MTB 11速化とシマノ クイックリンク

カスタム&メンテナンス
06 /03 2017
メインバイクである Monkey 98ST7 を、11速化しました。

DSCF4439.jpg

実情は最新のコンポにしたいとかではなく、単純にコレが使いたかっただけ。
SLX CS-M7000-11(11-42T) です。

今まで使っていた社外のビックコグだと、どうしても変速の切れが悪くなりますし、1枚抜いた17Tの前後の繋がりが悪くてストレスが溜まっていたもので、思い切って11速化した訳です。

ようやくMTBとロードが10速で統一出来たのですが、まあ仕方ないですね。

DSCF4431.jpg

XT の11-46T と迷いましたが、今回はSLX の 11-42T を選択しました。

「そんな激坂登らんから、そんなデカいギヤいらん!」って方も居るかと思いますが、ドロッパーポストとの組み合わせを考慮したフロントシングルで、僕等みたいに一日中山を走るとなると少しでも軽いギヤがあるのは有用なのですよ。

要るか要らないかは、その人のスタイルによって変わって来ると思うのです。
少なくとも、僕らはリアルに山を走っていますから。

DSCF4434.jpg

組み合わせるリアディレイラーは、SLX RD-M7000-11-GS を選択しました。

ビックコグとの組み合わせを考慮し、ガイドプーリーの歯丈が高くなっています。
因みにBテンション・ボルトも、デフォルトで長いボルトになっています。

DSCF4429.jpg

勿論チェーンも11速用のチェーンに交換して、今回はコレを買ってみました。
噂の?シマノ製のクイックリンクです。

DSCF4419.jpg

1pc 2個入りです。
方向性があるので、取り付ける際には注意が必要です。

さて各パーツの取り付けを終えてチェーンをギヤに掛けて、チェーンを切るために長さを確認します。
何せフロントシングルと言えど、11-42T ですから下手に切れません。

そこでクイックリングを嵌めようと思ったのですが、クイックリングは再使用禁止です。
仮止めで嵌めてしまったら終りやん(笑)。

そこでチェーンの長さ出しには、10速のミッシングリンクを使用しました。
(クランクを手で回す程度では、全く問題ありませんでした)。

DSCF4423.jpg

さて、チェーンの長さも決まり詰めたので、クイックリンクを取り付けようとしましたが、どうやっても手では嵌められません。

既にゴミ箱行きだった取説を読むと、やはり専用工具が必要なのです。

「これじゃあクイックリンクと呼べないんじゃあ...」なんて思うものの、シマノとしては再使用を禁止していますから、手でホイホイ着脱出来るようではイケナイという考えなのでしょう。

DSCF4435.jpg

でもこの程度でオジサンは凝りません(笑)、器用な人ならスナップリングプライヤーを使えば着脱は可能です。

でも工具が必要なのは、なんだかなあ。
次は、KMC のを買うか。

DSCF4437.jpg

最後に11速のドライブトレインを組んで思ったのは、やはり調整がシビアですね。

そりゃあ同じフリーボディーの幅でより多くのギヤを入れている訳ですから、1インデックス辺りのワイヤーの引き量も少なくなっていますからね。

9速の頃とかはシフターのアジャスターなんて、ワイヤーの初期伸びを考慮してテンションを掛ける方向にだけアジャスト出来れば問題なかったけど、こうもシビアだとアジャスターは中間位置にして於いて微調整が必要ですね。

9速→10速に換えた時に、スノーライドでカセットに雪の塊が付着すると脱線してシビアだと感じたけど、その辺りはどうだろう。

理論的にはまだ多段化出来るらしいけど、MTB用コンポは岩に当てたり「ガシガシ」使う物ですから、あまりシビアで繊細な物にはなって欲しくないな。

DSCF4442.jpg

ところで、オプチカルインディケーターって使う人居るのかな?
どうせ外すんだから、オプション扱いにしてくれた方が嬉しいんですけど、そう思いません?

スポンサーサイト

ALFINE チェーンテンショナー

カスタム&メンテナンス
05 /21 2017
Monkey A-10 寄り道仕様、懲りずに?シングルスピードで楽しんでいます。

A-10 はバーティカルエンドですから、チェーンテンショナーとしてシマノ ALFINE のテンショナーを使っています。

しかし、リアディレイラーで言う「Bテンション」の部分が調整式ではない為、テンショナーとチェーンステイの間隔が広くなってしまいました。

DSCN3313_201705212137547d7.jpg

そこでBテンション部のストッパーを半分ほど削り、上記間隔を狭めて乗っていました。

ところがバニーの着地で、嫌な音が...

ストッパーを半分に削ってしまったため強度が不足したようで、ストッパーにクラックが入り捥げてしまいました。

DSCF4256.jpg

アクティブに乗る方は中途半端に削ったりせず、最初から削り飛ばしてしまった方が良いようです。

これだどチェーンステイに「ガチャガチャ」当たるので、予めインシュロック等でチェーンステイに縛り付けて置くのが良いでしょう。

DSCF4261.jpg

以上はイレギュラーな使い方をしているからであって、ALFINE のテンショナーが弱いとか言うことではありませんのでご了承願います。

事の顛末

カスタム&メンテナンス
05 /21 2017
日曜日は家のエアコンの設置工事などを依頼していたので、自転車に乗ることは出来なかったのですが。
自転車小屋のシャッターを開けると...

