モンキー 98ST7 台湾坊主

自転車 全般
02 /28 2015
今泉さんより、2015 Monkey 98ST7 台湾坊主 の画像を送って頂きましたので、勝手に紹介しちゃいます♪

因みに98STの後に付く数字がホイールサイズを表しており、26"→98ST6、27.5"→98ST7、29"→98ST9、になります。

98ST台湾ボーズ(27,5インチ)

自分の98ST6が一番だと勝手に思っている僕ですが98ST7、ノリさんも大分お気に入りの様で、やっぱり羨ましい...

というのも、主流になりつつある?27.5"ホイール対応は勿論、
リアエンドは142mmx12mmスルーアクスル(シマノEアクスル)、ヘッドチューブはテーパーコラム対応。

ノリさん的には最新の規格にアップデートというよりは、
購入してくれたユーザーが、この先パーツ選択に困らないようにという配慮が大きいようです。

MTBはその性格上、他のジャンルの自転車よりもパーツ類は消耗品という考え方も多いはず。
更にモンキーのフレームを選ぶ方は、三度の飯よりも山が好きって「MTBジャンキー」が多いんじゃないかな!?
あっ、三度の飯よりもBeerかな(笑)。

そんな素敵な「山自転車野郎」への、ノリさんからの配慮なんだと思います♪

優秀なフレームをプロデュースする方は、御自身も相当量乗る場合が多いようですが、それを言うならノリさんが筆頭。
半分お仕事とは言え毎週山へ出勤(笑)されているからこそ、トライ&エラーで改良され続けているんだと思います。

今後、全国のモンキー取扱店に試乗車が旅に出るようなので、見掛けたら是非乗って見て欲しいですね♪
尚、予約を既に開始していますので、気になる方はワークショップ・モンキーさんまで!!


因みにモンキーさんの98STシリーズ、「29erは振り回せない」なんてセリフとは無縁で御座います♪
その位い、各ホイールサイズごとにジオメトリが煮詰められていますから、98ST7も楽しいはず!!

何しろ、乗って5分でこのあり様(爆) ↓



スポンサーサイト