シュレッダーバルブのリムのチューブレス化に挑戦

カスタム&メンテナンス
10 /15 2017
秋の長雨でしょうか、暫く太陽の顔は拝めそうにありませんね...
まあ僕的には仕事が忙しくて、腰の調子が悪いので安静ですかね。


さてさて、今回も一般的には全く参考にならないニッチな記事です(笑)。
先ずはタイトルの通り、シュレッダーバルブ用のリムのチューブレス化に挑戦してみました。

チューブレス化が一般的になった昨今ですが、広義の意味でチューブレスに対応しているリムの殆どがフレンチバルブ用です。

最初に断っておくのは、今回は使用するリム、タイヤ共にチューブレス化に対応していないと言うことです。
シュレッダーバルブ云々の他にも、難関が多いってことで(笑)。

自転車用のチューブレス用のシュレッダーバルブも無いことは無いのですが、一般的ではありません。

しかし、身近な所でバルブは安価で手に入ります。
オートバイ用のチューブレスバルブです。

バイク用品店で買ったので800円でしたが、ネットではもっと安価に入手できるようです。

R0017912.jpg

バルブ自体はこんな感じ。
バルブをリムに通してナットを締め上げれば、パッキンが密着して気密が保たれるでしょう。

機能的には十分な物ですが、オートバイ用と言うこともあり鉄か真鍮か分かりませんが重いのが難点かな。

R0017903.jpg

ここまでは順調?ですが、難関はこれからです...

使用するタイヤは Specializede BigRoller 24x2.8"、リムは Spank Tweet Tweet Rim とチューブレスは勿論 TLR にも対応していません。

Spank のリムは「チューブレス化に際し手強い」という話を聞きます。
更に今件のリムは、バルブ部分が凸形状の断面でバルブのパッキンが密着し辛い形状です。

なのでパッキンにシリコンを塗って、ナットを締めて気密を確保します。

R0017906.jpg

リムテープは Notube の黄色テープを2重に巻いて、タイヤとチューブを嵌めて空気を入れて一晩置き、リムとテープの密着を確保しました。

もうここまで来たら、バルブ周りの対策は万全でしょう。
これで駄目だとしたら、リムとタイヤのビードの相性ですね...

R0017910.jpg

結果、やっぱり駄目でした。
エアータンクを使ってビードを上げようと試みましたが、全くダメでした...

リムかタイヤ、どちらかがチューブレス若しくはTLRに対応していればハードルは下がると思うのですが。

勿論世の中には情熱と工夫で、どんな組み合わせでもチューブレス化をする方もおられますが、僕にはそこまでの情熱は湧きませんでした(直ぐに嫌になった)。

正しバルブ周りはこれで十分だと思うので、リムとタイヤの組み合わせ次第だと思います。

今後、チューブレスに対応したリムでホイールを組んだなら、挑戦します。
でも現実的には、24インチでの組み合わせでは難しいのかな...

R0017868.jpg


あとついでにもう一つ。

現在15mmTA用のホイールを 9mmQR用のカーボンフォークに装着しているのですが、取り付けにはこんな懐かしいパーツを使用しています。

フロント・ホイールのアクスルが、15mmTA に移行する際の過渡期に出て来たパーツですね。
昔買って仕舞い込んであったのを、引っ張り出して来ました。

んが袋からも出していなかったのに、両端に付いているはずのOリングが付いていなかったよ、流石中華製(笑)。

R0017915.jpg

Oリングが入っていないと微妙なクリアランスを吸収出来ないので、手持ちのOリングを漁って適当に嵌めました。

こう言うことがあるから、Oリングも捨てられないのよ...