あれま、今度は前輪がパンクかよ!
土曜日のライドの帰りにスローパンクチャ気味だったので、もしかしたらと思ってはいたけど、またかよ Dirtwizard (笑)。

チューブドで運用し出した途端に、乗る度にパンクするなんて Dirtwizard の名が廃るゼ!

DSCF4327.jpg

いやね、リム打ちでスネークバイトとかなら修理も簡単だけど、植物のトゲが原因のスローパンクチャだと結構面倒。

何せ原因の穴が小さいから見つけ辛いし、タイヤ側に飛び出ているであろうトゲを探さないといけない訳で。
チューブを取り出す際には、タイヤにもバルブの位置をマーキングして於いて、特定し易くして於かないと。

原因は、このトゲでした。
茨(イバラ)のトゲか、栗のイガか...

タイヤのトレッド面を見ると、他にも沢山刺さっていました(笑)。
Surly 本国の砂漠地帯を走っているライダーは、サボテンのトゲとか大丈夫なのかな!?

DSCF4334.jpg


先日ポストした11速のXTのフリーボディーが長い件、ポストした手前事の顛末など...

DSCF4249_2017052121165283c.jpg

事の発端は、上記ハブに10速用の SRAM PG-1050 + FORMOSA ワイドレンジコグ を取り付けたところ、フリーボディーが微妙に長いようで固定できなかったこと。

DSCF4251.jpg

なのでカセットスプロケットの下にロースペーサーを入れることにしたのですが、結局 t=0.3mm のスペーサーで解決しました。

手持ちのスペーサーは 0.5mm までだったので、急きょ WHEELS MANUFACTURING のスペーサーを手配しました。

DSCF4302.jpg

0.3mmのロースペーサー(シム)が、10枚入っています。

フリーボディー用だけでなく、BSAネジのBBのスペーサーにも使えるので、コアな方は持っていても損はないかも?

DSCF4306.jpg

結局0.3mmのシムで解決したと言うことは、メーカー間の僅かな寸法の差だったのかな?

良く分かりませんが、同じ組み合わせをされる方は、ご注意あれ。

フォローアップ

カスタム&メンテナンス
05 /09 2017
誰が見ているかなんて全く分かりませんが、一応インプレの真似事を書いた物については、出来るだけフォローアップしています。

後で誤記してしまったことに気付いたり、使い続けて気付いたことなど。

まあ自己満足だし、基本的にネットの情報は参考程度で、自分の目で見て手を汚した方が確実ですね、悪しからず。


さてさて、以前こんな記事を書きました。
チェーンリング9速と10速の組み合わせと、MEGA EXOとホローテックⅡ

この中で FSA の MEGA EXO 規格のBBと、シマノのホローテックⅡクランクの組み合わせについて書いているのですが、最近気付いたことがあったので追記します。

R0013850_20170509201353466.jpg

この記事を書いた時には、MEGA EXO BB と シマノ SLX クランク(M665)の組み合わせで、特に問題はありませんでした。

しかし最近、同 BB と シマノ Deore クランクを組み合わせた所、既定のトルクで取り付けてもガタが出ることに気付きました。

DSCF4239.jpg

具体的にはクランクを踏む度に、BBとクランクの隙間が変化するのです。
※画像は、シマノのBBです。

最初はクランクの組み付けミスだと思いましたが、何度組み直しても治りませんでした。

DSCF4241.jpg

そして、ようやくガタの原因が分かりました。

MEGA EXO BB には、画像のように鍔(つば)があるのです。
シマノBBは、この部分はフラットですね。

SLX クランク取り付けの際には、この鍔がクランクの逃げに上手く嵌っていたようなんです。
しかし Deore クランクの逃げは小さくOリングも入るため、BBに点接触しかしていなかったんですね。

と言うことで、同じ24mmスピンドルなので互換性はありそうなのですが、使用するクランクによっては上手く締結できませんよ、と言う話でした。

DSCF4246.jpg


長かったけど、ようやく5月20日公開ですね。
映像化不可能とか言われつつ、DVD版のアニメは2作品存在するんですよね(両方とも持っている)。

Cibo好きとしては、待ちに待った作品です♪



これも「シドニアの騎士」が既存のコアなファンだけでなく幅広く支持されたからこその、BLAME! 劇場版でしょう。

収益が良好なら、シドニア劇場版の次作も期待出来るかもね!?

スポーク ポッキンキン

カスタム&メンテナンス
04 /18 2017
前回の記事で紹介した BIG ROLLER 24x2.8" 、見事に在庫切れになってしまいましたね!
スペシャさんには、感謝して戴きたいものですわ(笑)。

冗談はさて置き、コアな24インチ乗りがいらっしゃるようですね♪

157766_2017041820595331d.jpg


SunRingle CHARGER PRO 、またもスポークがポッキンキンしました(涙)。

以前折れた時にはスポークもニップルも行方不明だったので、アルミニップルが悪いのかと思い、リアホイールだけブラスニップルに換えたんです。

でも良く見ると、スポークのネジを切った首の部分から折れていました。
スポークは WHEELSMITH 製だし、問題はないと思うんんだけど。

ハードテールのリア用だと、24Hだとキツイのかな?

DSCN3431.jpg

替えのスポークも未だ在るし、26インチ・ミッドファット専用のホイールも組んで貰ったので丁度良いタイミングだったかな?

勿論、安定の32Hデス!!

DSCN3434.jpg