2018 ハンドメイドバイシクル展 その②

雪が降りましたね~。
秩父では、この程度の雪では早仕舞いどころか残業デス...

街中でスノーライドと洒落込みたい所ですが、高校生とかオバちゃんが普通に?ママチャリで走っているし(爆)。


2018 ハンドメイドバイシクル展の続きです。

BYOB Factory に展示されていた、家庭用のフレーム冶具。
そうか!こういうアプローチもあるんですね、うちの会社なら直ぐにゴニョゴニョ(笑)。

DSCN3920.jpg

BYOB Factory でビルドされ、世界一周に使われた自転車。
タイヤの真中が、ナチュラルスリック状態でした!

自分で作った自転車で世界一周なんて、凄いことだよね~。

DSCN3930.jpg

ドバッツ・ライノ・ハウスさんの、27.5インチHT。
とても美しいフィレットブレース溶接ですが、自己主張し過ぎず凄く上品なMTBでした。

DSCN3925.jpg

WELD ONE さんの27.5インチLeftyフルサス。
WELD ONE さんは、毎回凝ったMTBを展示してくれるので嬉しいですね♪

weld1.jpg

ビルダーさんは溶接の匠として有名ですが、チューブをベンドせずにあえて溶接で曲げ加工。
しかも仕上げ(サンダー掛け)をしていなくても十分なんだから、「キャー」ですよ(笑)。

DSCN3958.jpg

展示されている物がマニアックであれば、訪れる方達もマニアック。
ラグや小物を前に、人だかりが絶えない。

DSCN3964.jpg

TANGE の自転車用チューブ。

DSCN3932.jpg

DSCN3933.jpg

こちらは、COLUMBUS。

DSCN3946.jpg

COLUMBUS はカーボンフォークも多数展示していましたが、勿論テーパードヘッドにスルーアクスルモデルも完備。
エンヴィよりも先進的?

DSCN3945.jpg

地元企業のグラファイトデザインは、カーボンチューブやラグの供給を始めるようです。

少し前にポストした話ではありませんが、クロモリチューブの性能を最大限発揮させるコンセプトで、熱処理されたクロモリチューブを入熱しないよう、カーボンラグに接着工法で組むフレーム案も提案?してみました。

もしも上記コンセプトのフレームが出たなら、僕が具申したアイデアです(爆)。

余談ですが、自動車業界では電蝕(でんしょく)に気を使っているのですが、自転車業界はそうでもないんだよね。
電蝕とはイオン化傾向の異なる導体同士の接触により起きる腐食のことですが、カーボンフレームに使用する接着剤は勿論考慮されているとのことです。

DSCN3947.jpg

フレームに使われる実に多様な小物類を扱う、たつみ商会さん。
エンド等の小物類も、スルーアクスルやディスクブレーキに対応したものが展示されていました。

DSCN3969.jpg

RECONの1pcブロックからの削り出しスプロケット。
SNSでも話題になっていましたが、22,407円は安い!との声も。

DSCN3937.jpg

無理して行きましたが、やっぱり自転車は楽しいですね♪

DSCN3942.jpg


週明けはネットで、「シクロクロッサーが言うバニーホップはポゴ説」とやらが盛り上がっていましたが、確かにそういう方も居るのかもしれないけど、揚げ足を取るからにはMTBer足るものバニーホップは習得して於きたいものですね♪

んでもね、シクロクロス用のバイクでちゃんとしたバニーホップをしている方は凄いと思いますよ。
股下にマニューバスペースの少ないホリゾンタルフレームなんかでバシバシ飛ぶ、固定ギアの方達なんかも本当に凄いと思う。

何かと馬鹿にされるポゴ(ポゴジャン)ですが、先の路面状況が不確定なトレイルライドでは、30cm位の障害物なら1アクションで即座に対応出来るポゴは個人的には有用だと思うんですよね。

バニーホップは高く飛べるけど、フロント・アップ→リア・アップの2アクションだし、高く飛ぶには大きなタメが必要。
また、トレイルライドでジャンプする機会が多いのは下り勾配が多く、下り勾配でのバニーホップは難易度が高い。

勿論、先の路面状況が分かっている条件であれば、バニーホップも有用だと思うけど。

トレイルライドで「飛ぶ」と言う表現をする方は多いけど、実際にはギャップに合わせてポゴジャンっぽいムーブになっている場合が多いんじゃないかな?