DSCF5397.jpg

こんな感じです。

すっかり廃れた感のある 9mmQR ですが、15mmTAが出るまでは皆さん普通に使っていた訳で、全く使えないなんてことはありません。

そりゃあ、15mmTA の方が性能や使い勝手が良いのは勿論ですがね。

リジッドフォークなら、十分って気もします。

DSCF5398.jpg

スポンサーサイト

Dixna レバーコラムマウントOS

カスタム&メンテナンス
09 /17 2017
折角の連休でしたが、初日は雨が降り出す前に走ろうと思い、午前5時に起きて準備していたら雨が降り出して来たのでトレイルライドは自重しました(涙)。
う~、残念。

先日TVで見た、道の駅「ららん藤岡」に行ってみたいと嫁が言うので出掛けました。
秩父谷を出ると、雨は降っていませんでしたね。

道の駅としては規模も大きく、フードコートが充実していました。

DSC_0292.jpg

たまたま STIHL のブースが出展されていました。
海外の巨木を切る為なのでしょう、デカイです!!

我が家には5台のチェーンソーがありますが、いつかは STIHL か Husqvarna が欲しいですね。
特に Husq は、ヘルメットとかもカッコイイんだよね~。

DSC_0293_201709171128163e9.jpg

日曜日は台風の影響で雨。
しかし、秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会は行われていました。

DSCN3580.jpg

公道を閉鎖して行われる、全国的にも珍しいロードレース大会です。

公道を閉鎖すれば色々弊害もある訳でして...

この大会を永続的に望むのであれば、事前の練習に訪れる際には交通ルール等、最低限のマナーを順守して戴けたらと思います。




さてさて、GIRAMONDO はバーコンで駆動系を制御しているのですが、使い込んで行くうちに不満点も出て来ました。
勿論、機能的には十分な訳で、主に使い勝手ですかね。

具体的には、自転車を立て掛けた際にレバーが勝手に動いていたり、信号で停車した際に膝に当たりレバーが動いてしまう等。
何度か気付かずにペダルを踏んで、チェーンを脱線させているのです。

DSCF2923_201709171253058f7.jpg

そこで Dixna のレバーコラムマウントOS を使って、レバーの位置を変えてみることにしました。
画像は、レバーコラムマウントにダブルレバーを取り付けた状態です。

因みにバーコンとして使用していた Micro Shift のダブルレバーは、取り付け不可でした。
推奨しているのは DIA-COMPE のダブルレバーで、シマノ製も大丈夫なようです(シマノは未確認)。

DSCF5166.jpg

レバーコラムマウントと言う名称通り、コラムスペーサーの代わりに挟み込む訳です。
厚みは15mmですね。

DSCN3556.jpg

ダブルレバーを扱いなれた方は、問題なく組めると思います。
僕はブラックを選択しましたが、クラシカルなスタイルが好みの方はシルバーも良いかも知れませんね。

DSCN3554.jpg

DSCN3561.jpg

このパーツの組み付けの肝は、アウターの引き回しでしょう。
ハンドルを切っても突っ張らなく且つRが大きくなり過ぎないよう、長さの微調整を繰り返しました。

長く自転車をやっている方は分かると思うけど、アウターのキャプは金属製で。

DSCN3558.jpg

今の所このマウント方式のデメリットとして思いつくのは、サイコンやスマホホルダーをステム付近につけられないことかな。

僕の場合は、ハンドルバーに付けているマウントを横に逃がせば問題ないので、大したデメリットは無さそうです。

DSCN3564.jpg

バーコンから組み替えるには、バーテープも交換しないといけません。
バーテープも大分痛んでいたので、丁度良い機会と言うことで交換。

Dixna のロードバーテープのブラウンを選択しました。
カタログの画像ではもう少し濃い色だったのですが、実際はブラウンと言うよりはタンですかね。

DSCN3569.jpg

テープはステッチタイプなので通常のテープの倍の厚みがあり、巻くのは少し難しかったかな。
しかしゴルフグリップ素材と言うことで、しっとりとした握り具合で雨の日も滑らなそうです。

また僕のドロップバーはグラベル用なので下ハンが広く長い、テープの長さが足りるか心配でしたが問題ありませんでした。
因みにフィニッシュテープやエンドキャップも付属しています。

DSCN3566.jpg

フォークコラムの防錆

カスタム&メンテナンス
09 /06 2017
アドベンチャーロードバイクである MASI Giramondo ですが、雨の中乗る機会が多い。

と言うのも、雨の後でトレイルライドを自重した時、いわゆる天気の優れない時に乗ることが多いので必然と...

