バイクパッキングBOOK

本棚
03 /04 2017
SNS等で話題の、バイクパッキングBOOKを買いました。

私事ですが先日に口腔外科で軽い手術をした関係で、病院での待ち時間や家での静養に丁度良いかなと思いまして。

地元の書店を回ったものの全く見当たらなくて、結局ネットで取り寄せたら2日で届きました。
田舎だから、仕方ないですよね(笑)。

内容については個人により感想は異なると思いますので、気になる方は是非手に取って見て下さい。

僕個人の感想としては、読む前は「バイクパッキングのゴリ押しだったら嫌だな」なんて思っていたのですが(笑)、そんなことなくてMTBの進化・遊び方の背景等にも触れられていて、素直に面白かったです。

特に著者が今までに経験した、実体験に基づくライドの手記が面白かったですね。

あとは座談会のページで、現状MTBが抱えるトレイルでの立ち位置についてもきちんと討論されていて、感心しました。

DSCN3276.jpg
出版社: 山と渓谷社
ISBN-13: 978-4635242387

僕の中でのバイクパッキングですが、家を長期間空けることは出来ないので、ライドも基本的に日帰りです。
そうなると、フロントバッグがあれば事足りるのかな?

DSCF3067_20170304170752857.jpg

基本的に自転車にはあまり余分な物は付けたくないという美学があるので、旅の行程相応ってことでしょうね。
海外で長大で雄大な旅をされている方の自転車は、素直にカッコイイと思えるし。

結論から言えば、身の丈に合ったパッキングで楽しめれば良いかな。

絶景を楽しみながら飲むコーヒーの為に、バッグを一つ増やすのも十分な動機付けだと思うしね♪

DSCF2218_20170304170004888.jpg

以下は余談ですが、僕個人としてはウイリアム・ニーリーの「MTB!」、大竹さんの「韋駄天MTBオフロードライディング」に並ぶ名著になるような気がしました。

DSCN3288.jpg

僕のもう一つのバイブルが、この2冊ですね。
第一次MTBブームの頃に、穴があく位い読みましたね。

当時は車にも金が掛かっていたから、今ほどライドもカスタムもやらなかった(出来なかった)けどね。

DSCN3290.jpg


ケンクリのフォーク Helm カッコイイですね!

p5pb14448377.jpg

ダンパーは、やっぱりブラダ式なんですね。
現状、一番理想に近い特性が出せるのかな?

SSTが無いとダンパーオイルの交換が難しいのが、一番の難点ですかね。
まあ、ブラダ自体が伸縮を繰り返す為に消耗品と認め、素直にOHに出すのが得策かもね。

p5pb14448532.jpg

個人的に面白いと思ったのは、エアーボリューム・アジャスターの機構。
蝶ナットで締め付けってSSTも必要ないし、ユーザーフレンドリーだよね♪

MTBのサスペンションって、分解して調整するのが前提で面白いよね。

p5pb14448460.jpg
(via: pinkbike.com)

スポンサーサイト

山の神様、今年もありがとうございました

本棚
12 /31 2014
1年の最後に感謝の意味を込めて、トレイルのゴミ拾いをして来ました。

DSCF0276.jpg

なんだかなあ、他人由来の有機物の付着したティッシュなんて、好き好んで拾いたい奴なんていないだろ(涙)。

自然の中に身を委ねて「やっぱり自然は気持ちいいや!」とか言いながら、もう片方の手ではゴミを捨てて行く...
(トレイル内で多いゴミが、ティッシュ、キャンディーのパッケージ類です)

断言は出来ないけど、MTBerは徒歩に比べて移動速度が速いから、移動中にゴミを捨てるってことは稀な気がするなあ。
故にハイカーさんかなって思うけど、どちらにしろ個人のモラルの問題ですよね。

DSCF0272.jpg

以前も書いたけど、日本人は古来から万物に神が宿っていると考えて来た。
それは自然に対して、決して畏怖の念を忘れてはいけないということ。

山の神様、今年も遊ばせてくれて、ありがとうございました。

DSCF0274.jpg

今年最後に...
6月に発売された「素晴らしき自転車ライフ 」、素敵な本です♪

今年も相も変わらずネットでは、自転車乗り同士が足の引っ張り合いみたいなことを繰り返していましたが、
もし時間が許したらなら、こんな本を読んでみるのも面白いかもしれません。
(注意 ; MTBネタは全くありません、自転車が好きな人の為の本です)

自転車を楽しむ上で、各ジャンルとも”最低限のルール”はある訳ですが、最後は個人のモラルに頼らざるを得ません。
自転車がライフスタイルの一部になるくらい文化として成熟するには、もう少し掛かるのかな?我が国では。

自転車がライフスタイルの一部となったなら、ピュアに自転車を楽しめるかな?今よりも。

偉そうな事を言って申し訳ありませんが、理想を持ってこそ、語ることに意味があると思うのです...

91euBzOPhKL.jpg
クリス・ハドン (著)、リンドン・マクニール (写真)、 松井 貴子 (翻訳)
出版社: 二見書房 ISBN-10: 4576140698

That's Real MTB!

本棚
09 /22 2011
明日23日、久しぶりに濃ゆい「MTBムック本」が発売されますね♪

以下、紹介文より...
従来の“ノウハウモノ”のムックではなく、美しいビジュアルを中心にMTBの魅力・カッコよさをお伝えしていきます。

ってことで、期待大!?

んでも、「Share The Trail」については、必ず触れて欲しいと個人的には思います。
「Share The Trail」してる事がカッコイイと思えるような、土壌というかMTB文化を作ることが大事。

その辺り、期待しております...


09211119_4e7949a13d879.jpg

ISBNコード | 978-4-7779-2063-1
サイズ | AB判 120ページ
¥1,050 (税込)


3連休で、片づけなければならない仕事が入ったのですが...
届いた、図面がメタメタ(涙)。

せめて「通勤トレイル」を走ろうか、それとも久しぶりに夜にStreetの練習やろうかな...

自転車 ヴィンテージパーツ図鑑

本棚
07 /12 2011
先日出張先にて、珍しく?常識的な時間にホテルにチェックイン出来たので...
書店に行き、夕食後の読書タイム♪用の本を探していて、手に取ったのが「自転車 ヴィンテージパーツ図鑑」。

簡単に言うと、バイシクルクラブで連載されていた記事をまとめた本ですが、ちょっと勉強にもなるかな?なんて...

R0012757.jpg

僕のBlogを見て下さっている方はお気づきだと思いますが、MTBのパーツのインプレはあまり書いていません。
実際の所お金がないということもあり、パーツは壊れたら交換という事が多く、ぶっちゃけ「乗れれば何でもOK人間」なのです(笑)。

メンテナンス自体は大好きですが、乗ることの方がもっと好きなので必然的に「乗りネタ」ばかりです。
故に、最新のコンポが云々とかいう情報には全く疎いというか、興味がないというか(汗)...
無い部品を、自分で加工するとかは好きなんですけどね(笑)。

そんな僕ですが、この本は面白かったです♪
内容もロード寄りなのかと思いきやMTB色も濃く、十分に楽しめました☆

R0012758.jpg