それと180についてもポゴ180を馬鹿にする方もいらっしゃいますが、敬愛する自転車部さんが書いていたんですが、「バニーホップ180はフィジカルが重要だけど、ポゴ180はフィジカルが弱くてもテクニックでカバー出来る」と。

そうなんですよ、アラフォーも突っ越してアラフィフになったジジイとしてはね、その辺でカバーして行くしかない訳で(汗)。

そんな訳でアラフィフのジジイでも、70cmは成功率が落ちるけど60cmは飛べますよバニーホップ。

ネットで雄弁も良いけど、MTBer足る物リアルにバニーで飛びたいものです!



スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 2018ハンドメイドバイシクル展

2018 ハンドメイドバイシクル展 その①

2018 ハンドメイドバイシクル展に行って来ました。

この狭い展示スペースでビルダーさん本人とマニアックな会話が所狭しと交わされており、ある意味サイクルモードよりも熱気溢れる会場ですが、数年前よりも確実に盛り上がっていますね!

まあ、サイクルモードに訪れる方とは客層が明らかに違いますけどね(笑)。

DSCN3918.jpg

関東地方は明日は大雪の予報なので、本当は今日走って置きたかったんですよ。
昨日は休出して、夜中の12時まで残業してなんとか仕事を片付けたんだけど無理が続いて扁桃腺が腫れるし(涙)。

んでも来たかったのは、2つ目的がありまして...


先ずは柳サイクルさんのブースに展示されている、この自転車。
以前幣BLOGでも紹介させて戴きましたが、山岳サイクリングに特化した自転車で24インチホイールを履いています。

オーナーである醍醐漫さんに直接、コンセプトなどをお聞きすることが出来ました。

24インチを選択したのは、やはり取り回しの良さと、走破性のバランスを考慮してとのこと。
20インチで試されたこともあったそうなのですが走破性が低くかったそうで、24インチであればエアーボリュームも稼げますからね。

DSCN3921.jpg

ヘッドは今時の規格を採用していて44ヘッド。

因みにホイールサイズは24インチだけでなく650B、700Cも想定していて、ホイールサイズごとに肩下の違うフォークと組み合わせることにより、色々な性格を楽しめるとのこと。

変速レバーはカンパの10速で、ブレーキはシマノのメカディスク。
グラベルバーの幅は580mmで、オフロードでも十分に抑え込めるとのこと。

DSCN3924.jpg

見た目はコンベンショナルな印象ですが、所々に最新のトレンドが採用されており、前後スルーアクスル。
剛性アップに、とても効果があったそうです。

いや~、ここまでオーナーのコンセプトが明確な自転車は稀でしょう。
ビルダーの飯泉さんも、醍醐漫さんから色々な物を吸収させて貰っていますと、おっしゃっておりました。

余談ですが「僕も24インチのMTBで山を走っているんですよ~」なんて話したら、先日も24インチ乗りの方が同様に訪れたとのこと。
どうも24インチ乗りは同族の匂いに敏感なようで、思わず笑ってしまいました。

DSCN3922.jpg


もう一つは、ワークショップモンキーの今泉さんへの御挨拶。
モンキーさんのブースは、他のブースが殺風景が多い中(失礼)賑やかな印象で、ギターなんかが置いてあったりして洒落ていました。

昨年は歴代のフレームを展示していたようですが(仕事で来れず)、今年は見ての通り98シリーズの展示となっておりました。

DSCN3973.jpg

気になっていたのは、今年開発のメインとなる 98 HiSpeed(奥の黄色のフレーム)。
以前開発されていた、98SH+シリーズとの相違点。

簡単明快に説明すると、ヘッドアングルを寝せて、BBハイトを下げ、リアバックを5mm(だっけ?)延長。
最新のトレンドである、スラックしたフレームですね。

このフレームをTig溶接でやるようなので、「スラックしたフレームでモンキーの乗り心地があったらな~」と思っていた方には朗報ですね♪

DSCN3971.jpg

ダウンチューブは、僕も乗っているA-10にも採用されているクロモリのハイドロフォーム。
ホイール取り付けの際に、ディスクでチェーンステイを削らないよう工夫されたCNC切削エンドも美しい。

因みに国内でハンドメイド用のエンドは、溶接で入熱することを考慮してS45Cのプレートを使っているそうです。


気になっている方もおられるかも知れませんが、フルサスフレームの進捗も聞いてきました。

現在はプロトタイプである18Kをベースに、サスペンションの開発者であるKさんが開発中とのこと。
リンク部品開発用にCNCフライスを自作され、部品を加工・開発されているようです!!