DSCF4869.jpg

乗鞍ライドでズブ濡れになったので、2週間放置してあったけど念のためヘッド周りだけでもグリスアップして於こうと分解するものの、フォークが抜けない(汗)。

クロモリフォークのコラム部分は無塗装なので、水が溜まり赤錆が発生していたのです。
しかも赤錆が膨張して、コラムが抜けなかったのよ(笑)。

取りあえずスコッチブライトで軽く錆を落としたものの、いずれ錆るだろうと思い防錆処理しました。

まあMTBやロードバイクは、フォークコラムもアルミやカーボンでしょうから必要ないですよね。

用意したのは、KURE ラストリムーバと、クリアのサビ止め塗料。

DSCF5168.jpg

作業中の画像はないけど、リン酸であるラストリムーバで錆落とし。

酸なので、処理する場所以外に付着しないようマスキング。
(画像は作業後です、悪しからず)

DSCF5169.jpg

コラム内部は黒染め処理がしてあるのですが、リン酸が付くと綺麗に処理されてしまいます。
過去に経験済み(笑)。

マスキングするのが面倒なので、粘土を平たく伸ばしてコラムを刺せばマスキング完了です。

DSCF5174.jpg

今回リン酸の錆落としを選択したのは、リン酸は酸化鉄と反応しリン酸塩の被膜を作ります。
処理後に水洗しても、直ぐに錆びる心配がないんですね。

歯ブラシで擦って、9割方錆を落とすことが出来ました。
錆が落ちた部分は、ピンホール状に凹んでいます。

十分に水洗い後に乾燥させ、脱脂してからクリアスプレーを吹きました。

サビ止めとあるけど、亜鉛を含有している訳でもなさそうだし、普通のラッカースプレーっぽいっス(笑)。
まあ、うたい文句を信じて。

すっかり綺麗になりました♪
って、画像は全て錆落とし後なんですけどね。

流石に酸性の液体を使いながら、カメラは触りたくなかったので...

これで安心して乗ることが出来ます!!

DSCF5171.jpg

基本的にクロモリフレームでも雨のライド後は、シートポストを抜いて逆さにして乾燥させるだけで十分だと思います。

「鉄」とは言っても含有する成分により多種あって、構造材として一般に使われる材料よりも、クロモリ鋼は錆びにくいと思います。

MTB 11速化とシマノ クイックリンク

カスタム&メンテナンス
06 /03 2017
メインバイクである Monkey 98ST7 を、11速化しました。

DSCF4439.jpg

実情は最新のコンポにしたいとかではなく、単純にコレが使いたかっただけ。
SLX CS-M7000-11(11-42T) です。

今まで使っていた社外のビックコグだと、どうしても変速の切れが悪くなりますし、1枚抜いた17Tの前後の繋がりが悪くてストレスが溜まっていたもので、思い切って11速化した訳です。

ようやくMTBとロードが10速で統一出来たのですが、まあ仕方ないですね。

DSCF4431.jpg

XT の11-46T と迷いましたが、今回はSLX の 11-42T を選択しました。

「そんな激坂登らんから、そんなデカいギヤいらん!」って方も居るかと思いますが、ドロッパーポストとの組み合わせを考慮したフロントシングルで、僕等みたいに一日中山を走るとなると少しでも軽いギヤがあるのは有用なのですよ。

