TOPEAK ロードマスターブラスター

ギア
07 /02 2017
TOPEAK Roard MasterBlaster を買いました。

僕はMTB用は小型インフレーター、ロード用はCO2ボンベを使って来ましたが、グラベルロード遊びをする中でハイプレッシャー且つエアー容量の大きいタイヤを使うということもあり購入しました。

DSCF4631.jpg

理由は小型のインフレーターだと大変ですし、CO2ボンベは容量に限りがある上に、僕は経験したことが無いのですが2000mを超える高所だと使い物にならないという話も聞きました。

実は林道 牧丘線が6月に開通したら、塩山まで輪行して大弛峠を越えて、更に三国峠から中津川林道で帰って来るツーリングを計画していたのです。

大弛峠の長野県側のダートも魅力ですし、中津川林道は走り慣れているとは言え、何時も県堺でUターンでしたから。

しかし現実は中津川林道の災害復旧は未だ見込めないですし、何より仕事がクソ忙しくて予定もクソもありません(涙)。

DSCF4601.jpg

金口は仏米兼用タイプで、ダストキャップが付いています。
ポンプヘッドにはポンプ・ペグが嵌る、凹みが付いています。

peg.jpg

僕の自転車にはポンプ・ペグが付いているので、しっかりと固定が出来ます。
ポンプ・ペグが付いていないフレームでも、ポンプが突っ張る力が強いので大丈夫でしょう。

DSCF2896_20170702191512146.jpg

このポンプはハイプレッシャーにも対応していて、最大160psiまで充填可能です。

ハイプレッシャーで使用する際には、hpの位置にすると楽にポンピングが可能になります。

DSCF4633.jpg

ハンドル側は、フレームのパイプに合うようにR形状になってします。
前記した通り突っ張る力が強いので脱落する心配は少ないですが、付属のベルクロを付ければ安心でしょう。

DSCF4612.jpg

このフレームポンプを購入するうえで、一つ注意点があります。

このポンプはS,M,L,XLの4サイズが在るのですが、サイズと使用範囲という2つのサイズ表記が併記されています。

使用範囲と言うのは、実際にポンプが挟まる部分の寸法のことです。
具体的には、ヘッドチューブとシートチューブの内内間の寸法のことですね。

そう使用範囲の寸法は、ヘッドチューブ長ではありませんので注意が必要ですね。

ppm07100_02.jpg
(via: topeak.jp)

実は今の所活躍の機会は無いのですが(笑)、小型のインフレーターと比較すると相当楽にポンピング出来るみたいです。

気になる点としては、担ぎ辛いことでしょうか。
担ぎが確実にあるルートでは、外して行くことになると思います。

DSCF4607.jpg

梅雨時は梅雨時で、林道を走りたいのにな~。
ちゃんと休みたいよな~。

スポンサーサイト

シマノ スポーツカメラ CM-2000

ギア
07 /02 2017
今日も出勤になりそうでしたが、昨日残業してなんとか...
クソ疲れました(涙)。

折角なのでMTBでトレイルライドを楽しみたかったけど、明け方まで雨が降っていたので流石に自重。

ならばモンスタークロスで林道をと思うも、予想外のパンク。
チューブが見事に裂けていました。

完成車に付いてたチューブは一番見えない部品ですから、こういうこともあるよね。

これに加えて蒸し暑さに耐えかねて、今日は走りませんでした。
あ~、思い切り気持ち良く走りたいな~。

DSCF4637.jpg


Stanton のフルサス、クソかっこいいっすな!

IMG_3551-500x500.jpg
(via: singletrackworld.com)


シマノから、新しいアクションカム2機種が発売になりましたね!!

SHIMNO SPORT CAMERA CM-2000
img_product_01.jpg

SHIMANO SPORT CAMERA CM-1100
img_product_02.jpg
(via: shimano-sportcamera.com)

CM-2000 は新機種、CM-1100 は CM-1000 のマイナーチェンジモデルと言う位置づけでしょうか。

img_performance_01_pc.jpg

細かいスペックはシマノの専用サイトを見て戴くとして、CM-1000 を愛用している僕の不満点は改善されているようで、多くのユーザーも同様の不満点を抱えていたという事なのでしょう。

第一の不満点は、標準レンズプロテクターが「レンズむき出し」の状態で、非常に傷が付き易かったこと。

あくまでも光学部品ですから、小さな擦り傷でも画質への影響は大きかったのです。

DSC_0157_20170702171108271.jpg

それが今回 CM-2000 は勿論、CM-1100 でもフード付きのプロテクターになっていることからも、ユーザーが望む声は少なくなかったのでしょう。

因みにプロテクター類はバヨネットマウントで脱着するので、旧モデルである CM-1000 に CM-1100 のプロテクターが取り付けられる可能性もありそうなので、機会があれば検証してみたいですね。

CM-1100 から標準になった、標準レンズプロテクター CM-SM08 。
img_accessory_21.jpg

もう1点は画角なのですが、CM-1000 で選択可能な画角は135°と180°でした。
今回発売となった CM-2000 では、画角90°、120°、130°が選択可能です。

僕が実際に使用して思ったのはMTBライドで「追い撮り」する際に、常設コース等で先のコース状況が把握出来る状況であれば135°でも良いのですが、トレイル等で安全マージン(車間距離)を確保しつつ追い撮りすると画角が広すぎる感じがしていたのです。

