トレイルの小さな隣人たち

フィールドノート
04 /28 2016
僕の大好きな花、筆竜胆(フデリンドウ)が咲いていました♪

DSCF1875.jpg

曇りや雨の日は閉じ、晴れた日にしか花弁を開かないんですよ。
まだ、眠たげな感じ(笑)。

DSCF1877.jpg

稚児百合(チゴユリ)も咲いています♪
みんな花弁を下に首をもたげたように咲いているので、「お疲れ様」って感じです。

DSCF1886.jpg

フデリンドウもチゴユリも小さな花なので、気付かずに通り過ぎる方も多いでしょう。

折角自然に身を置いているのですから、たまには物言わぬ小さな隣人の姿を見つけてみては如何ですか?

DSCF1918.jpg

ゴールデンウイークに、コチラのトレイルに訪れる方もいらっしゃるかと思います。
陽気も良いだけに、メジャーなルートは勿論、マイナーなルートでも必ずハイカーさんが居ると思って行動をお願い致します。

この時期は平日にも山に大勢の人が入っているので、正直なところ登山道には入らない方が無難だと思いますが。

スポンサーサイト

星蜂雀 (ホシホウジャク) の吸蜜

フィールドノート
10 /14 2015
現在里山では、ホシホウジャクが忙しく飛び回っています。
ホシホウジャクは蛾の仲間なのですが、ホバリングしながら蜜を吸う姿はハチドリのよう♪

DSCN1921 - コピー

写真を撮っていると僕にも近づいて来て、「ブーン」という羽音や風圧を感じることが出来ます。
小さなお目目がパッチリなので、なんだか昆虫っぽくなくて好きなんですよね。

DSCN1927 - コピー

海外のライダーによると、Hummingbird moth (ハチドリの蛾)と言っていました。
思うことは、やっぱり同じなんですね♪

↓ 一脚の先端に、シマノ アクションカム CM-1000 を取り付けて、撮影してみました。



朝晩は大分冷え込んで、いよいよトレイルシーズン♪

雨の休日の過ごし方

フィールドノート
04 /05 2015
折角の週末、天気予報通り雨が降ったり止んだりな一日でしたね。

今日MTBに乗れないことは分かっていたので、昨日仕事の後にロードでナイトライドしようかと思ったんだけど、
真っ暗な田舎道でロードの巡航速度で走るのは気が引けて、走らなかったんだよなあ(涙)。


ウダウダしていても仕方ない、こんな時は山歩きも良い物です♪

山吹(ヤマブキ)が咲き始めました。
後を追うように、山吹草(ヤマブキソウ)、二輪草(ニリンソウ)が咲き始めます。

R0017411.jpg

ピンクの小さな花が可愛い、鶯神楽(ウグイスカグラ)。

初夏~夏に掛けて、赤いグミのような実を付けます。
甘く食用にもなる位なので、ヒヨドリ達の大好物なのです。

R0017415.jpg

何時も、やる気がなさそうにグッタリしている、甘菜(アマナ)。
何時もと言っても花を咲かせている期間は1週間位で、春の妖精の仲間です。

天気が良ければ、もう少し花弁も開いて、ユリ科の植物らしい凛とした姿になるのですが(笑)。
でも、この脱力系で気張らない姿が僕は好きです。

R0017420.jpg

午後になって雨が上がって、夕方には道路が乾いてきたので気晴らしに。
桜も、散り始めてしまいましたね。

暑すぎず寒すぎずトレイルライドに適した時期なのですが、天気ばかりはどうにもなりません。
こんな時は歩きで山を散歩するのも、上手に山をシェアして行きたい人間として、貴重な時間となるのではないでしょうか?

MTBに乗るだけが、トレイルライドではないと思うのです。

DSC_0201_20150405214942bff.jpg


Pinarello が リアサスペンション付きの Dogma を発表して話題になっていますが、
「経年変化があるエラストマー止めて~!!」なんて意見に、「ホント、そうだよなあ~」なんて思ったのですが...

俺のも、ZERTZダンパー付いているんだった(汗)。

DSC_0204_201504052345201ae.jpg


ZERTZダンパーの、実験映像的な...






春よ来い♪

フィールドノート
03 /08 2015
一雨ごとに、春が近づいて来ているような気がします。

R0017374.jpg

ようやく、梅の花が咲き始めました。

R0017361.jpg

春の妖精と呼ばれる草花達の先陣を切って、仙洞草(セントウソウ)が咲き始めました♪
追うようにして、スミレの仲間達が咲き始めます。

R0017369.jpg

山の雪も溶けて、楽しい季節がやって来ますね。

トレイルのことを「コース」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、トレイルはトレイル「道」です。
オープントレイルを楽しむのはMTBerだけではありませんので、上手にシェアして行きたいものです。

R0017365.jpg


まったく自転車乗りって奴は、雨の休日程つまらない物はありませんね(笑)。

一向に進まなかったフルサスバイクの、メンテナンスが少し進みました。
年に一度くらいは、全バラシしてあげたいものです。

R0017379.jpg

4年乗っているので、ピボット・ボルトにカジリも見られますが、2000番のペーパーで磨いて使いましょう。

R0017382.jpg


ちと古い動画ですが、PinkBike未UPだったので。




シモバシラ

フィールドノート
12 /09 2014
霜柱(シモバシラ)というと、一般的に思いだすのはコレですよね↓

DSCN1211.jpg

しかし、霜柱(シモバシラ)と呼ばれる植物があることは、御存じですか?
トレイル脇で見つけました、そのシモバシラ。

これは、シモバシラによって出来た氷柱。
まるで、リボンのように薄かったですよ。

DSCN1202.jpg

シモバシラは冬になると枯れてしまいますが、根はその後も活動を続けるため、枯れた茎に水が吸い上げられ続けます。
そして気温が氷点下になると、茎の道管内の水が凍って、茎から氷柱ができるのです。

こっちは、飴細工みたいな形ですね。
なんたる神秘!!

DSCN1208.jpg

そう、氷柱の中心にあるのが枯れてしまったシモバシラの茎です。
先日の雪が、少し残っていました。

DSCN1203.jpg

トレイルを、MTBのコースのように考えていたとしたら、ちょっと勿体ないかもしれません。
目を三角にして走っていると気付かない物、沢山あるかもしれませんよ...

DSCN1201.jpg