市販モデル名は20Kを予定されているようで、先代モデルの02Kから20Kへというのも趣がありますね♪

DSCN3972.jpg

他のブースにつきましては、追ってUPして行きたいと思います。


今泉さんに挨拶を済ませて、速攻とんぼ返り。
九段下から秩父まで2時間半、意外と早い様な遠いような(笑)。

まだ明るければ、少しでも乗って於きたい。
ワンチャンあり!16時前には無事山に入ることが出来ました。

DSCN3979.jpg

明日の雪、また100cmとか降らないよね!?
勘弁して。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 2018ハンドメイドバイシクル展 ワークショップモンキー 柳サイクル

太いタイヤを履くと、本当に下手になるのか?

昨今、プラスサイズ規格のタイヤもすっかり定着した感がありますね。

僕の予想ではBTRが元祖のスラックしたヘッドアングルやフォワードジオメトリ等の近代的なジオメトリを得て生き返ったハードテールバイク、そして強力なアシストを活かすためのトラクションを確保するためにe-MTBをメインに使われて行くのではないかと予想しています。

それ以外でも、「エアーボリュームは正義」と言うのは確かなようで、普通幅(以下、比較の為ナローと表記)のタイヤでもワイド化が受け入れられ、2.6"幅近辺のタイヤが増えて行くのではないでしょうか。

さて、ネットで良く目にする「太いタイヤを履くと、下手になる」という意見、皆さんはどう思われますか?

こればかりは、実際に両方の自転車を運用している人でないと何とも言えないでしょう。
誰かが言っていたのを、単に知ったかぶりで言っている人は論外ですね(笑)。

実は僕も太いタイヤを使い始めた頃は、そのスタビリティーの高さに同様に感じたものです。
しかしながら両者を乗り込んで行くうちに、浅はかな考えだったと再考させられました。


丁度、同じトレイルを26"ミッドファットと24"(敢えてナローと表現)で走っている動画があったので、継ぎ接ぎ編集してみました。
レベルが低い動画なので比較・検証までは至りませんが、何となく操縦性の違いなどを感じて戴ければと。

因みに使用タイヤサイズは、
26"Mid-Fat : Surly DirtWizard 26x2.75"
24"Narrow : DMR MotoDigger 24x2.35"

何で上記組み合わせなのかと問われると「僕が所有している自転車だから」としか言えないのですが、同じナロータイヤでも24"はよりクイックですから、より映像で違いを感じられるのでは?という狙いもあります。

実際に、この2台を同じトレイルで走ってみても操縦性が全く異なる物だと感じているのは、実際に乗ってみた僕が一番分かっているですけどね、上手く伝えられる手段が他に見つからない。


DSCN3218.jpg

結果は、多分皆さんがイメージされているものとあまり差異はありません。
太いタイヤは、凄く挙動が安定しているんです。

誤解を受けることを承知で書くと、上質なショートストロークのフルサスに乗っているかのような印象です。
(勿論、エアーボリュームと空気圧のさじ加減次第ですが)

ただこれを単純に「乗ると下手になる」と捉えてもいいのでしょうか?
これからテクニックを磨きたい人と、ある程度のテクニックを持っている人では、太いタイヤのメリットは違うのでは?


