24インチ ファットバイクに乗って見た!!

24インチ プラス バイク
11 /30 2014
待ちわびた週末。
早起きして、先週組んだ24インチ ファットバイクに乗って見たいと思っていたんだけど...
昨日の雨が思った以上に本降りだったので、山は自重しました(涙)。

東京都の話ではありませんが、
我々MTBerは今まで以上に、「山で遊ばせて貰っている」とう謙虚な気持ちを、忘れないことですね。

しかし折角の休日、家族の許可も得ているので、気分を切り替えてロードを楽しみます!!

朝方は、凄い霧でした。
でも、そのお蔭で霜は降りなかったので、安心して乗ることが出来ました。

DSC_0165_201411301934316d5.jpg

奥秩父に来られるサイクリストの方達、これからの季節は凍結は勿論ですが、塩カルも散布されるのでご注意を。
塩カルで白くなった路面は、スリッピーになるので。

あっ、クロモリ乗りの方なら悲鳴を上げちゃうかな?別の意味で(笑)。
僕もご多分に漏れず...

DSC_0168_20141130193831545.jpg

今日は群馬県堺まで登って、70kmのライドでした♪

嫁がウインター用のジャージを買ってくれたんだけど、凄く快適でした。
路面の凍結にさえ注意すれば、冬もロードを楽しめそうです。

DSC_0170_2014113019411999f.jpg


夕方に、河原で24インチ ファットバイクに乗って見ました。

いや~、思っていた以上の走破性の高さに驚きました。
普通のタイヤでは、タイヤが埋もれて走れない砂や砂利の上でも走れます。

3インチ幅のタイヤでコレだから、本当のファットバイクって相当凄いんだろうな!!

DSCN1145.jpg


んで気付いたこと...

リアハブだけは、高級なハブを組んだ方が良いです。
ペダリング出来ない場所で、ラチェットで進む時や、ウイリー降りする際に、ハブのノッチ数が少ないと難儀します。
シマノの安物ハブでは、フロントを上げたい時にフリーの爪が掛からなくて、思うように走れません...

あと、フレームは軽い方が良いです。
静から動への動きが多いので、このような走り方の場合は、物理的に軽量なフレームの方が良いです。

当たり前なんだけど、クロモリのDJフレームに組んだ僕が悪いんだけどね。
タイヤの反発も手伝ってアクティブに乗れそうなんだけど、とにかく重くて疲れます(笑)。
画的にはA-10 + FAT、相当カッコイイと思うんですけどね!!

あと、シッティングで乗れるポジションを取れること。
砂や砂利地を走る時、タイヤは常に沈み込んでいるので、常に坂を上っているのと同じ状態になります。
BBQとかで砂地に入った4WD車が、駆動系に無理が掛かってクラッチを焼いちゃうのが、良く分かります。

でも、難しいことは抜きにして、楽しいです!!
スノーライドが、今から楽しみ♪

30分しか乗れませんでしたが、動画にまとめてみました。


スポンサーサイト