要るか要らないかは、その人のスタイルによって変わって来ると思うのです。
少なくとも、僕らはリアルに山を走っていますから。

DSCF4434.jpg

組み合わせるリアディレイラーは、SLX RD-M7000-11-GS を選択しました。

ビックコグとの組み合わせを考慮し、ガイドプーリーの歯丈が高くなっています。
因みにBテンション・ボルトも、デフォルトで長いボルトになっています。

DSCF4429.jpg

勿論チェーンも11速用のチェーンに交換して、今回はコレを買ってみました。
噂の?シマノ製のクイックリンクです。

DSCF4419.jpg

1pc 2個入りです。
方向性があるので、取り付ける際には注意が必要です。

さて各パーツの取り付けを終えてチェーンをギヤに掛けて、チェーンを切るために長さを確認します。
何せフロントシングルと言えど、11-42T ですから下手に切れません。

そこでクイックリングを嵌めようと思ったのですが、クイックリングは再使用禁止です。
仮止めで嵌めてしまったら終りやん(笑)。

そこでチェーンの長さ出しには、10速のミッシングリンクを使用しました。
(クランクを手で回す程度では、全く問題ありませんでした)。

DSCF4423.jpg

さて、チェーンの長さも決まり詰めたので、クイックリンクを取り付けようとしましたが、どうやっても手では嵌められません。

既にゴミ箱行きだった取説を読むと、やはり専用工具が必要なのです。

「これじゃあクイックリンクと呼べないんじゃあ...」なんて思うものの、シマノとしては再使用を禁止していますから、手でホイホイ着脱出来るようではイケナイという考えなのでしょう。

DSCF4435.jpg

でもこの程度でオジサンは凝りません(笑)、器用な人ならスナップリングプライヤーを使えば着脱は可能です。

でも工具が必要なのは、なんだかなあ。
次は、KMC のを買うか。

DSCF4437.jpg

最後に11速のドライブトレインを組んで思ったのは、やはり調整がシビアですね。

そりゃあ同じフリーボディーの幅でより多くのギヤを入れている訳ですから、1インデックス辺りのワイヤーの引き量も少なくなっていますからね。

9速の頃とかはシフターのアジャスターなんて、ワイヤーの初期伸びを考慮してテンションを掛ける方向にだけアジャスト出来れば問題なかったけど、こうもシビアだとアジャスターは中間位置にして於いて微調整が必要ですね。

9速→10速に換えた時に、スノーライドでカセットに雪の塊が付着すると脱線してシビアだと感じたけど、その辺りはどうだろう。

理論的にはまだ多段化出来るらしいけど、MTB用コンポは岩に当てたり「ガシガシ」使う物ですから、あまりシビアで繊細な物にはなって欲しくないな。

DSCF4442.jpg

ところで、オプチカルインディケーターって使う人居るのかな?
どうせ外すんだから、オプション扱いにしてくれた方が嬉しいんですけど、そう思いません?

ALFINE チェーンテンショナー

カスタム&メンテナンス
05 /21 2017
Monkey A-10 寄り道仕様、懲りずに?シングルスピードで楽しんでいます。

A-10 はバーティカルエンドですから、チェーンテンショナーとしてシマノ ALFINE のテンショナーを使っています。

しかし、リアディレイラーで言う「Bテンション」の部分が調整式ではない為、テンショナーとチェーンステイの間隔が広くなってしまいました。

DSCN3313_201705212137547d7.jpg

そこでBテンション部のストッパーを半分ほど削り、上記間隔を狭めて乗っていました。

ところがバニーの着地で、嫌な音が...

ストッパーを半分に削ってしまったため強度が不足したようで、ストッパーにクラックが入り捥げてしまいました。

DSCF4256.jpg

アクティブに乗る方は中途半端に削ったりせず、最初から削り飛ばしてしまった方が良いようです。

これだどチェーンステイに「ガチャガチャ」当たるので、予めインシュロック等でチェーンステイに縛り付けて置くのが良いでしょう。

DSCF4261.jpg

以上はイレギュラーな使い方をしているからであって、ALFINE のテンショナーが弱いとか言うことではありませんのでご了承願います。