初心者さんが乗ったなら、路面の凸凹にも姿勢を乱し難く、安心して乗れるのではないでしょうか?
確かにテクニックを身に着けるには遠回りになるかもしれないけれど、その前にトレイルライドが難しいとか怖いと感じてしまったらどうでしょう。


中級者さんでも、一緒にライドしている仲間に付いて行けず悩んでいる人もいるかもしれません。
勿論、常識外のスピードを出すのは論外ですが、ぶっちゃけた話、やはり仲間と一緒に楽しみたいと思うんです。

そんな方達にも、ハード面でアシストしてくれるのは素晴らしいことだと個人的には思います。

但し最近のMTBは高性能化が進んで、自分のスキル以上のスピードを出してしまいコントロール不能になる可能性も否めません。
その辺りは自転車を販売したショップや仲間が、基礎的なテクニックを指導してあげるべきでしょう。


また、十分なスキルを持った人が太いタイヤのMTBに乗ったなら、今までよりもアグレッシブなラインを楽しめるかもしれません。
上級者なら外乱に強いという長所を、自分のスタイルに合わせて活かすことが出来るでしょう。

上手い人は何に乗っても上手、乗り物系の趣味での「あるある」ですね。
決して、下手になることはないでしょう。

上手い人は単に自転車を操るのに長けているだけでなく、きっとその自転車の長所を直ぐに察して操れるんだと思います。
僕も、そうなりたいものです(汗)。

DSCN2727.jpg

細いタイヤは太いタイヤと比較すると、神経質な面があることは否めませんが、純粋にコントロールを楽しむという気持ち良さはありますね。

それと、動画のバームを走っている場面を見て戴けると分かるかもしれませんが、一般的に細いタイヤ(ホイール)は物理的にマスが小さくなるので、加減速のレスポンスが良い為に気持ち良いのです。

バームを駆け上がる時に速度エネルギーから位置エネルギーに変換されて、掛け降りる時は位置エネルギーから速度エネルギーに変換される。

この時のレスポンスがとても良いのです、一般的にはジェットコースター気分とか、G(重力加速度)ってヤツですね!

逆に太いタイヤや大径タイヤは慣性が大きく働くので、一旦ホイールが回転し出すと回転が落ちにくく、巡行性が高いと言われますよね。

もうメリットもデメリットも、使い方次第でどちらにもなる訳です(笑)。


以上を踏まえると、個人的にはどちらも楽しいし、タイヤの太さが単純にライディング・スキルに結び付くとも思えません。

但し初心者さんには、ライディングやトレイルライド自体を安心して楽しめる方を、個人的にはオススメしたいですね。


こんなことを言うと、怒られてしまうかも知れませんが ↓

「太いタイヤを履くと下手になる」

これは案外、自分よりもテクニックで劣ると思っていた人が太いタイヤにしたら付いて来るので、自称上級者さんから苦し紛れに出ちゃったセリフなのかも知れません...

苦労した方が偉いとか、俺等も苦労したんだからお前らも苦労しろみたいな、日本人の「ど根性精神」みたいなのが垣間見れて、アレだなあと(汗)。





自転車、特にMTBは楽しんだもん勝ち!
他人様に迷惑を掛けないという前提ですが、お気に入りの自転車で楽しむのが一番。

テクニックも大事ですが、MTBは何より楽しく乗りたいものですね♪

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド ファットタイヤ

山茶花梅雨

週末休みの自転車乗りの悲鳴が聞こえて来そうな10月でしたね...

僕も御多分に漏れず、仲間が仕事の休みを折角合わせてくれたのに、1回しか乗れませんでしたね(涙)。

そんなことで本日も、雨・雨・雨...
しかも2週続けての、台風の大雨。

DSCF5401.jpg

先週の大雨で山の表土は、まだまだ多量の水を含んでいます。
これから雨が強くなることを想定して、ホーム・トレイルの水切りに詰まった落ち葉の清掃です。

DSCF5405.jpg

落ち葉を清掃するのは、あくまでも水切りが詰まっているから。
決して、落ち葉は悪者ではありません。

僕等が楽しませて貰っているトレイルは、落ち葉を掃くことは敢えてしません。

多量の雨が降りトレイルに水が流れ出すと、流水が表土を流してしまいます。
しかし落ち葉があると水の流速が抑えられ、表土を削る速度も低下します。

例え表土が流されて石ころだらけになっても、落ち葉を微生物が分解することで再び表土へと還って行くのです。

まあ見た目も、如何にも自転車用に整備したトレイルみたいで不自然で嫌ってのもあるけど...

