mm近辺のリム幅から、若干ナロー化する動きがあるようですね。
狭い Q-factor の方が、対地形的に有利というシンプルな理由が大きな要因みたい。

ミッドファット派としては、嬉しい動きかも知れません。

hed-no-big-deal-raptor-plus-Interbike-2016-536-600x400.jpg

hed-no-big-deal-raptor-plus-Interbike-2016-535.jpg
(via: bikerumor.com)

新作タイヤは勿論27.5+サイズが多いけど、意外や意外26インチもポツポツ出ているのが嬉しい。
特に26"x2.6辺りのタイヤは、色々な意味で潰しが効くんじゃないかと期待しています♪

そんな中、TUBULAR READYなる変態タイヤも登場!
Singletrack Magazine では、チューブド・チューブレスなんて表現していますね。

タイヤとチューブが一体化しているから、チューブの摩擦が起因となる走行抵抗の低減には効果があるかも知れないけど...

パンクしたら、穴を探すのが大変そうです(笑)。
もしもタイヤ側に穴があいたとしたら、サムライスォードに頼るしかないっスね!!

tumblr_odws6b12wL1qzix2jo1_500.jpg

tumblr_odws6b12wL1qzix2jo2_500.jpg
(via: singletrackworld.com)


技術的に?面白いなあと思ったのは、Mutant Bikes の Spliner Cranks 。
BMX用クランクは各メーカ共に、クリエイティブ且つ革新的なことをやって来るのが面白いですね!!

s1200_3.jpg
(via: vitalbmx.com)


コンセプトバイクだけど、Integrated Disk Brakes はスマート。
ロードバイクにとっては、来年辺りがブレーキの大変革時期になると思うけど。

カーボンブレードのフォークだと強度的に課題はあるかも知れないし、ブレーキメーカーとフォークメーカーどっちがやるの?みたいな...
そないなこと言っていると、どこかの大メーカーが自社製でやっちゃうかもね(笑)。

tumblr_odyhquw8Ju1qzix2jo1_500.jpg
(via: nsmb.com)


そしてリアルに欲しいと思ったのは...
Topeak の ニンジャ・シリーズ・ボトルケージ 、その名も「NINJYA CO2+」。

s1200_Topeak_Ninja_Series_Bottle_Cages.jpg
(via: vitalmtb.com)

ニンジャ!!

スポンサーサイト