もしかしたら同様に感じていたユーザーも、いらっしゃったのかも知れないですね。

↓ これでも実際には、2~3m程の距離しかありません。

1_20170702172606277.jpg

その他気付いた点としては、CM-1000 系では内蔵式だったバッテリーが、CM-2000 では着脱可能になったこと。

バッテリー容量は CM-1000 系の内蔵タイプの方が大きいのですが、予備バッテリーを準備すれば何方が有利なのかは明白でしょう。

img_accessory_36.jpg

CM-2000 では新たに LCDパネルが装備されたりしているのですが、気になるのは重量。

頭頂部にヘッドカムとして取り付ける機会の多いものですから、カメラの重量はとても重要です。
トレイルライド程度で掛るイナーシャも、長時間では馬鹿になりません。

CM-1000 の86gに対し、CM-2000 が103g、CM-1100 が89g。
CM-1100 の3g増は、単純にフードの重さでしょうか。

DSC_0159_20170702174718e7e.jpg

暫く音沙汰の無かった?シマノのアクションカムだったので、店長と「このままフェードアウトしたら嫌だよね」なんて話をしていたのですが、まだまだヤル気なようで安心です(笑)。




オリンパス TG-5 海外で発表

ギア
05 /30 2017
オリンパス「Tough TG-5」が、海外で発表されました。

詳しくはコチラ → オリンパス、防水・耐衝撃カメラ「Tough TG-5」を海外発表

05_s.jpg

07_s.jpg

09_s.jpg
(via: dc.watch.impress.co.jp)

ずっと TG-4 を購入しようか迷い続けていたのですが、今回は買いですかね。

特に当モデルから、レンズの結露対策がされているのが非常に魅力的です。
窒素ガスを封入しているのかな。

基本性能がしっかりしているのは勿論ですが、やはりアウトドアで使う際の信頼性の高さは魅力的ですね。

あとはオリンパスのお家芸である、マクロ撮影に強いこと!

夏のボーナスの使い道は、コイツで決まりかな!?

モンベル ライトシェル サイクルジャケット

ギア
03 /21 2017
「今年も冬だって乗りまくるぞ!!」と決意して、サイクルジャケットを買いました。

結果的には色々と立て込んでしまい、意気込んでいた程は乗れませんでしたが(涙)。

モンベルのライトシェル サイクルジャケットです。
丁度型落ちになるタイミングで、アウトレット価格で買うことが出来ました♪

ジャケット前面はポルカテックスと言う撥水性の高い加工がされていて、高い防風性と合わせ真冬の嬬恋村でも快適にライド出来ました。

DSCN3292.jpg

背面は通気性の良いストレッチ素材で出来てて、蒸れにくいです。

真冬のビーナスラインのヒルクライムでは外気温-10℃の中で汗をかきましたが、ジャケット内部が結露することもなく快適でしたね。

DSCN3293.jpg

またサイクルジャケットだけあり、背面ポケットがあるのが嬉しいです♪

DSCN3294.jpg

すそのズリ上がり防止のテープも採用されています。

ジャケットとジャージの違いはありますが、パールイズミのズリ上がり防止テープよりも効果があるような気がしました。

DSCN3297.jpg

薄手のジャケット特有の肌寒さ?のようなものが無く、着心地が暖かいんです。
その秘密は、ジャケット裏側のクリマプラス メッシュと言う素材のようです。

DSCN3299.jpg

袖口にはサムループが付き、グローブと袖口の間に隙間が出来ることを防げます。

DSCN3301.jpg

あと、ちょっとしたことなのですが、ジッパーを締めた時にあごに当たらないよう工夫されています。

個人的に「顎のチクチク」が気になるタイプなので、良く気が利くなあ~と感心しました♪

DSCN3295.jpg

これは良い買い物になりました!!
3シーズン、フルに活躍してくれそうです♪

R0017609.jpg


復活した新生 Judy は、Boost は勿論 E-MTB まで視野に入っているようですね!
RockShox Revive the Judy

p5pb14528557.jpg
(via: pinkbike.com)

カインドショック LEV272 今度は大丈夫?

ギア
02 /03 2017
購入してからまともに動作しないので、トレイルバイクでは使用していなかった Kindshock LEV272 。

簡単に言えば「サドルが下がらない」、不具合の内容と経緯の詳細はコチラをご覧下さい。
カインドショック LEV 272

いよいよ買い換えようと思ったものの、決して安い買い物ではありません、最低限僕の金銭感覚ではね。

そこでダメモトで、2回目の修理を依頼しました。

DSCN1772.jpg

んで先日修理から戻って参りまして、まだ使い込んでいないので断言は出来ないのですが、今度は大丈夫そうかな?

今回の修理内容は、内部ワイヤーを交換して戴きました。
因みにカートリッジには問題はないとのこと。

画像の白いナイロン製のロープが、内部ワイヤー。
前回の修理では内部ワイヤーのテンション調整をして戴きましたが、不具合は改善されませんでした。

DSCN3185.jpg

内部ワイヤーと言うと「?」って方も居るかと思いますが、LEVシリーズはリモートレバーからドロッパーポスト本体までの外部ワイヤーと、そこからカートリッジのピストンロッドを押す内部ワイヤーがあるんですね。

↑ 理解出来ました?
言葉で説明するのが難しい位い、内部の構造は複雑なのです。

良いビデオがあるので、興味がある方はどうぞ。
マジで、ボトムキャップを外してからの複雑な構造に驚くと思いますよ(笑)。



今回の修理で、前回までとは比べ物にならないくらい動きが良くなって戻って来たので期待しています。
未だ、あくまでも希望的観測ですが...

思うに構造が複雑過ぎて、カートリッジのピストンロッドを押し切れていなかったんだと思うんだよな。
部品の交差やガタ等が悪い方向に転んで...