DSCF5403.jpg

水切りの清掃には、三角鎌が便利です。
農家には必需品の農具で、除草と土寄せに使われる物です。

無理な姿勢にならず、立ったまま作業が出来るので楽なのです♪

DSCF5408.jpg

それと、作業にはワークマンの 透湿レインスーツSTRETCH を着てみました。

MTBのトレイルライド用の、ウインドブレーカー代わりに使いたいと思いまして。

トレイルライドではアウターはどうしても傷みやすいですからね、この値段で防水性と透湿性があれば最高です。

img08.jpg
(via: store.workman.co.jp)

透湿性の目安になる透湿度は5.000g/㎡ 24h と言うことで、自転車を漕ぎ続けるような発汗量の多い運動には、流石に性能不足でしょうか?

しかし、今回のように軽い屋外作業であれば蒸れることもなく快適でした。
また、ヒルクライムの時には脱いで、休憩や下りで羽織る使い方なら十分と思えました。

DSCN3652.jpg

それよりも驚いたのは、この価格で造りが本格的なことでした。
縫い目と言う縫い目には、止水テープが施工されています。

DSCN3646.jpg

自転車での使用も意識したのか背中側の裾は長めになっており、めくり上がり防止の滑り止めテープが縫い込まれています。

また自転車では邪魔になるフードも、ロールアップして収納可能(但し、やり方が良く分からない)。

DSCN3647.jpg

ファスナーにはYKKの止水ファスナーが使用され、雨蓋まで付いている。

腹部のサイドポケットは止水ファスナーこそ採用されていない物の雨蓋付で、開放するとベンチレーションになります。

ワークマンの本気を感じる造りです!

アウトドアスポーツはどれもそうですが、MTBは特にウエアも消耗品ですからね。

最近のワークマンの製品からは、目が離せませんね!!

DSCN3648.jpg

チューブレス用のリムテープが割と高価だと言うことで、代替品を求める方も多いようですね。

ダクトテープの最強版と言われる、ゴリラテープがメジャーなようですが。

僕の場合は、ロード用の細めのリムに使用するチューブレスに対応したリムテープが欲しくて、色々探してみました。
普段使用している NoTube の黄色テープも幅21mmからで、それよりも細いものが中々見つからなかったので...

海外のサイトで知ったのが、スコッチの8898というテープでした。
都合の良いことに幅18mmから揃っているので1個買ってみました、しかも安い(笑)。

断って於きたいのは、現段階では口コミで「使えるよ」ってだけで、未だ実際には試していません悪しからず。

実際に使用する時は、またレポートします。

DSCN3655.jpg

日本の研究者が開発したタフポリマー、本当に凄いね。

驚くべき強靭性を誇り、ポリマー素材もネクストレベルに到達するんじゃないかな。
既にガラス繊維を積層したリーフスプリングは、実現したみたいだし。

自転車のカーボンフレームも飛躍的に衝撃に強くなり、破断や積層の剥離というリスクも大幅に下がるかもね。

また従来にない、自己修復性(光や熱で元に戻る)には驚くばかり。
せん断した材料を押し付けると、常温でも接合してしまうんだから...
※動画もあるので探してみると面白いよ、狐につままれたみたいだ。

僕の大好きな素材スチール(鉄)も、まだまだ進化しています。
特に金属材料基礎研究所と日本の製鋼大手5社が開発した、スーパー・スチールも世界を変えると期待されているし。

自転車の材料も、まだまだ進化が止まらなそうですね♪

DSCF5410.jpg

今度の週末こそ、晴れて...

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : トレイル整備 リムテープ ワークマン

回帰?それとも? ~ エアサスよもやま話 ~

MTBでは昨今の流れとして、AM(オールマウンテン)用のフロントフォークやリアユニットに、コイル・スプリングが見直されている動きがありますよね。

素材などの進歩で、重量面でもエアー・スプリングに”トータル面で”対抗出来るようになったからかも知れませんね。

まあ、チタンスプリングとかの飛び道具を使ったものは少ないので、設計面での努力も大きいのだと思います。

そんな中、僕は勉強不足で知らなかったんだけど、モトクロッサーのフロントフォークは、エアースプリングの採用が普及し出しているのだとか。

Showa_TAC_1-750x1000.jpg

MTBにフロントフォークが標準装備になり始めた頃、モトクロッサーからの技術的なフィードバックがあったことは疑いようのない事実ですよね。

ですから、あの頃はモーターサイクルのサスペンションを得意としているメーカーが、MTBのフロントフォークにも多く参入していた。

その後は「似て非なる物」と言うことが分かって来て、独自に進化して現在に至る訳ですね。

特に人とマシンの重量の関係や、MTBの場合はペダリングロスも考慮が必要だったり特殊だし、一番は市場規模がモーターサイクルよりも遥かに小規模と言うのも要因だと思いますが...

ところがどっこい、エアースプリングのサスペンションでリードしていた?MTBから、今度はモトクロッサーへと派生した訳ですよ。
まあ僕の勝手な想像で、真偽のほどは分かりませんが(笑)。

h1_sff-air.jpg

SHOWA Separate Function Front fork Air

SHOWA のサイトを見ると面白いですね。
MTB用と構造は変わりませんが、名称が微妙に違ったり。

例えば、ネガティブ・スプリング用のチャンバーのことを、バランスチャンバーと呼んだり。
でも構造さえ理解していれば、意味はしっかり分かると言う(笑)。


しかし何故、モトクロッサーにエアースプリングが受け入れられたのでしょうか?
以下は僕の勝手な持論ですが、先ずはMTBでコイルスプリングが回帰している流れにヒントがあるような気がします。

軽量化で重量面のハンディキャップが縮まったとしても、物理的にコイルスプリングの方が重いことには変わりないでしょう。

それでもコイルスプリングを使う理由は、エアースプリングの特性と、その構造から来る「初期動作のフリクション」を嫌ってのことではないでしょうか?

エアースプリングは構造上気密性が重要になるので、シール材の抵抗が付きまといます。
摺動抵抗が一番大きいのは、動き始める時なのです。

車重の軽いMTBは、この初期動作のフリクションが如実に感じられる訳です。
この辺りは、最新のエアーサスペンションがネガティブ領域のボリュームを増やす傾向にあることからも伺い知れます。

逆に車重が人間よりも重いモトクロッサーでは、この初期動作のフリクションがMTB程は問題にならないのかも知れませんね。

そしてそれ以上にエアースプリングのメリットである、軽量さとスプリングレートを自在に調整できるメリットが大きいのだと思います。

しかしセッティングの幅が広いと言うことは、セッティングの迷宮に陥る可能性もある訳で、専用アプリもあるようです。

この辺りは、MTBと同様ですね(笑)。

h1_sff-air_support.jpg

なんだか面白いことになって来ましたね~。

個人的にはオーリンズUSAのように、エアースプリングの技術を武器に新規参入もしくは再参入してくれるメーカーさんがあると嬉しいですね♪

オーリンズUSAの場合は、スタッフの中にMTB好きが多いとか。
他のメーカーさんの中にも、熱烈なMTBファンの方が居ることを願いたいですね♪


今後サスペンションは、どんな風に進化して行くのでしょうかね?
将来的にはアキュムレータを内蔵して、アクティブサス的なものも出て来るかも知れません。

アクティブサスと言えば、BOSE のこの動画が有名ですよね。

特に注目すべきは、1:10秒からの映像です。
車がバニーホップをしています(爆)。

バニーホップが出来ない方も、サスペンション任せで1mオーバー飛べる日が来るかも知れません。
飛べない人が飛ばされたら、逆に危険だけどね。



またリアサスの反発力を有効に使える、トライアル車なんて出て来るかも知れませんね。

勿論、コンペには出場できないかも知れないけどね。
流行りの、メカニカル・ドーピングって奴でしょうか(笑)

下の画像は伝説のフルサスのトライアル車ですが、リアサスの反発のタイミングとシンクロするとリジッド以上に高く飛べたそうです。

10257990_243295039196023_8294199211136239117_n.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : エアースプリング フロントフォーク SHOWA SFFAIR BOSE

プロフィール

Danny T

「首都圏の秘境」と呼ばれる地を走る、雑食系バイカーのBLOGです♪

過去に腰椎骨折、椎間板ヘルニアでも、楽しく乗ります!

Author:Danny T


t_20130311192032.gif















カテゴリ
月別アーカイブ
リンク